SurveyMonkey(サーベイモンキー)の使い方まとめ!特徴や料金、機能を解説

フォーム作成ツール

機能や強みが多様化しているアンケート作成ツールですが、「ありすぎてどれを選べばいいのか…」と悩む方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、アンケート作成から集計までをサポートする「SurveyMonkey(サーベイモンキー)」についご紹介します。

SurveyMonkeyは無料で利用でき、試しにアンケートを作ってみたい方におすすめのツールです。
本記事では機能や料金プラン、実際の利用手順、他社サービスとの違いなどをまとめているので、アンケート作成ツール選びにお困りの方はぜひ参考にしてください。

Webアンケート作成ツールSurveyMonkey(サーベイモンキー)について

https://jp.surveymonkey.com

まずはSurveyMonkey(サーベイモンキー)の基本的な機能や料金プランについて確認していきましょう。

無料プランでもアンケートの作成から回収、分析までできますが、質問数は10個までと限られています。
用途によっては有料プランについてもご検討ください。

SurveyMonkey(サーベイモンキー)とは

SurveyMonkey(サーベイモンキー)とは、アメリカのSurveyMonkey社が開発したアンケート作成ツールです。
1999年よりツールを提供しており、全世界で33万以上の企業が導入しています。

SurveyMonkeyの特徴はテンプレートや質問項目の豊富さ。
テンプレートは用途に応じて選択でき、1,600以上の質問項目の中からほしい回答に応じて自由にカスタマイズできます。

また、本社はアメリカですが、中国語やスペイン語など多言語に対応。
日本語でも利用できるため、操作で大きく困ることはないでしょう。

機能

SurveyMonkeyは無料でもさまざまな機能が搭載されています。
まずは無料プランの基本的な機能について見ていきましょう。

  • アンケート作成数が無制限
  • 1つのアンケートにつき10個まで質問を設置可能
  • アンケートの回収方法を3つまで選べる
  • 回答結果をグラフ化できる
  • メールでのサポートを受けられる

小規模なアンケートであれば無料プランでも十分に活用できますが、有料プランでは以下の機能が追加されます。

  • アンケートごとの質問数が無制限
  • アンケートの回答方式が増える
  • メールサポートを1時間以内で受けられる
  • アンケートの多言語化にも対応
  • ロゴやサンクスページなどを設置できる
  • 回答結果をCSVなどの形式でダウンロードできる

有料プランは3つありますが、どのプランを選ぶかによって細かな機能が変わってきます。
自身が作成するアンケートにどういった機能が必要なのかあらかじめ考えたうえでプランを選択するとよいでしょう。

料金プラン

SurveyMonkeyの料金プランは、法人用と個人用に分かれています。
また、ベーシックプランであれば無料で利用できるので、導入検討中の方は使用感を試してみるのもおすすめです。

有料プランの料金は下記のとおりです。

<法人プラン>

  チームアドバンテージ チームプレミア エンタープライズ
1ユーザーあたりの月額料金 4,600円
※3ユーザーから年1回払い
11,050円
※3ユーザーから年1回払い
要お問い合わせ

 

<個人プラン>

  標準月間プラン アドバンテージ プレミア
料金 5,500円/月 70,000円/年 175,000円/年

 

法人プランはユーザー数によって支払い回数が異なり、個人プランはプランによって月払いか年払いかが変わってきます。
「チームアドバンテージ」や「標準月間プラン」でもある程度の機能は搭載されているので、細かく比較したうえでどのプランにするか検討しましょう。

SurveyMonkey(サーベイモンキー)の利用手順

次に、SurveyMonkeyを無料で利用する場合の手順を紹介します。

無料登録

まずは公式サイトのTOPページにある【ここから開始】のボタンをクリックします。
あるいは、右上にある【アカウントの登録】からでも問題ありません。

【ここから開始】の場合、クリックした先のページはプランの選択画面となるので、スクロールして【無料で始められます】を選択してから登録を進めましょう。

パスワードは8文字以上で設定します。
必要な情報を入力したら【アカウントを作成する】をクリックし、登録したアドレスのメールフォルダを確認しましょう。

アドレスに誤りがなければSurveyMonkeyからメールが届いているはずです。
【今すぐ始める】をクリックし、フォーム作成画面へと移りましょう。

テンプレート選択

ページの中央あるいは右上にある【アンケートを作成】をクリックすると、テンプレートの選択画面へと移行します。

一から作りたい方は、【最初から自分で作る】を選択しましょう。
今回は【顧客満足度調査】のテンプレートを利用して手順を説明していきます。

※テンプレートの中には有料プランにて使用できるものも含まれています。
 用途に応じて、アップグレードを検討しましょう。

該当のテンプレートをクリックすると、完成形のイメージ(プレビュー)を確認できます。

プレビューを確認し、自分の作りたいアンケートと項目が近いようであれば右下にある【このテンプレートを使用する】を選択しましょう。

アンケート名の作成

まずはアンケート名を編集します。
左上にある【顧客満足度調査】をクリックして、アンケート名の編集画面を開きましょう。

アンケートタイトル・整列・カテゴリーを編集し、右下にある【保存】をクリックすればアンケート名の作成は完了です。

質問の編集・追加

次に、質問の追加や編集を行います。
編集したい質問にカーソルを合わせると【編集】や【削除】、【移動】などの選択肢が表示されるので該当のものを選択しましょう。

また、【オプション】をクリックすると下記の項目が表示されます。

  • 回答を必須にする
  • 選択肢のレイアウトを変更する
  • 選択肢のランダム化、並べ替え、逆転
  • A/Bテスト(質問のランダム割り当て)の有効化

アンケート結果をもとに分析を行う場合、回答数を確保するためにも【回答を必須にする】はチェックしておきたいポイントです。
質問内容に応じて、忘れずに選択しておきましょう。

テンプレートをそのまま利用する場合、まれに日本語が誤っている項目もあります。
誤字脱字等がないか必ずチェックしましょう。
(※上記の「通常、どのくらいの頻度で当サービスをを利用していますか?」部分)

また、回答用の項目についても、しっかり確認しておきたいところ。
たとえば「いつも利用している」「大抵利用している」などデフォルトで設定された項目の場合、「いつも」「大抵」の頻度がわかりにくいです。

  • いつも利用している(週に6回以上)
  • 大抵利用している(週に4~5回程度)
  • たびたび利用している(週に2~3回程度)

など、回答者を惑わせないような項目作成を心がけるとよいでしょう。

>>アンケート作成のコツや手順についてはこちらの記事がおすすめ

質問を追加する際は、左側にある項目から選びます。
【顧客フィードバック】【人口統計】などさまざまなジャンルの質問が用意されているので、用途に応じて選択しましょう。

質問を一から作りたいときは、左側の上から2番目にあるマークをクリックします。
【複数選択】や【チェックボックス】、【星による5段階評価】といった回答形式を選べるので、質問内容に適した形式を選択してください。

※【顧客満足度調査テンプレート】の場合、すでに10個の質問が用意されていますが、無料プランは質問数が10個までと限られています。
質問を追加する際は、アップグレードを検討するか不要な質問は削除するようにしましょう。

 

また、左側の縦並びにあるマークからは、アンケート内の画像設置や細かなオプション設定などができます。
有料機能としてロゴの設置や回答者数の制限に関する機能が搭載されているので、必要であれば検討するのもよいでしょう。

プレビューの確認

アンケートの作成が完了したら、プレビューを確認します。
プレビューは上部にある【プレビュー&スコア】あるいは【次へ→】の項目をクリックすると確認できます。

項目や設問の順番、誤字脱字等に問題がないか最終確認を行います。
修正があれば【アンケートの作成】に戻って編集を行い、完成したら【回答の収集】【次へ→】【回答を収集する】のいずれかをクリックして次に進みます。

アンケートの設置

次に、アンケートの設置方法を選択します。
社内や友人などを対象にアンケートを送信する場合は、左側をクリックしましょう。

右側は、性別や年齢、国などを選んで不特定多数の方に回答してもらう「ネットリサーチサービス」の画面へと移ります。
有料ではありますが、「市場調査を行いたい」「できるだけ多く回答数を集めたい」といった希望であれば見積もりを確認してみるのもおすすめです。

回答の収集方法

アンケートの収集方法として、上記が用意されています。
顧客満足度調査であれば、ユーザー宛てにメールを送信したり、Webサイトにリンクを設置したりしてもよいでしょう。アンケートの回収を終了したいときは、【コレクターを閉じる】を選択。
必要な回答数が集まったらクリックし、これ以上アンケートを回答できない状態にしておきます。

集計結果の分析

集計結果を分析したいときは、上部にある【集計結果の分析】をクリックします。

回答が自動でグラフ化されており、回答数だけでなく時間帯別の回答結果なども把握できます。
個別回答も一つひとつ確認できるので、分析に役立てましょう。

SurveyMonkey(サーベイモンキー)と他ツールの連携方法

SurveyMonkeyのアンケート機能をマーケティングに活用したい場合、CRM(顧客関係管理システム)やメール配信システムと連携させる方法があります。
こちらでは、Salesforce・Hubspot・Zoho Campaignの3つのツールとの連携方法について説明します。

Salesforce

Salesforceと連携する際は、自身のダッシュボードから右上のマークをクリックし、【統合&プラグイン】を選択します。
選択するとSurveyMonkeyと連携できるツールの一覧が表示されるので、Salesforceを選択してアカウントの設定を行いましょう。

連携することでアンケート結果を素早く統合・集計し、顧客との関係構築に役立てられます。
Salesforceとの連携はエンタープライズプランのみで利用できる機能ですが、すでにSalesforceを利用している方は導入を検討してみるのもよいでしょう。

Hubspot

無料で使えるCRMツール「Hubspot」も、SurveyMonkeyと連携できます。
ただしSurveyMonkeyの有料プランの契約が必要となるので注意しましょう。

インストール用の画面に行くまでの方法はSalesforceと同様です。
自身のダッシュボードから【統合&プラグイン】を選択し、HubSpotを選択してください。

また、HubSpotのサイト側からもSurveyMonkeyとの連携を選択できます。
SurveyMonkeyのデータをHubSpotに同期し、顧客満足度の調査やアンケートの回答結果に基づいたリスト化などを進めましょう。

Zoho Campaign

メールマーケティングツール「Zoho Campaign」とSurveyMonkeyを連携させることで、メールを活用したキャンペーンを実施することも可能です。
連携方法は他のツールと同様で、Zoho CampaignとSurveyMonkeyのどちらともが無料プランでもインストールできます。
外部連携の認証を許可して、キャンペーンの作成を行いましょう。

Zoho Campaignでは、メールのABテストを実施することで開封率や回答率のアップにつなげられます。
キャンペーン用のテンプレートも用意されているため、効率的なメールマーケティングが実現できるでしょう。

SurveyMonkeyの強みと弱み

最後に、他のアンケート作成ツールと比較しながらSurveyMonkeyの強みと弱みを紹介します。
自身の課題解決につながるサービスがあれば、そちらを検討してみるのもおすすめです。

formrun(フォームラン)との比較

https://form.run/ja

formrun(フォームラン)は弊社が提供しているフォーム作成ツールです。
20種類以上のテンプレートがあり、アンケート作成ツールとしても利用できます。

SurveyMonkeyとの大きな違いは、無料プランのフォーム作成数が3つに限られている点
質問数は自由に設定でき、バリデーション機能(住所の自動補完や、入力項目の正誤チェック)も搭載されていますが、「とにかくたくさんアンケートを実施したい」という方は有料プランの導入が求められます。

ただし、formrunはフォームに入力した内容をカンバン方式で表示でき、顧客やタスクの状況を視覚的に管理できる点も特徴です。
アンケート結果のグラフ化はできませんが、有料プランのCSVエクスポートやGoogleスプレッドシート連携機能を活用すれば分析にも役立てられるでしょう。

Googleフォームとの比較

https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

Googleフォームは、Googleが提供するフォーム作成ツールです。
イベント参加者用のアンケートやスケジュール確認など15以上のテンプレートが用意されています。

GoogleフォームもSurveyMonkey同様、回答結果をグラフ化して表示できます。
時間帯別のグラフ化はできませんが、フォーム作成数や回答数に制限がないので「無料のツールを探している」という方にはGoogleフォームが便利でしょう。

ただし、フォームのデザイン性や回答形式、回答しやすさにこだわりたいなら、SurveyMonkeyのほうが自由度が高いです。
SurveyMonkeyは1つの質問に答えると次の質問に自動で移動するので、回答者の負担を減らせます。

Creative Surveyとの比較

https://jp.creativesurvey.com/enterprise/

クリエイティブサーベイ株式会社が提供しており、「CREATIVE SURVEY for ENTERPRISE」と「CREATIVE SURVEY for SALESFORCE」の2つのツールを提供しています。

2020年7月時点では無料プランがなく、法人向けのプランのみを用意している点が特徴です。
ドラッグ&ドロップで手軽にアンケートを作成できたり、高いデザイン性を実現できたりなど、SurveyMonkeyと異なる強みもありますが、実際の動作や料金を知りたい方は問い合わせる必要があります。
はじめから本格的なアンケートに取り組みたい方は、検討してみるのもよいでしょう。

まとめ:アンケートの作成数や質問数でツールを選ぶのもおすすめ

SurveyMonkeyは、どのプランであっても制限なくアンケート作成を行えます。
質問数が10個以下の軽微なものであれば、無料プランでも十分に機能するでしょう。

ただし、質問数を増やしたい方や顧客管理まで行いたい方は、有料プランや別のサービスを検討してみるのもおすすめです。
アンケート作成ツールはSurveyMonkey以外にも数多くあるので、無料プランや無料トライアルで実際の使用感を試しながら本格的な導入を進めていきましょう。

>>「formLab(フォームラボ)」でフォーム作成ツールを比較する