無料でもフォーム作成数が無制限!「フォームズ(formzu)」の機能や使い方を解説

フォーム作成ツール

「お問い合わせ」「資料請求」「会員登録」「アンケート」など、様々な用途で使えるメールフォーム。

ユーザーとのコミュニケーションの入り口として重要な存在であるものの、中には「作成に手間や時間ががかかりそう」という理由で設置をためらっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メールフォーム作成ツールを使えば、時間や専門知識がなくても簡単にフォームを作成・設置することができ、すぐにフォームをユーザー意見の収集に使うことができます。

今回は、手軽にフォームを作成できるツール「フォームズ(formzu)」について、利用方法や他社サービスとの比較などをまとめてご紹介します。
メールフォームを利用しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

メールフォーム作成ツール「フォームズ」について

フォームズ

メールフォームの利用にあたって、「コストはできるだけ抑えたい」「フォーム作成に時間をかけたくない」とお考えの方は、フォームズ(formzu)がおすすめです。

フォームズとは

フォームズ株式会社が運営しているメールフォーム作成ツールです。最短30秒で、お問い合せフォームやイベント・キャンペーンの申し込みフォームを作成できます。

フォームズの基本機能

フォームズには以下の機能が搭載されています。いずれも、無料プラン・有料プランともに利用可能です。

  • フォーム作成:パソコン用 / スマホ用 / モバイル用のフォームを作成できます
  • ログ保存:フォームから実際に投稿された情報(ログデータ)を保存できます
  • フォームの入力データ保存:投稿者が自分の入力した情報を保存できます
  • 自動返信メール:投稿時、投稿者へ自動的に返信メールを送ることができます
  • WordPressへのプラグイン:WordPressからのフォームの設置が可能
  • アクセス解析:Google Analyticsのトラッキングを利用し、アクセス解析が可能です
  • 多言語対応:メッセージの言語切り替えができます
  • CSV出力:ログデータをCSVファイルで出力できます
  • 統計機能:選択型項目の各選択肢を集計できます

フォームズの利用料金

フォームズには無料プランと有料プラン、あわせて4つのプランが用意されています。
無料プランは作成できるフォーム数が無制限。「とにかくたくさんのフォームを作りたいけれどコストはかけたくない」という方に嬉しいプランとなっています。

  フリー パーソナル ビジネス プロフェッショナル
利用料金 ¥0 6ヶ月:¥2,900
1年:¥5,400
3ヶ月:¥3,000
6ヶ月:¥6,000
1年:¥11,000
3ヶ月:¥7,800
6ヶ月:¥15,600
1年:¥29,000
用途 個人向け 個人向け  ・商用個人
・法人向け
法人向け
項目数※ 10項目 50項目 100項目 100項目
フォーム数 無制限 100フォームまで 100フォームまで 50フォーム
※オプションで増加可

※1フォームあたりの最大項目数です。

フォームズの有料プランでできること

ご覧いただいた通り、無料プランと有料プランでは使える機能が異なりますが、
さらに有料プランのみに搭載されている機能、有料プランの中でもより上位のプランのみに実装されている機能が存在します。

  パーソナル ビジネス プロフェッショナル
管理画面にアクセスできる
IPアドレスの制限(※1)
× ×
フォーム最適化(EFO機能)(※2)
領収証・請求書の発行(※3) ×
送信先の複数設定(※4)
外部サイトへの投稿データ受渡(※5) ×
コンバージョンタグ設定(※6) 1,000文字まで 2,000文字まで 4,000文字まで
アフィリエイトサービスへの対応(※7) ×

 

一部の有料プランのみ、管理画面へのアクセス制限を設けることができます。作成画面や管理画面にアクセスできるIPアドレスを固定することで、よりセキュアな環境での作業が可能です。

また、すべての有料プランでフォーム最適化(EFO機能)が利用できます。フォームの入力回数や入力時間、エラー発生回数などのデータを収集しコンバージョン数(資料請求や会員登録などのフォーム送信)向上に役立てることができます。

主要なアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)であるA8ネットやバリューコマースであれば、プログラムIDを設定するだけですぐにアフィリエイトでの利用が可能になります。
アフィリエイターやブロガーの方には嬉しい機能ですね。

また最大3つのメールアドレスを送信先に追加できる機能も実装されており、複数の宛て先に同じ内容を送りたいときに便利です。

フォームズの利用手順

実際にフォームズを利用するときの手順をご紹介しましょう。
今回は、「料理教室の参加申し込みフォーム」を作成する設定で流れをまとめてみました。

1.アドレスの登録を行う

トップページのメールアドレス入力欄にアドレスを入れ、「メールフォームを作る」をクリックします。

  1. メールアドレスを入力
  2. フォーム名を入力 ※後から編集画面で変更できます
  3. パスワード設定する
  4. 個人情報の取り扱いに関する内容と、入力内容に間違いがないことを確認のうえ、「同意して進む」をクリック

また、青枠で示している「基本のフォーム」をクリックして表示されるフォーム一覧からテンプレートの選択も可能です。

素早くフォームを作りたいときには、目的に合わせて用意されたテンプレートを選択するだけでフォーム作成が可能です。ここでは「参加申込」のテンプレートを選択します。

2.フォームの新規作成を行う

作成画面に入ると、画面中央にフォーム作成のおおまかな手順が表示されます。
表示内容に従ってフォームを作成していきましょう。
さらに詳しい手順を知りたいときには、左サイドバーの「作成ガイド」をクリックするとフォーム作成の流れや各種設定方法などの説明が表示されます。
ガイドに沿って操作を進めれば良いので、フォームズを初めて利用する方でも安心の親切設計です。

「フォーム表示」をクリックすると、作成するフォームを確認できます。
先ほど登録したフォームも、ここで確認できます。
たとえば、1.登録のときにテンプレート「参加申込」を選んで保存していた場合、上記のような画面が表示されます。

フォーム画面の各項目名にカーソルを近づけると、編集ボタンが表示されるので、ボタンをクリックして項目内のテキストや選択ボタンなどを編集しましょう。

上記のような編集画面が表示されるので、各項目を編集してみましょう。
項目名、必須の有無、選択スタイル(チェックボックス、ラジオボタン、ブルダウン)などを設定できます。
設定を編集したら、「更新する」ボタンを押して更新を完了させてください。

このような流れで各項目の内容を自由に編集できます。
フォームカラーの変更やデザイン設定も行えます。また、操作方法が分からないときは左サイドバーの「作成ガイド」を参考に作成を進められるので、専門的な知識がなくても安心です。

左サイドバーにある「項目の追加」をクリックすると、フォーム内の項目を編集できます。
画像や動画を挿入することも可能です。

3.デザインを変更する

フォームのデザインの変更は、左サイドバーの「デザイン設定」から行えます。

上記の画面が表示されるので、背景デザインやカラーデザインを設定できます。
また、画像URLを入力することで好きな画像を背景におくことも可能です。無料プランでは画像をドラッグ・ドロップなどで直接挿入することはできないので注意してください。

また、デザインを編集する画面内で、フォーム送信までのステップを表示することも可能です。終わりの見えないフォーム入力に回答者が途中離脱するのを防ぐことができます。

4.自動返信メールの設定を行う

すべてのプランで、自動返信メールを設定することができます。

フォーム編集画面の左サイドバーから「メール設定」を選び、さらにその中にある「自動返信メール」の項目をクリックします。
自動返信メールの設定画面に移るので、「自動返信メールを有効にする」のチェックボックスにチェックを入れます。

メールのタイトル、本文を入力して「更新する」ボタン、「フォーム保存」ボタンをクリックすると設定が完了します。

問い合わせ内容すべてに同じ返信内容を送りたい場合は、自動返信メール機能を使うことで、問い合わせ1つひとつに返信する手間が省け便利ですよ。

5.フォームを保存する

フォームの作成が終わったら、左サイドバー下部の「フォーム保存」ボタンをクリックしてください。

フォームを保存すると、フォームIDやメールアドレス、PC・スマートフォン共用フォームURLなどの情報が表示されます。1.登録で登録したメールアドレス宛てにも、同じ内容が送られます。

フォームIDはフォーム編集時に、その他のURLも実際のページでフォームを表示させるために必要なので、忘れず保存しておきましょう。

6.フォームを設置する

フォームの設置は、ページ内に直接埋め込む方法と、リンクをクリックして別ウィンドウで開く方法の2通りがあります。

いずれも、指定のタグをページ内に貼り付けるだけで簡単に設置可能です。フォームズのWebサイト内に設置方法が掲載されているページがあり、そこでタグの自動生成が可能です。
用途ごとに適した方法を選んで設置しましょう。

また、WordPressへのプラグイン機能「Formzu WP」を使えば、WordPressで作成したページにフォームを簡単に設置できます。

7.送受信テストを行う

フォーム作成が終わったら、フォームを設置したページから実際にフォームに内容を入力しテスト配信を行ってみましょう。

問い合わせ内容は、フォーム編集画面の左サイドバーにある「ログデータ」の項目から確認できます。
フォームズでは、ツールの中でフォームからの問い合わせに対応できる機能を実装しています。複数のコミュニケーションツールをまたいで連絡をとる必要がありません。

他社サービスとの比較

フォーム作成のためのツールは数多く提供されていますが、フォームズとその他のツールにはどのような違いがあるのでしょうか。
こちらでは、特に代表的なフォーム作成ツールを3つピックアップし、フォームズと比較してみました。

Googleフォームとフォームズの違い

https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

Googleフォームは、Googleが提供するフォーム作成ツールです。無料で利用でき、作成フォーム数に制限がないところがフォームズとの違いです。

Googleフォームでもフォームズでも、フォームの背景デザインを自由にカスタマイズすることができます。Googleフォームでは豊富な背景テーマが用意されており、「食べ物」「スポーツ」「旅行」「ウェディング」など多彩なテーマから背景デザインを選択することができます。

回答データをスプレッドシート化できたり、複数人数でアンケートを同時作成できたりする点はGoogleフォームならではの特徴です。

その他、Googleフォームの独自機能を以下でまとめているのでぜひご参考ください。

Googleフォームの独自機能

  • 日付項目のカレンダー入力
  • 回答内容に応じて質問をスキップするように設定できる
  • 回答者が入力したページを、そのまま回答として閲覧することができる
  • 様々な方法で回答結果を確認・整理できる(回答状況のリアルタイム確認、回答結果のグラフ化、回答データをスプレッドシートで表示するなど)
  • スマートフォンでもフォーム作成が可能
  • 複数人数でアンケートを共同作成できる

フォームメーラーとフォームズの違い

https://www.form-mailer.jp/

フォームメーラーは、株式会社フューチャースピリッツが提供するフォーム作成ツールです。

ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、プログラムの専門的な知識がなくても簡単にフォームを作ることができます。また、フォームズがフォーム作成に特化しているのに対して、フォームメーラーでは各種フォームのほかにランディングページ(LP)やホームページの作成も可能です。

フォームメーラーの料金プランも、フォームズと同様に無料プランと有料プランから選ぶことができます。プランによって機能制限にも違いがあるので、詳細を知りたい場合はフォームメーラーに関する記事もあわせてご参考ください。

フォームメーラーの独自機能

  • ランディングページ(LP)、ホームページの作成ができる
  • 投票専用のフォーム作成ができる(投票結果は円または棒グラフでフォーム上に表示される)
  • フォーム投稿者が人かロボットか判断するスパム防止機能を搭載

>>フォームメーラーの機能や料金プランを詳しく見る

formrun(フォームラン)とフォームズの違い

formrun(フォームラン)は、目的・用途別に用意されたテンプレートを使い、クリックによる項目追加でフォームを作成できるツールです。
その機能性・デザイン性が評価され、2018年度グッドデザイン賞に選ばれました。

フォームの作成だけでなく、問い合わせ対応や顧客管理までワンストップでできる点も特徴で、
SlackやChatworkなどのコミュニケーションツールと連携して、チームで問い合わせ対応に臨むことができます。

「フォーム作成だけでなく問い合わせ管理もスムーズに行いたい」という場合には、formrunの利用もおすすめです。

formrunの独自機能

  • フォームに届いたお問い合わせに個別返信ができ、内容の進捗管理も可能
  • 複数人、チームによる管理もできる
  • 問い合わせ状況を可視化できるダッシュボード機能付き
  • Googleスプレッドシート、MailChimp(メール配信サービス)、Slack(ビジネスチャットサービス)など様々なツールと連携できる
  • 情報セキュリティマネジメントの国際規格「ISO 27001 (ISMS)」の認証を取得

フォームズの強みと弱み

フォームズの利用にあたって、「どんな点が優れているのか」「どこが弱点なのか」をしっかり把握しておくことも大切です。
こちらでまとめているので、フォームズの利用を検討する際にぜひ参考にしてみてください。

強み 弱み
  • 短時間でフォーム作成ができる
  • 無料プランでは作成フォーム数が無制限なので、コストを抑えてたくさんのフォームを作ることができる
  • 有料プランであっても、他社ツールと比べて圧倒的な低コストを実現
  • 自動返信メール機能がある
  • メッセージの多言語切り替えができる
  • WordPressへのプラグイン機能がある
  • デザイン面での細かいカスタマイズが可能
  • 無料プランでは複数メール送信に対応できない
  • 無料プランでの利用だとフォーム内に広告が入る
  • 無料プランで挿入できる項目数は、1フォームあたり10項目と少なめ
  • 管理画面へアクセスできるIPアドレス制限は、有料プラン1つでしか設定できない

 

セキュリティについて

フォームズで使われるフォームは、SSL通信によって保護されています。また、パスワードは不可逆方式の暗号変換でサーバーに記録されており、事実上解読不可能なものとなっています。問い合わせ内容や大切な個人情報を守りながらフォーム運用が可能です。

また、メールフォームには投稿者によるイタズラ防止機能として、IPアドレス、アクセスポイントでアクセス拒否設定ができる機能も搭載しています。

まとめ:フォームをたくさん作りたい方はフォームズがおすすめ

フォームズは、時間とコストをかけずにフォーム作成を行いたい方におすすめのツールです。

フォーム作成に必要な機能を幅広く搭載し、無料プランではフォーム数無制限、有料プランでは100~3,000とたくさんのフォームを作ることができます。フォームのデザインに関しても、項目はもちろんのこと、入力欄の余白や幅など細かく調整ができるので、ディティールにもこだわりたい方には良いツールと言えます。

多目的な用途で、数多くフォームを作成する予定の方は試してみてはいかがでしょうか。

フォームズ以外にも、フォーム作成ツールは様々なものが提供されています。
「formLab(フォームラボ」)では、フォームを使った業務効率化やフォームの利用に役立つ情報を配信しているので、ぜひその他のコンテンツものぞいてみてください。

>>「formLab(フォームラボ」の【お役立ちコンテンツ】を見てみる