「独自ドメインメールアドレス」を設定して、エンドユーザーに安心感を届けよう!

Tips集

こんにちは。formLab編集部です。
いつもformrunをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回は、formrunでの独自ドメインメールアドレスの設定方法をご紹介します。

formrunでは個別に返信するメール、自動返信メールにて、独自ドメインメールアドレスをご利用いただけます。しかし、独自ドメインの設定方法は、Domain Name System(以下、DNS)への理解がなければ難しく、多くのお問い合わせをいただいていました。

そのため、今回はformrunでの独自ドメインメールアドレスの設定方法やDNS登録方法について、詳しく解説していきます。

独自ドメインの設定や、お名前/com、AWS Route 53でのDNS登録に苦戦したことのある方はぜひご一読ください。

独自ドメインの概要

ドメインとは

独自ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので、
ホームページのデータを格納するサーバの所在地を示す
“IPアドレス”を人間が識別できるような文字列にしたものです。

「137.22.134.244」といった数字の並びではよくわからないので、
「form.run」といった文字列にしたものだと思ってください。

ドメインは重複することのない固有のものですので、
各企業、もしくは部門ごとに独自のドメインを持っているはずです。

独自ドメインを用いたメールアドレスを設定するメリット

独自ドメインを設定することで、
サイトの役割・所在を明確にできるため、
ユーザーに企業・ブランドの持つ安心感を届けることができます。

例えば、株式会社ベーシックへお問い合わせを行い、
自動返信メールを受信したケースを考えてみましょう。

この場合、ユーザーにとっては、
送信元が「system@example.com」となっているより、
「system@basicinc.com」と、会社名が入っているドメインからメールが来る方が
安心しますよね。

「直前に問い合わせをしているのだから分かるだろう」
「送信元までは見ていないだろう」

といえば、そうかもしれませんが、
細部にこだわりたい、企業やプロダクトのブランドに統一感を持たせたい、
という場合には設定することをおすすめします。

formrunでの独自ドメインメールの仕組み

formrunでは、送信元のメールアドレスの初期設定が
「system@form.run」となっています。

そのため、エンドユーザーが受信する
「自動返信メール」や「個別対応時のメール」では、
Fromに「system@form.run」と表記されています。

送信元のメールアドレスを任意のドメインに変更したい場合は、
独自ドメインメールアドレスに変更する必要があります。

変更にあたり以下の3点にご注意ください。

PROFESSIONALプランのみ

formrunで独自ドメインメールを設定する場合、
PROFESSIONALプラン(¥12,800 / 月(税抜))でのご登録が必要です。

プランについては、料金・プラン概要ページをご参照ください。

チームにつき1個の登録が可能

独自ドメインメールは、チームにつき1つ登録が可能です。
フォームごとに独自ドメインメールを設定することはできませんので、ご注意ください。

チームオーナー・チーム管理者のみ設定可能

独自ドメインの設定は、「チームオーナー」「チーム管理者」のみ設定できます。
「チームメンバー」の場合は設定することができないので、
チームメンバーの方は、チームオーナー・チーム管理者より
権限をもらうようにしてください。

なお、権限の変更は「設定 > チーム設定」より行うことができます。

独自ドメインの設定方法

「チーム設定 > 独自ドメインメール」

チームの設定画面から「独自ドメインメール」を選択します。

次に、「メール独自ドメイン設定 ON」にチェックを入れ、
「独自ドメイン」に利用したいドメインを入力してください。

最後に、「更新する」のクリックを忘れないようにしましょう。

DNSの設定方法

「①ドメインの設定」を終えると、「②DNS設定」3つのDNSレコードが表示されます。

このレコードにはアンダースコアが含まれますので、
DNS設定を行う際には、
アンダースコア付きのDNS設定が利用可能なサービスをご利用ください。
(お名前.comやAWS Route53など)

事項では、DNSを設定できるサービスの管理画面内で、
formrun設定画面内に記載された3つのDNSレコードの登録を行います。

お名前.comの場合

お名前.comにログインしていただき、「ドメイン設定」タブを開いてください。

次に、左メニューから「DNS関連機能の設定」を選択し、
ドメイン名を確認後、「次へ」をクリックしてください。

画面下部にある「DNSレコード設定を利用する」の「設定する」をクリックします。

その後、formrunの設定画面に表示されていたHOST名を3つ追加してください。

状態が「有効」になっていることを確認したら、
ページ下部にある「確認画面へ進む」をクリックします。


formrunの「独自ドメインメール」設定画面に戻り、
「DNSの再チェック」を行ってください。

チェックマークがついたら、
独自ドメインメールを利用したいフォームの「フォーム設定」にいきましょう。

チェックマークがつかない場合は、
DNSサービスでの設定を再度、ご確認ください。

なお、現在ご利用の独自ドメインを用いたメールアドレスが、
既に同様の名前で登録済みの場合、formrunでは利用できません。

その場合は、サブドメインを新たに作成の上、
設定してください。

AWS Route53の場合

AWS Route53の画面に移動したら、DNSレコード設定画面に移動しましょう。

左メニューより「ホストゾーン」を選択し、
DNSレコードを追加したいドメインを選択してください。

「レコードセットの作成」をクリックすると、
右側に「レコードセットの編集」画面が出てくるので、
編集画面に
名前:左画面で指定されたもの
タイプ:CNAME
値:左画面で指定されたもの
を入力したら、「レコードセットの保存」をし、
これを3つ分行なってください。

formrunの「独自ドメインメール」設定画面に戻り、
「DNS設定の再チェック」を行ってください。

チェックマークがついたら、
独自ドメインメールを利用したいフォームの「フォーム設定」にいきましょう。

チェックマークがつかない場合は、
DNSサービスでの設定を再度ご確認ください。

なお、現在ご利用の独自ドメインを用いたメールアドレスが、
既に同様の名前で登録済みの場合、formrunでは利用できません。

その場合はサブドメインを新たに作成の上、設定してください。

独自メールアドレスの設定方法

設定 > メール送受信

チーム設定より、独自ドメイン・DNSの登録が完了すると、
フォーム設定より、独自ドメインメールアドレスを設定できるようになります。

独自ドメインメールアドレスを利用したいフォームの
「設定>メール送受信>送信元アドレス」から
「独自メールアドレスを利用」にチェックを入れてください。

その後、利用したいメールアドレスを入力し、
最後に「更新する」を忘れずにクリックするようにしましょう。

これで独自ドメインメールアドレスを利用できるようになります。

取り込み用メールの設定について

独自ドメインメールアドレスを利用して、エンドユーザーとメールを送受信する際には、
取り込み用メールアドレスの設定が必要となります。

独自ドメインメールアドレスがGmailなどで受信できるかを確認し、リダイレクト転送を設定してください。

取り込み用メールアドレスの設定については、
また改めて別の記事で説明させていただきます。

まとめ:独自ドメインメールアドレスを設定して、エンドユーザーに安心感を!

formrunの独自ドメインメールアドレスの設定方法、DNS登録方法について、ご理解いただけましたでしょうか。

独自ドメインメールアドレスを設定することで、エンドユーザーに企業・ブランドの一貫性を伝えられるので、お問い合わせフォームや採用フォームとしてご利用の方は、ぜひ活用してみてください。