【Webアンケート作成ツール】メリットと作成のポイントを解説します!

フォーム作成ツール

Webでアンケートフォームを作りたいとお考えの方の中には、「専門的な知識が必要なフォームの作成は難しそうで手が出せない…」とフォームの作成に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最も手軽に始めやすいのは「紙」を使ったアンケートですが、準備する手間もかかりますし、印刷・紙代のコストだってかかります。また、回収後の集計作業も時間がかかり大変です。

Webアンケート作成ツールを活用することで時間や手間、費用を大幅に削減しながら簡単にフォームを作成することができます。

そこで本記事では、誰でも簡単にWebアンケートを作成できるツールをご紹介します。ツールを利用するメリットや作成する上でのポイントをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webアンケート作成ツールの3つのメリット

Webアンケートの作成ツールを使用するメリットは主に3つあります。

 1.時間と手間の節約

Webでのアンケート作成は紙媒体でのアンケート作成と比べて時間と手間を大きく節約することができます。

紙媒体でアンケートの作成を行う場合、

・アンケートの作成

・印刷

・配布

・回収

・集計

といった多くの工程を必要とします。

一方、難しそうに見えるWebアンケートの作成ですが、今は便利で使いやすいWebアンケート作成ツールが多数存在しており、プログラミングの知識がなくとも、感覚的な操作で自分好みのWebアンケートを簡単に作成することができます。

Webでアンケート作成を行うことで紙媒体のようにアンケート用紙の印刷などは必要なく、用紙の配布や回収もスマートフォンやPCを通してWeb上で簡単に行うことができることから、紙媒体で必要とされていた手間や時間を大きく削減することがWebアンケート作成ツールの大きなメリットとなります。

 2.コスト削減

メリットは時間と手間の節約だけではありません。コストの削減もWebアンケートの大きな利点です。

紙媒体でのアンケート作成は、前述のとおり印刷や配布、集計などにコストがかかる傾向にあります。

また、紙媒体でのアンケートはデザインやレイアウトにも時間が必要なため、作成者の時間を費やす場合があり人件費の側面から見ても大きなコストとなることも考えられます。

Webでアンケートを作成することでこれらの費用を最小限に抑えることが可能です。

無料で使えるWebアンケート作成ツールも多数存在しており、紙媒体でのアンケート作成と比較して大幅なコスト削減を見込むことができます。

 3.データの集計が容易

紙媒体でのアンケートの場合はアンケートを回収した後に手作業で集計を行うことになります。

集計はデータとしてまとめる必要があるため、一枚ずつ回収したアンケートを確認しながらExcelなどに打ち込むことになるでしょう。

一方でWebアンケートであれば、ユーザーが回答すると同時に自動で集計が行われるため、すぐにデータの分析に進むことができます。

Webアンケート作成のポイント

Webアンケートを作成する際のポイントは以下の2点です。

 1.目的とターゲットを明確にする

アンケートを行う目的はイベントやセミナー後の感想を聞くこと、商品に対しての意見を集めることなど多種多様です。

その中でもどのようなデータが、なぜ必要なのかを明確に定める必要があります。

目的が曖昧になってしまうと、せっかくのアンケートが無意味なものになってしまう場合も考えられるからです。

例えば、商品に対しての意見を集めるためのアンケートでセミナーの雰囲気についての感想を聞いても本来の目的から外れてしまいます。

明確な目的を定め、それに沿った質問をすることで効果的なアンケートを行うことができるのです。

目的を明確に定めるためにはターゲットを定め、ペルソナと言われる商品やサービスを利用する顧客の中で最重要人物のモデルを設計することが重要です。

ペルソナを定めることで、ターゲットの消費動向を詳細に把握し、ターゲットの視点に立ったアンケートの作成を行うことができます。

目的とターゲット、ペルソナを定めることで必要な情報を正確に集計し、より効果的なアンケートを実施することができるようになるのです。

 2.ユーザーの負担を最小限にする

シンプルな質問を心がけユーザーの負担を減らすこともWebアンケートを実施する上で重要なポイントです。

一部のユーザーしか理解できない専門用語の使用を極力控えることはもちろん、分かりにくい表現を使用しないことはアンケートのデータを正確に集める上でとても重要になります。

また、質問文をなるべく短くすることもユーザーの回答に負担をかけないために必要となります。

質問文が長くなってしまうと、ユーザーが読んでいるうちに理解できなくなってしまい正確な回答を得ることができなくなってしまう恐れがあるからです。

さらにクローズドクエスチョンとオープンクエスチョンを意識することで必要とするデータを集めやすくなるでしょう。

「はい、いいえ」のような選択肢を提示するクローズドクエスチョンと「どう考えるか」といったように回答に制限を設けないオープンクエスチョンを使い分けることで回答者の負担を減らすことができるため、状況に応じて質問の方法を変えていく必要があると言えます。

また、質問数をなるべく少なくすることもアンケートの回答を正確に集めるために必要なポイントです。

質問の項目数が多くなってしまうと、回答者に負担をかけてしまい正確なデータの収集が行えないことが考えられるため、シンプルな質問を最小限の質問数で回答してもらうことを心がけましょう。

おすすめのWebアンケート作成ツール

「簡単にWebアンケートを作成したい」「自分に適したWebアンケートツールを探したい」という方に向けて、おすすめのツールをご紹介します。

 Questant

https://questant.jp/

年間20,000件以上の調査実績を持つ、ネットリサーチ国内実績No.1の「マクロミル」が作ったアンケートツールです。豊富な実績で培ったノウハウを取り入れたシンプルな設計で、まるで会話をするような感覚で誰でも簡単にアンケートが作れます。アンケートはPCはもちろん、スマホ、 タブレットからも快適に回答することが可能です。

また、特徴的なのは、クエスタントが提携しているYahoo!やGMOが抱える会員向けにモニター調査ができるという点です。

Webアンケートの結果はグラフで表示してくれ、デザインのカスタマイズも可能です。また、アンケートを簡単に集めることができる回収オプションも提供しています。

 googleフォーム

https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

GoogleフォームはGoogleが提供しているサービスで、お客様アンケート・注文書・イベント出欠確認など15以上のテンプレートを使って誰でも簡単にフォームの作成が可能です。

一からフォームを作る必要がなく、テンプレートを微調整しそのまま公開できるので便利です。1つのフォームを複数の編集者が同時に編集でき、効率的に作業を進められます。

作成したフォームに情報が入力されると、回答内容が自動的に集計・グラフ化されるため、アンケート調査や顧客満足度調査にオススメです

 ミルトーク

https://service.milltalk.jp/

マクロミルが開発した、Web上で生活者と直接会話し意見を集めることができるサービスです。商品やサービスへの自由な意見、アイデア投稿ができる「きょうのひとこと」や、無料掲示板で意見を集める「きいてミル」といった機能があり、 ユーザーの生の声を集めることができます。文字だけではなく、画像で意見を集めることができるのも特徴的です。

ユーザー属性を絞ってアンケートを実施することも可能なので効率よく調査を行うことができます。

 formrun

https://form.run/ja

弊社で提供しているアンケートフォーム作成ツールです。

目的別に用意されたテンプレートにクリックで設問項目を追加するだけで、簡単にアンケートを作成することができます。

管理画面はカンバン方式を採用しており、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で顧客のステータスを変更できるので、顧客管理を効率化することもできるでしょう。

アンケート自体もテンプレートを利用して簡単に作成できますが、その他にもカスタマーサポートの問い合わせ対応やキャンペーンの応募状況確認など幅広い用途に対応しています。導入事例などもありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

まとめ:Webアンケート作成ツールで効率的にアンケートを実施しよう!

現在はWebアンケート作成のためのツールが多数存在しており、これらを活用することで簡単にアンケートを実施することができます。

紙媒体でのアンケート調査も重要ですが、Webアンケートはターゲットユーザーにピンポイントに問を投げかけ、一度に多くの回答を得ることが可能です。 

時間や手間、コストを削減することができるなど、Webアンケート作成ツールは多くのメリットを備えていることから、アンケートを実施しようと考えている方は、この機会に使ってみてはいかがでしょうか。