オープンソースのCRMツールとは?おすすめツール5つと選び方を解説

VtigerCRM TOP カスタマーサクセス

CRMを導入したいと考えている方の中には、「まずは無料のCRMツールを利用したい」「おすすめのCRMツールや選び方が知りたい」といった悩みを抱えている方も多いかと思います。

そのような方は、オープンソースのCRMツールを利用するのがおすすめです。無料で利用できることはもちろん、自社サイトの必要とする機能に合わせてカスタマイズすることもできるため、コストをかけずに顧客管理を実現することができます。

本記事では、オープンソースのCRMツールをご紹介します。ツールに合った選び方や注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

オープンソースソフトウェア(OSS)とは?

オープンソースソフトウェアとは、ソースコードの改変や再配布が自由に認められたソフトウェアのことです。無料で利用できるものが多いため、「まずはコストを抑えてシステムを導入したい」と考えている企業に適しています。

また、ソースコードが公開され、改変が自由であることから、企業が商用利用を目的としてオープンソースソフトウェアを基に新規システムを開発をすることもあります。特にプログラミングの環境において活躍するソフトウェアが多いため、昨今では多くの企業が導入を検討しています。

オープンソースのCRMツールを導入するメリット3つ

オープンソースのCRMツールを導入するメリットは、主に3つあります。

コストを抑えて運用できる

オープンソースのCRMツールは無償で利用することができます。別途サーバー代などの費用は必要となりますが、社内でカスタマイズを行う体制さえあれば、コストを抑えてCRMを実現することが可能です。

機能を自由にカスタマイズできる

ソースコードのカスタマイズをすることで、自由に機能の追加・削除を行うことができます。自社サービスに必要な機能を選択できることで、使いやすさの向上や、動作を軽くすることが可能となります。

長期的に安定して利用できる

CRMツールの中には、提供する企業の都合によってサービス・アップデートが終了する可能性があるものが数多く存在します。その点、オープンソースのCRMツールの場合、自社でメンテナンスし続ける限り、運用することが可能です。そのため、長期的に安定した運用を見込むことができるでしょう。

オープンソースのCRMツールを導入するデメリット3つ

オープンソースのCRMツールを導入するデメリットは、主に3つあります。

セキュリティに不安がある

オープンソースのCRMツールは、自由なカスタマイズが可能なメリットの反面、その過程で意図しない脆弱性や不具合が発生することがあります。また、自動でアップデートが行われることがないため、自主的にメンテナンスをしなければセキュリティ問題が発生する恐れがあります。

社内に技術力の高いエンジニアが必要である

導入や運用のためには、実力あるエンジニアの技術が不可欠です。導入・運用・メンテナンスなどの必要業務を外注することもできますが、その際には費用が発生します。無料で利用できるオープンソースのCRMツールの大きなメリットがなくなるため、注意が必要です。

日本語対応していないツールが多い

オープンソースのCRMツールは様々な国で開発されており、基本的に使用される言語は英語です。そのため、導入時に日本語対応のカスタマイズをするか、利用の都度翻訳する必要があります。特に英語に不安があるユーザーの中には抵抗がある方も多いと思いますので、導入の際にチェックしましょう。

オープンソースのCRMツールを選ぶポイント

オープンソースのCRMツールを選ぶポイントを解説します。自社の状況とツールの機能の2つの観点から考える必要があるため、参考にしてみてください。

自社にオープンソースのCRMツールを活用できる人材がいるか

先述のとおり、オープンソースのCRMツールの導入や運用、カスタマイズには高い技術力を持ったエンジニアの存在が不可欠です。そのため、導入する前に自社にいる技術者のスキルをチェックしましょう。

日本語に対応しているか

オープンソースのCRMツールが日本語に対応していることで、業務の負担がグッと減ります。日本で開発されたツールの他にも、サポートコミュニティのみ日本語対応した海外製品も存在するため、事前に確認してください。

ただし、社内の技術者が高い英語スキルを持っていれば、この課題は解決できます。先程、「技術者のスキル確認が大切である」と話しましたが、同時に語学力もチェックしましょう。

コミュニティが活発か

オープンソースのCRMツールを運用する際は、自社で最新情報を入手し、メンテナンスをする必要があります。そのため、情報交換が盛んなユーザーコミュニティがあるCRMツールを選び、積極的に情報をキャッチアップすることが大切です。

最新情報が入手できるか否かで、ツールのセキュリティ状況が大きく変わります。CRMを実現するうえで最も重要な項目の1つであるため、必ず徹底してください。

おすすめのオープンソースのCRMツール5つ

ここからはオープンソースのCRMツールを紹介します。現在、多くの日本企業で導入されている5つを紹介しますので、自社に合ったツールを選んでください。

SugarCRM

SugarCRM

SugarCRMは、アメリカのSugarCRM社が開発・提供するオープンソースCRMです。全世界で50万を超える導入実績があるため、安心して利用することができます。

数あるオープンソースCRMのなかでも特にコミュニティが活発で、導入や開発について意見交換がされています。そのため、常に最新情報を入手し、ツールのメンテナンスを行うことも容易です。

また、日本語専用のマニュアルがあるのも大きなメリットです。これによって翻訳の手間なく、スムーズに顧客管理を行うことができるでしょう。

参考:Sugar社 公式HP
https://www.sugarcrm.com/jp/

VtigerCRM

VtigerCRMは、アメリカのVtigerCRM社が提供するオープンソースCRMです。世界で30万以上のユーザーが導入しており、Webサイトやメール、ソーシャルメディアなどに届いた見込み顧客からのお問い合わせを収集し、管理することができます。

また、サポート体制も充実しており、Vtigerのサポートチームからメールや電話、チャットによるサポートを無料で受けることができます。これによって、社内では解決ができない問題が発生したとしても、安心して運用をすることが可能です。

もちろん日本語対応もしているため、ストレスなく利用できることもポイントとなります。

参考:Vtiger社 公式HP
https://www.vtiger.com/ja/

SuiteCRM

SuiteCRM TOP

SuiteCRMは、SalesAgility社が提供するオープンソースCRMです。中小企業や小規模企業で数多く利用されているSalesforceなどの主要なCRMの代替として有名で、全世界で400万人以上のユーザー数を誇っています。

Webブラウザ上で直感的にカスタマイズできる機能が特徴的で、データの収集から管理・分析まで幅広く対応しています。

ただし、日本語に対応してはいないため注意が必要です。導入する際には社内の技術者の英語スキルをチェックするようにしましょう。

参考:SuiteCRM 公式
https://suitecrm.com/

F-RevoCRM

F-RevoCRM TOP

F-RevoCRMは、シンキングリード株式会社が提供するオープンソースCRMです。日本の企業が開発を行なっているため運用がしやすく、トラブル対応サービスもあることから、多くの利用者を集めています。

また、有事以外の場面でもシステム構築・運用サポートを受けられることも大きな特徴です。そのため、社内の技術者のスキルが不足している場合でも取り入れやすいCRMツールといえるでしょう。

機能面についても、顧客管理・マーケティング・販売管理まで幅広く対応しています。レポートの作成や分析もできるため、収集したデータを基に新たな施策を行うことも可能です。

参考:F-RevoCRM 公式
https://f-revocrm.jp/

CiviCRM

CiviCRM TOP

CiviCRMは、CiviCRM社が提供するオープンソースCRMです。非営利団体のユーザーが多く、会員管理の他にもイベント管理、寄付・グッズ販売などの資金調達といった機能が搭載されています。

データベースに蓄積された情報はWebブラウザ上から簡単に閲覧することができるため、世界中に拠点を持つ営利団体の方でも、さまざまな人・場所から顧客ステータスを管理することができます。

参考:CiviCRM Japan 公式
https://sites.google.com/site/civicrmjapan/

その他無料で利用できるCRMツール2つ

ここまでオープンソースのCRMツールを紹介してきましたが、その他にも無料で利用できるCRMツールは存在します。ここでは無料で利用できるCRMツールを3つ紹介します。

formrun(フォームラン)

formrun TOP

https://form.run/ja/

formrunは弊社が提供しているフォーム作成ツールです。無料から利用することが可能で、誰でも簡単に顧客管理を行うことができます。

利用方法は、40種以上のテンプレートから作成したフォームをWebサイトに埋め込むだけです。このフォームから届いたお問い合わせなどのメッセージを一元管理し、管理〜分析まで幅広く活用することができます。

また、有料プランでは複数人のチームで顧客管理を行うことも可能です。これにより、顧客から届いたメッセージへの回答漏れなど、信用を失うヒューマンエラーを未然に防ぎ、業務が属人化することを防ぐことができます。

Hubspot(ハブスポット)

Hubspot TOP

https://www.hubspot.jp/

Hubspotは、Hubspot社が提供するCRMツールです。

このCRMツールの特徴は、豊富な機能が搭載されていることです。顧客情報の管理や業務のタスク管理など、営業担当者向けの機能にくわえ、ランディングページの作成やEメールの一括送信などのマーケティング担当者向けの機能など、多くの機能が搭載されています。

有料プランもありますが、無料でも利用できる機能が充実しています。1つのツールでいくつもの業務を完結したいと考えている方に適したCRMツールといえるでしょう。

Hubspotについては以下の記事で詳しく解説しているため、参考にしてみてください。

HubSpot(ハブスポット)とは?機能・効果を解説【まずは知ろう】

有料版・無料版のCRMツールの違い

先ほど、無料で利用できるオープンソースのCRMツールをご紹介しました。しかし、本格的に顧客管理を行うのであれば、有料版のCRMツールの利用がおすすめです。

その理由は2つあります。オープンソースのCRMツールと比較しながら解説します。

  • 有料版の方がサポート体制が充実している
  • 有料版では無駄な手間を省いて多くの機能を利用できる

有料版のCRMツールには、万全のサポート体制が整っています。たとえば、無料のオープンソースのCRMツールは、なにかトラブルがあったら自分たちで解決しなくてはならないため、一定時間システムを利用できなくなる可能性があります。しかし、有料版であればサポートを活用して即解決できるため、お問い合わせなどの機会損失を防ぐことができます。

また、有料版では多くの機能を簡単に利用することができます。オープンソースのCRMツールでも機能の拡張をすることは可能ですが、そのためには多くの時間と工数が必要です。たくさんの人件費が必要となることを考えると、有料版のCRMツールを導入する方が、結果的にコストを抑えられることも少なくありません。

このように、無料で使えるCRMツールには限界があります。本気で顧客管理に取り組みたいと考えているのであれば、ぜひ有料版のCRMツールの導入を検討してください。

まとめ:自社に最適なツールを導入してCRMを実現しよう

無料で利用できるCRMツールの中には、本記事で紹介したオープンソース型の他にもformrunのようなクラウド型が存在します。どちらにもメリット・デメリットがあり優劣はないため、まずは自社の環境を把握して最適なツールを導入することが大切です。

特にスタートアップや中小企業の場合、CRMツールの導入は先送りにしてしまいがちです。しかし、無料で簡単に導入できるツールはたくさんあるため、今の業務効率に少しでも疑問を抱いているのであれば、すぐにでも導入する価値はあります。

formrunは完全無料から利用できるツールです。もし本格的にツールの導入を検討しているのであれば、まずは試しに使用感などをチェックしてみましょう。そして、もし合わなければ別のツールを試し、自社に最適なツールでCRMを実現してください。

formrun