おすすめの顧客管理(CRM)システム14選|システムの選び方も解説

カスタマーサクセス

顧客管理は、顧客満足度や顧客ロイヤリティを向上させるために非常に重要です。ですが、顧客管理システムを利用していなかったり、ExcelやGoogleスプレッドシートで顧客管理を行っていたりすると、対応漏れや二重対応が起こり、顧客のロイヤリティを下げてしまう可能性があります。

今回の記事では、顧客管理に課題を感じている企業に対して、顧客管理システムの機能やメリット、システムの選び方について解説します。

おすすめの顧客管理システムも併せて紹介しますので、導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

顧客管理(CRM)システムとは

顧客管理システムとは、顧客に関する膨大なデータを一元管理するツールのことです。顧客管理はCRM(Customer Relationship Management=顧客関係管理)と呼ばれることがあり、顧客管理システムも「CRMシステム」と呼ぶこともあります。

企業名や住所、電話番号、メールアドレス、担当者、ステータスなど、顧客に関するあらゆる情報をシステム上に保存できるだけでなく、営業管理や分析、リード管理などの機能があるのでマーケティングやカスタマーサポートの業務を円滑化できます。

顧客管理システムはマーケティングに特化したものや、ECサイトにおすすめなものがあり、多くの企業や部署で利用されています。

顧客管理の意味やメリット・デメリットについては、以下で詳しく解説しています。

CRM(顧客関係管理)とは?機能やメリット、おすすめツール8選を紹介

顧客管理システムでできること

顧客管理システムでできること

顧客管理システムの導入で得られるメリットは多く存在します。ここでは顧客管理システムでできること、機能を解説します。

1.顧客情報の一元管理

顧客管理システムでは、顧客情報の一元管理ができます。住所、アドレス、電話番号など、顧客に関するあらゆる情報をシステム上に保存できるため、情報の照会やデータの活用をスムーズに行うことができます。

チーム内でのデータの共有がリアルタイムで可能になるので、顧客に関する最新情報をチーム全体で把握することができます。

さらに、顧客の属性や購買データなどをシステム上に集約することで、様々な角度から分析が行え、ターゲットごとに戦略を立てることができます。

担当者ごとに顧客情報を管理していると、チーム内に情報を共有する手間がかかるだけでなく、顧客全体のニーズや動きを掴むのが難しくなってしまいますが、顧客管理システムを利用することでこういった問題を解決できます。

2.顧客ロイヤリティの向上

顧客ロイヤリティとは、会社への信頼や満足度を意味しますが、顧客管理システムによって顧客ロイヤリティを向上させることができます。

顧客管理システムには顧客情報がすべて保存されているので、顧客の問い合わせに対して、顧客の求める対応を行えます。例えば、顧客との過去のやり取りを確認しておくことで、顧客の状況やニーズに合わせた回答や提案を行うことができるのです。

さらに、スタッフの連携も取りやすいので、対応漏れや二重対応を防ぐことができます。

このように、顧客管理システムは顧客ロイヤリティを向上させることにつながります。

3.データ分析の効率化

顧客管理システムを利用することで、データ分析を効率的に行うことができます。顧客のあらゆる情報を管理しているので、属性ごとに絞ってデータを抽出するなど、任意のデータを抽出し、より効率的な分析ができるのです。

また、システム上にデータ分析の機能が備わっているものが多く、ワンクリックでデータ分析作業が完了できます。

さらに、リアルタイムで情報を分析できるものもあり、より正確な分析結果を得られます。

このように、データ分析が効率化できることで、PDCAのサイクルを早く回すことが可能になります。

4.生産性の向上

顧客管理システムを導入することで、生産性を向上することができます。

顧客管理システムでは営業履歴、案件情報、受注実績、受注予定などの情報をまとめているので、より適切なタイミングで効果的な対応ができます。顧客に対して無駄なコミュニケーションを行う必要がありませんし、顧客が必要としている対応がわかるので生産性を高められるのです。

また、情報の入力が簡単に行えるため、作業時間を短縮でき、その分の時間を他の業務に使うことができます。

このように、顧客管理システムによって生産性を高めることができるのです。

5.メール配信

顧客管理システムのなかには、メール配信機能が備わってるものがあります。メール配信機能を用いれば、サービスや商品の最新情報、キャンペーン情報などを多くの人に一斉に送ることができます。

顧客管理システムでは保存されている顧客のデータを分類することで、属性に合わせたメールを配信することができます。

また、メールの開封率やURLのクリック率を分析できるので、メールの効果をより高めることができます。

このように、顧客管理システムを利用することで、より効果の高いメールマーケティングを行うことができるのです。

6.名刺管理

名刺管理は、名刺に記載されている情報をデータ化することができる機能です。チーム内で名刺情報を共有できるだけでなく、取引先の最新情報を把握することができます。

担当者の不在時に顧客に連絡をする必要がある場合、システムの情報を元に対応できます。

また、Excelなどに名刺情報を手入力している企業もありますが、入力ミスが起きるだけでなく、手間と時間がかかります。しかし、顧客管理システムでは、スキャナーやスマートフォンで名刺を読み取り、自動でデータ化できます。

顧客管理システムの選び方

顧客管理システムの選び方

数多く存在する顧客管理システムの中で、自社に合ったツールはどのように選定すればいいのでしょうか。この章では、顧客管理システムを選ぶときのポイントを紹介します。

必要な機能が備わっているか

まず、顧客管理システムに必要な機能が備わっているかを確認しましょう。顧客管理システムによって搭載されている機能は異なります。

顧客対応やカスタマーサポートの部署に導入する場合には、フォーム作成機能やリード管理の機能は必須ですが、名刺管理の機能は必要ないといえます。

顧客管理システムの主な機能としては、以下の機能が挙げられます。

  • 顧客管理機能
  • メール配信管理機能
  • 連携機能
  • 問い合わせ管理機能
  • アンケート
  • SFA機能

これらの機能から最適なものを選びましょう。

スタッフが使いやすいか

顧客管理システムを選ぶときに「自社スタッフが使いやすいかどうか」は重要な判断基準になります。

実際にシステムを使用することになるのはスタッフです。管理画面が複雑なデザインだったり、直感的に操作ができなかったりすると、操作に慣れるまで時間を要するだけでなく、日々の業務の負担が大きくなる可能性があります。

そのため、本格的に顧客管理システムを導入する前に、一度トライアルを行って、使用感や改善点などのヒアリングを行いましょう。

コスト

顧客管理システムの導入費用やランニングコストは必ず計算しておきましょう。それぞれのシステムやプランによって、利用料金は大きく異なるからです。

1ユーザーごとに費用がかかるもの、月額費用のものなど、料金体系が異なります。だからこそ、長期的に利用したときのトータルコストを考えるとともに、導入する部署の規模感に応じて選ぶ必要があります。

予算だけでなくコストパフォーマンスを考えなくてはならないので、どのような成果が得られるかまでシミュレーションして、予算内で最善なプランを選択する必要があります。

セキュリティ

顧客管理システムの情報セキュリティ対策が十分であるかは重要なポイントです。

セキュリティに脆弱性があることで、システム内の不正アクセスや情報漏洩が起きてしまうと、大きな損失が生じる恐れもあります。被害者への補償負担を行う必要があったり、企業への信頼が低下したことによって業績が低迷したりと、情報漏洩の損失は非常に大きなものになります。

顧客データを扱うシステムを導入する際は、セキュリティ体制が整ったシステムを選ぶようにしてください。

顧客管理システムのサーバーの監視体制をチェックするとともに、ISOなどの国際基準の認証を受けているかなどセキュリティに関して確認しなくてはなりません。

他のツールとの連携

顧客管理システムは、すでに自社で使用しているツールとの連携ができるか確認しましょう。

顧客管理システムには、取引のあるお客様のあらゆるデータを集約する必要があります。だからこそ、営業管理ツールやCRMツール、カスタマーサポートツールなど、営業やCSなどで利用されるツールとも連携ができなくてはなりません。

例えば、チャットワークやSlackなどのチャットツールと連携することで、お問い合わせを通知することができますし、SalesforceなどのSFAシステムと自動連携させることで作業工数を省略できます。

営業管理ツールやCRMなどのツールを利用していて、それらの効果をより高めたいという企業は、顧客管理システムが連携できるツールを確認しておくことが大切です。

おすすめの顧客管理(CRM)システム14選

                                                                                                                                                                                        

CRMツールこんな部門におすすめセキュリティ連携ツール費用セキュリティ
formrunマーケティングとりあえず試してみたいSlack、Chatwork、Microsoft Teams、LINE WORKS
プロフェッショナルプラン以上:Googleスプレッドシートの自動出力、Salesforce、Pardot
スタータープラン以上:Googleスプレッドシートの手動出力、Google アナリティクス、Mailchimp
ビギナープラン以上:Shopify
プロフェッショナルプラン:月額25,800円/ユーザー
スタータープラン:月額12,980円/ユーザー
ビギナープラン:月額5,980円/ユーザー
フリープラン:無料
ISO 27001取得
プライバシーマーク取得
Amazon Web Servicesを採用
データアクセスの管理・制限
SSL/TLS採用
24時間365日サーバー監視
ちきゅう営業とりあえず試してみたいSlack、Chatwork、Webフォーム、Googleマップ
スタンダードプラン以上:Gmail、Googleカレンダー、Office365カレンダー、MA、API
プロプラン以上:帳票
エンタープライズ:月額9,800円/1ID
プロプラン:月額4,980円/1ID
スタンダード:月額2,980円/1ID
ライト:月額1,480円/1ID
ネットワークやシステムの脆弱性診断
プライバシーマーク取得
Amazon Web Services採用
データアクセスの管理・制限
ソフトバンク社へのDMP導入
Zendesk Supportマーケティング多くの顧客や営業が関わる会社Zendesk Talk、Zendesk Guide、Zendesk ChatSupport Team:$19/ユーザー
Support Growth:$49/ユーザー
Support Professional:$99/ユーザー
ISO 27001/27018取得
FedRAMP認定
SOC 2 Type IIの最新レポート常備
Business Associate Agreementアドオン可能
HDS認定
Skyhigh Enterprise-Ready™シールを取得
FSQSシステム採用
Cloud Security Allianceのメンバー登録
ネットワークやシステムの脆弱性診断
Amazon Web Servicesを採用
Hub spot CRM多数の部署間連携とりあえず試してみたいGmail、Outlook、Googleカレンダー、Outlookカレンダー、Messenger、会計freee、FORCAS、MiiTel無料データアクセスの管理・制限
TLS採用
マルウェア・スパム対策
ネットワークやシステムの脆弱性診断
  バグ報奨金プログラム
SOC 2 Type I報告書の取得
セキュリティインシデント対応
Freshsales多数の部署間連携多くの顧客や営業が関わる会社Googleカレンダー、Gmail、Outlookメール、Office365カレンダー、HubSpot、Slack
Pro:WhatsApp・Appleビジネスチャット
Growth:$29/ユーザー
Pro:$69/ユーザー
Enterprise:$125/ユーザー
TLSの採用
アクセス・コントロール
IPアドレス接続制限サービス
マルウェア・スパム対策
ネットワークやシステムの脆弱性診断
  Amazon Web Servicesを採用
satoriマーケティングとりあえず試してみたいkintone、Sales Cloud、Sansan初期費用30,0000円、月額148,000円ISO27001取得
eセールスマネージャー営業営業成績を最大化したいGoogleカレンダー、zoom、Slack、MA、box、Dropbox、楽々精算、sansan他スタンダード:月額11,000円/ユーザー
ナレッジシェア:月額6,000円/ユーザー
スケジュールシェア:月額3,000円/ユーザー
ISO27001取得
Amazon Web Services採用
端末認証
二段階認証
Senses営業営業成績を最大化したいGmail、Microsoft365、Googleカレンダー、Outliikカレンダー、ガルーンカレンダー、Slack、LINE WORKS、Chatwork、Microsoft Teams、Sansan、MA、MFクラウド請求書Starter:月額25,000円
Starter:月額100,000円
Starter:月額300,000円
スタンダード:月額11,000円/ユーザー
ナレッジシェア:月額6,000円/ユーザー
スケジュールシェア:月額3,000円/ユーザー
ISO 27001取得
24時間365日サーバー監視体制
外部からの不正アクセスをブロック
SSL採用
カスタマーリングスマーケティングECサイトにおすすめecbeing、futureshop、MakeShop、たまごリピート等他カート機能、LINE公式アカウント、yappli、NEXT ENGINE他要相談(初期費用+設定支援費用+月額料金)記載なし
うちでのこづちマーケティングECサイトにおすすめEC CUBE、shopify、shopserve等他カート機能、Yahoo!ショッピング、楽天市場、ecforce、スマレジ他ベーシックプラン:月額29,800円~SSLの採用
Knowledge Suite営業多くの部署との関わりが必要な部門Knowledge Suite APIにて他システム・アプリと連携グループウエア:月額6,000円
 SFAスタンダード:月額50,000円
SFAプロフェッショナル:月額80,000円
SSOの認証システム採用
IPアドレス接続制限サービス
Fullfreeマーケティングとりあえず試してみたいCTI無料SSL/TLS採用
Amazon Web Services採用
sansan多数の部署間連携多くの部署との関わりが必要な部門salesforce、kintone、Zapier、Gmail、Outlook、Office365、Apple Mail顧客データ件数により異なるユーザー認証HTTPSの暗号化
ネットワークやシステムの脆弱性診断
プライバシーマークの取得
PMSの構築
個人情報保護士資格の取得義務
ApeosPlus Cards R営業とりあえず試してみたい複合機連携ツール要見積IPアドレス接続制限サービス
パスワード有効期限
二段階認証

1.formrun(フォームラン)

formrun TOP

formrunは、問い合わせ対応からリード管理まで、顧客管理に関する業務の一元管理ができるツールです。

プロセスごとに案件を管理できるカンバン画面を採用しており、顧客のステータス管理が視覚的に管理・共有できます。

さらに、広告タグの埋め込みによりリード獲得チャネルを判別できるだけでなく、Salesforce・Pardotとも連携可能なので分析やリード管理を効率的に行えます。

ISO 27001やプライバシーマークを取得しており、24時間のサーバー監視体制も整っているのでセキュリティ面でも安心です。充実した機能とセキュリティ対策が万全な顧客管理システムを探している企業に向いています。

formrun

2.ちきゅう

ちきゅう TOP

ちきゅうは営業管理に特化したツールです。2020年に行われた日本マーケティングリサーチ機構調べでは、業績向上を実現できる営業管理ツールとして1位に選ばれました。

顧客管理の機能も備わっていますが、ちきゅうは営業力の強化を目指している企業に向いています。

月額1480円のプランから利用できるだけでなく、運用開始まで平均1ヶ月〜2ヶ月と、導入に時間を要さない点が評価されているポイントです。

ちきゅう

3.Zendesk(ゼンデスク)

Zendesk TOP

Zendeskは、最高の顧客体験を実現するカスタマーサービスプラットフォームです。

メールやチャットツールのお問い合わせを一元管理できるため、顧客対応のスピードや質を改善できます。

Zendeskは管理画面が40以上の言語に切り替え可能です。そのため、海外支店がある会社などグローバル企業に向いています。

Zendesk

4.Hubspot CRM(ハブスポットCRM)

Hubspot CRM TOP

Hubspot CRMは、マーケティングから営業、顧客管理まで幅広い業務で活用可能な顧客管理システムです。世界120か国以上、113,000社を超える企業の導入実績を誇ります。

まずは無料でスタートできて、ビジネスの成長に合わせて機能を拡張することが可能です。

650種類を超えるサービスと連携が簡単に行えるため、既存のツールと併用したいという企業におすすめです。

Hubspot CRM

5.Freshsales(フレッシュセールス)

Freshsales TOP

Freshsalesは、「フレディAI」と呼ばれるAI技術を搭載した顧客管理システムです。使いやすいインターフェースと低コストである点が特徴にあげられます。

「フレディAI」は、優先度の高い案件が優先表示したり、Webページのチャットボットで顧客と自動会話を行ったり、顧客管理の効率化や自動化が期待できる機能です。

顧客管理の他、人材開発、ITサービス、カスタマーサポートなど、Freshsalesはそれぞれに特化したサービスを展開しています。そのため、多数の部署間連携したいという企業におすすめです。

Freshsales

6.satori(サトリ)

satori TOP

satoriは、1,000社以上が導入しているマーケティングに特化したマーケティングオートメーションツールです。購買意欲が高まった見込み顧客へ自動的にアプローチしたり、リードを一元管理したり、顧客管理に関わる業務の改善が期待できます。

データベースの設計や導入作業を行う必要がなく、即日で運用開始が可能になるため、「とりあえず顧客管理システムを導入してみたい」という企業に人気です。

さらに、実名リードだけでなく、匿名リードのデータも管理できるため、幅広いターゲットに対してのマーケティング戦略が立てられます。

satori

7.eセールスマネージャー

eセールスマネージャー TOP

eセールスマネージャーは、営業の分野に特化しているツールです。導入実績は5,000社を超えているだけでなく、定着率は95%を誇ります。

営業担当者は、無駄のない簡単入力でシステム上でデータの管理が可能。スケジュール、グラフレポート、案件管理、活動履歴など、営業に関わる業務の管理が行えます。

さらに、担当アドバイザーが的確なアドバイスを行い、システムが定着するまで最適なマネジメント方法を提案するなど、万全のフォロー体制です。

サポートを得ながら営業成績を最大化したいという企業におすすめします。

eセールスマネージャー

8.Senses(センシーズ)

Senses TOP

Sensesは、幅広い業界の営業革新をサポートするセールス・マーケティングプラットフォームです。営業案件に関するあらゆる情報をシステム上で一元管理できます。

Sensesでは、案件のリスク分析や類似案件の提示を行ってくれるAI機能の利用が可能です。管理画面にはカード形式で案件が表示されるため、ドラッグ&ドロップで直感的に操作が行えます。

最新技術を利用しながら営業の業績向上を目指している企業におすすめのツールです。

Senses

9.カスタマーリングス

カスタマーリングス TOP

カスタマーリングスは、顧客データをシステム上に集約化することで、分析からセグメント、アクションまで一貫した管理を可能にする顧客実感型マーケティングプラットフォームです。

継続率分析や顧客接客など、良質な顧客体験を実現する機能が充実しているため、EC通販の売上拡大を目指すことができます。

さらに、運用開始前からキックオフミーティングなどを通して、実行したい施策や導入目的を擦り合わせることで、万全のサポートの元、運用のスタートが行えます。

EC通販事業を行っている企業におすすめのシステムです。

カスタマーリングス

10.うちでのこづち

うちでのこづち TOP

うちでのこづちは、EC企業導入者数1位を誇るマーケティングオートメーションツールです。顧客満足度は93%を誇り、導入企業累計は650社以上にも及びます。

EC通販システムと分析機能が自動連携されるので、顧客の購買データに基づいたマーケティングが可能です。

メール施策、LINE公式アカウント連携、DM施策、アウトバウンド施策、SMS、ディスプレイ広告など、顧客管理を行う上で重要な機能が充実しています。

うちでのこづち

11.Knowledge Suite(ナレッジスーツ)

Knowledge Suite TOP

Knowledge Suiteは、名刺管理や営業支援に強みを持ったシステムです。

商談に必要不可欠な名刺を簡単にデジタル化でき、顧客データとして貯蓄していくことができます。システムに保存した情報をSFAツールやグループウェアと結びつけることで、データの一元管理が可能になります。

さらに、グループウェア、SFA、CRM、など他システムと機能が連動するため、多くの部署との関わりが必要な部門に向いています。

Knowledge Suite

12.Fullfree(フルフリー)

Fullfree TOP

Fullfreeは自社オリジナルの顧客管理システムや会員管理システムを無料で作成できる顧客管理システムです。

エクセルファイルをテンプレートにして、帳票やラベルの作成が行えるため、顧客管理にエクセルを長く使用していた企業におすすめします。

基本的に無料でダウンロード可能なクラウドシステムなので、とりあえず顧客管理システムを導入してみたいという企業はチェックしてみてください。

Fullfree

13.sansan(サンサン)

sansan TOP

sansanは、7000社に活用されている名刺管理に特化したシステムです。名刺管理だけでなく、マーケティング、コンプライアンスの強化など、幅広い部門の業務をサポートします。

名刺をシステム上に保存しておくことで、部門を越えて可視化、共有することが可能です。さらに、顧客に関する情報はアップデートされるので、データの整理や統合がスムーズに行えます。

sansan

14.ApeosPlus Cards R(アペオスプラス カーズ アール)

ApeosPlus Cards R TOP
ApeosPlus Cards Rは名刺の管理を含め、顧客訪問履歴などビジネス情報を一元化できるシステムです。

クラウド上で名刺管理を行えるため、外出時のデータ確認や、チーム内でのデータ共有も可能となり、顧客管理の効率化が期待できます。

ユーザーごとに操作できる権限を設定できるだけでなく、会社が管理するパソコンからのアクセスだけに制限することができ、セキュリティ面も安心です。

名刺管理に特化しているシステムを探している企業はチェックしてみてください。

ApeosPlus Cards R

こういった顧客管理システムの導入方法については以下で紹介しています。

顧客管理とは?顧客管理の方法とシステムの導入手順を徹底解説

まとめ:顧客管理システムを導入して生産性を向上させよう

顧客管理システムは、顧客に関する情報を一元化できるツールで、営業効率向上や顧客関係改善ができます。Excelの顧客管理に限界を感じている場合や、対応漏れが発生しがちな企業は顧客管理システムの導入がおすすめです。

顧客管理システムは、ツールごとに搭載している機能や強みが異なります。自社の課題を明確にして、必要な機能を持つシステムを選びましょう。

formrunは専門的な知識を必要とせず、たった30秒でデザイン性の高いフォームを作成できます。顧客情報を管理できるだけでなく、フォームのサンクスページに資料ダウンロードボタンを設置できるなど、マーケティング機能も充実しています。

無料で利用できるので、フォーム作成からリード管理まで一貫したツールをとりあえず利用したい人は、ぜひformrunを導入してみてください。

formrun