formrun(フォームラン)の機能と使い方を徹底解説|Googleフォームとの違いも紹介

フォーム作成ツール

フォーム作成ツールは様々なものが提供されていますが、その多さゆえに「どのツールを選べば良いか分からない…」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

本記事では、主にformrunの機能や使い方、評判の紹介をしています。後半では、formrunとGoogleフォーム、2つのフォーム作成ツールの違いについて解説しています。
いずれも無料で使うことができるので、本記事を参考に実際に使用感を試していただき、自分にあったフォーム作成ツールを選んでください。

フォーム作成ツールとは?

フォームとは、ユーザーがWebサイト上で商品の注文を行ったりアンケートに回答したりする際に利用する入力部分を指します。
通常フォームの作成にあたってはHTMLやCSSなどのコーディングスキルを必要としますが、それらの知識・スキルがなくても簡単に作成できるのがフォーム作成ツールです。

一般的なフォームの用途には次のようなものが挙げられます。

  • 商品の注文や資料の請求
  • 製品やサービスに関する問い合わせ
  • 会員登録
  • イベントなどへの参加申込み
  • アンケート

エンジニアやデザイナーの工数を割かずにこうしたフォームを用意できるのがフォーム作成ツールの魅力です。

基本的な機能

フォーム作成ツールでは、フォームの基本構造を作るための編集画面があり、そこへフォームに必要な項目(名前・住所・メールアドレス・日時など)を追加することでフォーム作成を行います。

多くのフォーム作成ツールには、用途ごとにテンプレートが準備されており、テンプレートに基本項目がすでに設置されている仕様となっています。そこへ必要な項目を適宜追加し、デザインの調整や公開にあたっての設定、設置を行い、公開まで進めます。

上記がフォーム作成の基本的な操作ですが、他にもツールごとにフォームをより効果的に活用するための独自機能が搭載されています。
機能や使用できる容量などツールにより異なるので、機能性やデザイン、容量制限など、何を重視するかをあらかじめ決めておくと、ツールの選定が容易になります。

ツールごとに特色となる機能

  • 決済機能:注文フォームに設置することで、ユーザーが商品を注文するときに金額をすぐ把握でき便利
  • LP(ランディングページ)作成:フォームをLP内に設置することで訴求効果アップが期待できる
  • アクセス解析:フォームの利用状況(フォームの離脱率など)を知ることでフォーム改善に役立つ
  • 問い合わせ管理:フォームへ届いた問い合わせやユーザー情報を管理できる

formrun

formrun

弊社が提供する「formrun」は、ビジュアル豊かなフォームを簡単に作成できるツールです。問い合わせ・イベント申し込み・資料請求など多種の目的に対応しています。
バリデーション機能やセキュリティも充実しているので、ユーザーに安心して利用してもらうためのフォーム作りが可能です。

また、作成したフォームに問い合わせがあれば、問い合わせ対応や顧客のステータス管理まで一元して行うことができるのもformrunならではの強みです。
有料プランではメンバーを追加してチームでの問い合わせ対応ができるので、カスタマーサポートや人材採用業務などに適しています。

Googleフォーム

GoogleフォームはGoogleが提供しているサービスで、お客様アンケート・注文書・イベント出欠確認など15以上のテンプレートを使って誰でも簡単にフォームの作成が可能です。

一からフォームを作る必要がなく、テンプレートを微調整しそのまま公開できるので便利です。1つのフォームを複数の編集者が同時に編集でき、効率的に作業を進められます。
作成したフォームに情報が入力されると、回答内容が自動的に集計・グラフ化されるため、アンケート調査や顧客満足度調査にオススメです。

formrunの機能・特徴

フォーム編集

formrunは、専門知識があってもなくてもデザイン性の高い入力フォームを作成できます。コーディングの知識があればHTMLやCSSを使って、コーティング知識がなくても上記の画像のように豊富なテンプレートと背景デザインを組み合わせてオリジナルのフォームを簡単に作ることが可能です。

「住所入力自動補完機能」など、ユーザーの入力作業を手助けするバリテーション機能を備えており、ユーザーライクなフォーム作りに役立ちます。

ボード画面

問い合わせ対応ができるのもformrunの強みです。問い合わせごとに「未対応/対応中/対応済み」などにステータス設定できるカンバン方式のボード画面では、ボートから直接相手にメールを送ることができます。

また問い合わせが発生した際には、メールによる通知のほか、Slack・Chatworkなどのコミュニケーションツールと連携して通知させることもでき便利です。

formrunの料金・プラン

formrunは、無料と有料であわせて3つのプランがあります。具体的な機能はプランごとに異なるので、併せて下記も参考にしてください。

機能などFREEBIGINNERSTARTERPROFESSIONAL
フォーム作成数1個まで5個まで50個まで無制限
チームメンバー数1人2人5人10人
個別メール送信数月10通まで月250通まで無制限無制限
Googleアナリティクス連携××
フォームの公開期間設定×
入力の途中保存
ページ離脱時の警告××
自動返信メール×
SNSシェア
reCAPTUREの設置
優先的なメールサポート××

セキュリティ

ここでは、formrunのセキュリティ対策を紹介します。セキュリティ対策はすべてのプランに適応されているので、安心して利用することができます。

formrunの口コミ・評判

 

formrunの使い方

ここではformrunの登録方法や、実際にフォームを作成する手順を説明します。

アカウント作成

formrun無料でスタート

まずは、サービスサイト右上の「無料でスタート」をクリックし、ユーザー登録画面に移ります。

ユーザー登録

ユーザー登録画面では、記入欄に従って名前、メールアドレス、パスワードを設定してください。Googleアカウントを持っている場合、そのアカウントで登録を行うことができます。登録したメールアドレスに、本人認証メールが届くので、認証したらアカウント登録完了です。

チームの作成

ユーザー登録が完了したら、チームの作成を行います。

チーム設定

アカウントの本人認証が済むと、上記の画面に移動します。こちらの画面で、チーム名を設定してください。

チームとは、formrunでフォームを作成・運用する人のグループのことで、個人で複数のチームに所属することや、有料いプランでは1つのチームで複数のフォームを作成することもできます。

フォーム作成・編集・設定

チームの登録が完了したら、「フォーム一覧」画面に移ります。

フォーム一覧

「フォーム一覧」画面左側にある「新規フォーム作成」をクリックします。

テンプレートでフォーム作成

「30秒でフォーム作成」と「HTML・CSSをオリジナルで作成」があるので、それぞれ自分の作り方に合ったほうをクリックしてください。ノーコードで簡単にフォームを作りたい場合には、「30秒でフォーム作成」がおすすめです。

30秒でフォーム作成

40種類ものフォームのテンプレートがあり、ドラッグ&ドロップで誰でも簡単にフォームを作成可能

HTML・CSSをオリジナルで作成

コードを入力することで自在にフォームを作成可能

 

フォーム編集

上記の画像が、フォームのテンプレートを使用したフォームの編集画面です。

こちらの画面では、

  • 入力画面
  • 完了画面
  • 非公開画面

の編集ができます。

画面左側にある項目をドラッグ&ドロップで追加し、項目の内容を編集することができます。編集が終わったら、画面右上の「保存」をクリックすることで、フォームの作成が完了します。

フォーム保存後

「保存」をクリックすると、上記のような画面に移ります。こちらの画面では、フォームのURLやQRコードを使ってSNSでのシェアを行ったり、iframeで埋め込みを行うための設定を行うことができます。

iframeで埋め込み

作成したフォームは、iframeを用いて外部ページに埋め込むことができます。

設定→iframe

「フォーム一覧>設定>iframe埋め込みフォーム」をクリックすると、埋め込み用のスクリプト画面に移ります。

iframe設定

ページ内の指示に従い、指定のスクリプトをコピーし、表示させたいサイトに埋め込みを行うことで、表示させたいページにフォームを表示させることができます。

formrunとGoogleフォームの比較

フォーム作成ツールといえば、Googleフォームを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ここまでformrunの紹介をしてきましたが、こちらではformrunとGoogleフォームを比較し、実際にどのような部分がGoogleフォームと違うかを解説していきます。

機能の違い

formrunとGoogleフォームの特徴や具体的な機能を比較します。
同じフォーム作成ツールといっても、機能はそれぞれ異なるので、利用目的に応じて選びましょう。

機能formrunGoogleフォーム
作成できるフォーム数・FREE:1チームあたり1個まで
※チームの作成は無制限
・BEGINNER:5個まで 
・STARTER:50個まで
・PROFESSIONAL:無制限
無制限
テンプレートの種類40種類17種類
HTMLやCSSによる作成×
バリデーション機能
動画 / 画像の挿入
フォームの埋め込み
回答結果による条件分岐
回答集計機能
採点・テスト機能×
メールの送受信×
自動返信メール
ステータス管理×
ダッシュボード機能×
データ解析機能×
データのエクスポート

料金・プランの違い

formrunもGoogleフォームも無料で使い始めることができるので、試しにフォームを作ってから利用しやすいサービスを選ぶことができます。
formrunの有料プランは、Google アナリティクスと連携できたりメールによるサポートを受けられたりするなど、無料プランよりさらに充実した機能やサービスが備わっています。
Googleフォームは、アカウントを作成すれば無料で使うことができます。
予算や利用したい機能を考慮して自分にあったツールを選んでみてください。

formrunGoogleフォーム
FREE 0円
BEGINNER 月額3,880円(税抜)
STARTER 月額12,980円(税抜)
PROFESSIONAL 月額25,800円(税抜)
無料
※Googleアカウントの作成が必要

おすすめの利用用途

最後に「formrunとGoogleフォームはどちらがおすすめ?」とお悩みの方に、それぞれの利用用途を紹介します。
各ツール独自の機能からより快適・便利にツールを使っていくことができます。

formrunはこんな用途におすすめ

作成したフォームに問い合わせがあったとき、問い合わせ対応も併せて行いたい場合にはformrunの利用を検討しましょう。

問い合わせ対応のためのツールや顧客データベースを別途用意する必要がないため、フォーム周りの作業をワンストップで進めることができます。
また、採用管理や製品・サービスに関するカスタマーサポート、イベントの応募者管理などを行いたい場合もformrunがおすすめです。各目的ともフォームのテンプレートが用意されており、フォーム作成から問い合わせ対応までformrun内で完結できます。ステータスごとに進捗を管理できるため、どの問い合わせがどのくらい進んでいるか一目で分かり便利です。

スパム・BOT対策や24時間監視体制などセキュリティ対策も充実しているため、ユーザー情報を安心してやり取りできます。

Googleフォームはこんな用途におすすめ

アンケートや投票、評価テストなどの目的でフォームを作成したい方には、Googleフォームの利用が適しています。

社内アンケートやお客様アンケートのテンプレがあるため、設問を編集するだけで素早くアンケート調査を実施できます。アンケートの回答結果はリアルタイムで自動集計・グラフ化されるので、データ活用も捗ります。
評価テストやワークシートといったテンプレも用意されているので、社内でちょっとしたテストやクイズなどを実施したいときにも利用できます。採点や解答に対するフィードバックなどができる機能もついているため、本格的なテストを作成・実施することも可能です。

まとめ

本記事では、formrunの機能や使い方、評判を中心に解説しました。formrunの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、後半ではformrunとGoogleフォームの違いについて紹介しています。フォーム作成の目的・用途を具体的に定めておくことで、より適したツールを選べるでしょう。
両ツールとも無料で利用できるので、まず試しにフォームを作り使い勝手や機能性をチェックしてから、本格的な導入を検討してみてください。