フォーム作成ツールformrun(フォームラン)って?Googleフォームとの違いを解説

フォーム作成ツール

フォーム作成ツールは様々なものが提供されていますが、その多さゆえに「どのツールを選べば良いか分からない…」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ユーザーからの問い合わせにも対応できるフォーム作成ツール「formrun」(フォームラン)と、Googleアカウントがあれば誰でも簡単にフォーム作成ができる「Googleフォーム」に焦点を当てて、2つのツールの違いを解説しています。

いずれも無料で使うことができるので、本記事を参考に実際に使用感を試していただき、自分にあったフォーム作成ツールを選んでください。

フォーム作成ツールとは?

フォームとは、ユーザーがWebサイト上で商品の注文を行ったりアンケートに回答したりする際に利用する入力部分を指します。
通常フォームの作成にあたってはHTMLやCSSなどのコーディングスキルを必要としますが、それらの知識・スキルがなくても簡単に作成できるのがフォーム作成ツールです。

一般的なフォームの用途には次のようなものが挙げられます。

  • 商品の注文や資料の請求
  • 製品やサービスに関する問い合わせ
  • 会員登録
  • イベントなどへの参加申込み
  • アンケート

エンジニアやデザイナーの工数を割かずにこうしたフォームを用意できるのがフォーム作成ツールの魅力です。

基本的な機能

フォーム作成ツールでは、フォームの基本構造を作るための編集画面があり、そこへフォームに必要な項目(名前・住所・メールアドレス・日時など)を追加することでフォーム作成を行います。

多くのフォーム作成ツールには、用途ごとにテンプレートが準備されており、テンプレートに基本項目がすでに設置されている仕様となっています。そこへ必要な項目を適宜追加し、デザインの調整や公開にあたっての設定、設置を行い、公開まで進めます。

上記がフォーム作成の基本的な操作ですが、他にもツールごとにフォームをより効果的に活用するための独自機能が搭載されています。
機能や使用できる容量などツールにより異なるので、機能性やデザイン、容量制限など、何を重視するかをあらかじめ決めておくと、ツールの選定が容易になります。

ツールごとに特色となる機能

  • 決済機能:注文フォームに設置することで、ユーザーが商品を注文するときに金額をすぐ把握でき便利
  • LP(ランディングページ)作成:フォームをLP内に設置することで訴求効果アップが期待できる
  • アクセス解析:フォームの利用状況(フォームの離脱率など)を知ることでフォーム改善に役立つ
  • 問い合わせ管理:フォームへ届いた問い合わせやユーザー情報を管理できる

formrun

https://form.run/ja

弊社が提供する「formrun」は、ビジュアル豊かなフォームを簡単に作成できるツールです。問い合わせ・イベント申し込み・資料請求など多種の目的に対応しています。

バリデーション機能やセキュリティも充実しているので、ユーザーに安心して利用してもらうためのフォーム作りが可能です。

また、作成したフォームに問い合わせがあれば、問い合わせ対応や顧客のステータス管理まで一元して行うことができるのもformrunならではの強みです。

有料プランではメンバーを追加してチームでの問い合わせ対応ができるので、カスタマーサポートや人材採用業務などに適しています。

Googleフォーム

https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

GoogleフォームはGoogleが提供しているサービスで、お客様アンケート・注文書・イベント出欠確認など15以上のテンプレートを使って誰でも簡単にフォームの作成が可能です。

一からフォームを作る必要がなく、テンプレートを微調整しそのまま公開できるので便利です。1つのフォームを複数の編集者が同時に編集でき、効率的に作業を進められます。

作成したフォームに情報が入力されると、回答内容が自動的に集計・グラフ化されるため、アンケート調査や顧客満足度調査にオススメです。

formrunとGoogleフォームの機能・特徴

formrunとGoogleフォームの特徴や具体的な機能を説明します。
同じフォーム作成ツールといっても、機能はそれぞれ異なるので、利用目的に応じて選びましょう。

機能 formrun Googleフォーム
作成できるフォーム数 ・FREE:1チームあたり1個まで
※チームの作成は無制限
・BEGINNER:5個まで 
・STARTER:50個まで
・PROFESSIONAL:無制限
無制限
テンプレートの種類 24種類 17種類
HTMLやCSSによる作成 ×
バリデーション機能
動画 / 画像の挿入
フォームの埋め込み
回答結果による条件分岐 ×
回答集計機能 ×
採点・テスト機能 ×
メール送受信 ×
自動返信メール機能 ×
ステータス管理 ×
EFO機能 × ×
ダッシュボード機能 ×
データ解析機能など Google アナリティクス 連携
※有料プランのみ
×
データのエクスポート

formrun

formrunは、専門知識があってもなくてもデザイン性の高い入力フォームを作成できます。コーディングの知識があればHTMLやCSSを使って、コーティング知識がなくても豊富なテンプレートと背景デザインを組み合わせてオリジナルのフォームを簡単に作ることが可能です。

「住所入力自動補完機能」など、ユーザーの入力作業を手助けするバリテーション機能を備えており、ユーザーライクなフォーム作りに役立ちます。

問い合わせ対応ができるのもformrunの強みです。カンバン方式のボード画面で問い合わせの進捗を確認できたり、ボートから直接相手とやり取りできます。
また問い合わせが発生した際には、メールによる通知のほか、Slack・Chatworkなどのコミュニケーションツールと連携して通知させることもでき便利です。

formrunは、24時間365日体制でサーバーを監視したり、「reCAPTCHA」の設置ができたりとセキュリティ対策も充実。情報セキュリティマネジメントについての国際規格「ISO 27001 (ISMS)」の認証を取得しているため、ユーザーも運営側も安心して利用できます。

formrunは、無料と有料であわせて3つのプランがあります。具体的な機能はプランごとに異なるので、併せて下記も参考にしてください。

機能など FREE BEGINNER STARTER PROFESSIONAL
フォーム
作成数
1個まで  5個まで 50個まで 無制限
チームメンバー 1人 2人 5人 10人
個別メール送信 月50通
まで
月250通
まで
無制限 無制限
Google アナリティクス 連携 × ×  
公開期間の設定 ×

入力の途中保存
ページ離脱時の警告 ×  ×
自動返信メール
SNSシェア
reCAPTUREの設置
メールによるサポート ×  ×

Googleフォーム

Googleフォームは、Googleアカウントを所有していれば誰でも無料で利用できる入力フォーム作成ツールです。

テンプレートは17種類あり、「イベント出欠確認」「スケジュール確認」「評価テスト」など、仕事で使いやすい用途が多く社内アンケートなどで活用できます。評価テストのテンプレートでは、点数計算や解答に対するフィードバック機能などの便利な機能が付いています。

Googleフォームはパソコンだけでなく、携帯端末でも編集しやすい仕様になっています。外出先でも手軽にフォームの作成・編集ができます。
また、複数の編集者による同時編集が可能です。効率的にフォームを作成できるのがGoogleフォームの強みです。

フォームの回答結果はリアルタイムで集計され、さらにすべてのデータをスプレッド化できます。素早いデータ活用ができるので、ビジネスの現場で役立ちます。

メリット・できること デメリット・できないこと

・パソコンでもスマートフォンでも編集できる
・複数ユーザーが同時に編集できる
・フォームに入力された回答は自動で集計、グラフ化される
・回答データをスプレッド化できる
・SNSに投稿できる
・回答者がフォーム内にファイルをアップロードできる
・回答漏れを知らせる設定ができる
・条件分岐(※)が設定できる

・デザイン変更はヘッダー部分しかできない
・住所補完機能がない
・リアルタイムでのバリデーション設定はできない
・アクセス解析ができない
・reCAPTUREなどのスパム対策機能がない
・問い合わせ対応までカバーしていない

(※)条件分岐は、たとえばアンケートの中で「①を選択した方のみお答えください」というように、回答結果に応じて自動で指定の設問に誘導させることができます。回答者がスムーズにアンケートを進められる便利な機能です。

フォーム作成・設定方法の違い

formrunとGoogleフォームでそれぞれフォームを作成する際の、作成・設置方法の違いを説明します。
いずれも無料で利用できるので、試しにフォームを作成して操作感を確かめてみるのがオススメです。

formrunで作成・設置する場合

formrunで入力フォームを作成する場合、「フォームクリエイター」「HTML・CSS」の2つの作成方法があります。

フォームクリエイターは、編集画面でパーツを移動させたり質問内容を入力したりすることでフォームを作成できます。HTMLやCSSの専門知識がなくても手軽にフォームを完成させられるのが魅力です。

「メールアドレス」「住所」「職業」など、15種類近くの入力項目があり自由に追加できます。日付入力や評価ボタンなどのカスタム機能も充実しています。

レイアウトはヘッダーやサイドなど4種類あります。画像も豊富に用意されており、好きな画像のアップロードも可能。多彩なビジュアルのフォームを生み出すことができます。

フォームの設置は、

  • SNSでURLを共有する
  • フォーム用のQRコードを表示させる
  • iframe埋め込みで指定のサイトに埋め込む

の方法があるので、目的に応じて設置方法を選びましょう。また、有料プランではフォームの公開期間の設定や、資料ダウンロードボタンの設置もできます。

Googleフォームで作成・設置する場合

Googleフォームでは、1つの編集画面の中でフォーム編集から公開設定までまとめて行うことができます。

質問項目のパーツは、テンプレートにあらかじめ設定されているパーツのみとなりますが、自分で自由に質問内容を作成・追加できます。

回答結果によって指定の質問へユーザーを誘導できる条件分岐や、テストフォームでは解答結果を解答者側に表示させることができるなど、Googleフォーム独自の機能を使ってフォーム作成が可能です。

自動返信メールを設定するには、フォームと連動しているスプレッドシートからコードを使って編集する必要があります。スプレッドシート内の「スクリプトエディタ」の項目を選び、表示されたスペースに指定のコードを貼り付けて設定作業を行います。コードのテンプレを紹介しているWebサイトもあるので、そちらを参考に自動返信メールを設定してみてください。

作成したフォームの設置方法は、

  • メールで送る
  • リンクを作成する
  • HTMLで埋め込む
  • SNSに投稿する

の4つがあります。メールで送る場合は、画面からそのまま送信先や件名などを入力し送信まで完了できるので便利です。

料金・プランの違い

formrunもGoogleフォームも無料で使い始めることができるので、試しにフォームを作ってから利用しやすいサービスを選ぶことができます。

formrunの有料プランは、Google アナリティクスと連携できたりメールによるサポートを受けられたりするなど、無料プランよりさらに充実した機能やサービスが備わっています。
Googleフォームは、アカウントを作成すれば無料で使うことができます。

予算や利用したい機能を考慮して自分にあったツールを選んでみてください。

formrun Googleフォーム
FREE 0円
BEGINNER 月額5,980円(税抜)
STARTER 月額12,980円(税抜)
PROFESSIONAL 月額25,800円(税抜)
無料
※Googleアカウントの作成が必要

おすすめの利用用途

最後に「formrunとGoogleフォームはどちらがおすすめ?」とお悩みの方に、それぞれの利用用途を紹介します。
各ツール独自の機能からより快適・便利にツールを使っていくことができますよ。

formrunはこんな用途におすすめ

作成したフォームに問い合わせがあったとき、問い合わせ対応も併せて行いたい場合にはformrunの利用を検討しましょう。
問い合わせ対応のためのツールや顧客データベースを別途用意する必要がないため、フォーム周りの作業をワンストップで進めることができます。

また、採用管理や製品・サービスに関するカスタマーサポート、イベントの応募者管理などを行いたい場合もformrunがおすすめです。各目的ともフォームのテンプレが用意されており、フォーム作成から問い合わせ対応までformrun内で完結できます。ステータスごとに進捗を管理できるため、どの問い合わせがどのくらい進んでいるか一目で分かり便利です。

スパム・BOT対策や24時間監視体制などセキュリティ対策も充実しているため、ユーザー情報を安心してやり取りできます。

Googleフォームはこんな用途におすすめ

アンケートや投票、評価テストなどの目的でフォームを作成したい方には、Googleフォームの利用が適しています。

社内アンケートやお客様アンケートのテンプレがあるため、設問を編集するだけで素早くアンケート調査を実施できます。アンケートの回答結果はリアルタイムで自動集計・グラフ化されるので、データ活用も捗ります。

評価テストやワークシートといったテンプレも用意されているので、社内でちょっとしたテストやクイズなどを実施したいときにも利用できます。採点や解答に対するフィードバックなどができる機能もついているため、本格的なテストを作成・実施することも可能です。

まとめ:両者の違いを理解して適切なツールを選択しよう!

同じフォーム作成ツールでも、formrunとGoogleフォームでは機能やできることが異なります。両者の違いをしっかり理解し、なおかつフォーム作成の目的・用途を具体的に定めておくことで、より適したツールを選べるでしょう。

両ツールとも無料で利用できるので、まず試しにフォームを作り使い勝手や機能性をチェックしてから、本格的な導入を検討してみてください。