ユーザー会の企画後2週間で集客をするために別サービスからformrunに切り替えた3つの理由ー株式会社イルグルム

導入事例集

「データとテクノロジーによって、売り手と買い手の幸せをつくる企業になる。」をビジョンに掲げ、企業のマーケティング活動の支援を行なっている株式会社イルグルム

同社はマーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス(AD EBiS)」を運営。広告の効果測定からコンテンツマーケティングや動画広告まで、年間360億を超えるユーザー接触ログをはじめとするマーケティングデータを企業が正確に把握できるようにし、適切な分析を実現するお手伝いをしています。

今回は、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」、プロモーション部のマネージャーとしてformrunをご活用いただいている加嶋様、須賀様にお話を伺いました。

 

事業内容マーケティング効果測定プラットフォーム
「アドエビス」の運営
主な用途ユーザー会の集客
利用プランSTARTERプラン

現在、どのような用途でformrunをご利用されていますか。

加嶋様:株式会社イルグルムが運営しているアドエビスでは、2019年2月より月に1~3回ユーザー会を開催しており、その集客フォームとしてformrunを活用しています。

formrunを導入した背景について教えてください。

加嶋様とにかく、スピーディーにフォームを作成・管理したかったからです。

導入当時、アドエビスのユーザー会は、他業務も兼務しながら1~2名という少人数体制で運営していたため、ユーザー会の企画から集客にあてられる時間がありませんでした。

企画後すぐにユーザー会を実施するサイクルだったため、集客までの準備期間は1週間程度と限られていました。集客開始後、ユーザー会に申し込まれた方々に適切なコミュニケーションを行うためには、フォーム作成の手軽さと、社内でのコミュニケーションコスト・管理コストを抑えることが重要だと考えていました。

formrunには無料でフォームを作成・管理できるFREEプランがあるため、実際に使用感を確かめてみたところ、フォームを簡単に作成することができ、コミュニケーションコストや管理コストを抑えられると判断できました。そのため、formrunを導入することに決めました。

ありがとうございます。現在はSTARTERプラン(有料プラン)をご利用いただいていますが、有料プランに変更したきっかけは何ですか?

須賀様:フォーム作成数の上限を超えたためです。

無料でformrunを利用できるFREEプランの場合、フォームは3つまでしか作成できません。しかし、アドエビスでは毎月1〜3回のユーザー会を行なっており、すぐにフォーム作成数の上限を超えたため、フォームを3つ以上作成できる有料プランに変更しました。

formrunの有料プランであるSTARTERプランは月額4,980円(税抜)です。月額10,000円を超えず、かなりライトな料金だったため、formrunの導入に対するハードルは低かったです。

formrunを導入する以前は、他のフォームも検討されていましたか?

加嶋様はい、formrunを導入する前はGoogle フォームを利用していました。

実際にGoogle フォームを利用していた際は、以下の3つの課題を感じていました。それは、

  • 初期設定では、公開範囲が自社ドメインのGoogle アカウントを持っている人に限定される点
  • ユーザーへの対応状況を確認できない点
  • スクリプトを書かなければ自動返信メールの作成が難しい点

です。

当社の場合、Google フォームのデフォルトの設定では、基本的にフォームの公開範囲が自社ドメインのGoogle アカウントを持っている人に限定されます。

ユーザー会は多種多様な企業の方に参加していただきたいイベントです。そのため、ドメイン外でのユーザーでもフォームにアクセスできるように毎回設定を変更する必要があり、運用の面でストレスを感じていました。

また、Google フォームでは株式会社イルグルムから各ユーザー様に対し、「いつ/どんなメールを送信したか」を確認しにくい状況でした。そのため、ユーザー様からのアクションを確認する手間が生じていました。

さらにGoogle フォームで自動返信メールを行う場合、スクリプトを作成する必要があり、開発メンバーと綿密に連携を取る必要もありました。

限られた準備時間でユーザー会を成功させるために、一刻でも早くフォームを作成し、集客を行いたい私たちとしては、公開範囲を誤るリスク・進捗管理コスト・社内でのコミュニケーションコストを、できるだけ減らしたいと考えていました。

formrunでは初期設定で公開範囲が自社ドメインに限定されることがなく、ステータス画面を確認することで円滑な進捗管理ができます。また、自動返信メールも簡単に設定できるため、ストレスなく使わせていただいています。

良かったです!特にお気に入りの点はありますか?

須賀様:formrunを使うと、チームメンバーとのコミュニケーションコストを低く抑えられる点です。特に、

  • フォーム作成時
  • ステータス管理時

に立ち止まる時間が減ったと感じています。

formrunではフォーム作成時に、テンプレート選択画面が表示されます。「イベント・セミナーのお申し込み」フォームもあるため、集客に必要な項目を一から考えずに済みました。

テンプレート選択画面

テンプレート選択画面

また、初めてユーザー会の集客フォームを作成するときは、私たちがフォームを作成していましたが、formrunでは簡単にフォームを作成できるため、現在は1週間程度で社員以外のメンバーにフォームの作成を任せることができるようになりました。

特に社員のメンバーがフォームの作成方法を教えなくても、以前作成したフォームを参考に、1時間程度で社員以外のメンバーがフォーム作成してくれるため、その1時間を使って私たちは別の仕事に注力することができます。

アドエビスのユーザー会では、

  • ユーザー会前の連絡
  • キャンセル者の把握

などの準備が必要です。formrunではステータスに合わせて進捗を管理できるため、私がボード画面を見るだけで進捗を確認することができ、別の社員から進捗を報告してもらう時間も削減できます。

わずかな手間がユーザー会の進捗度合いを左右するため、コミュニケーションコストが低いformrunは大変便利に利用させていただいています。

お役に立てて嬉しいです!最後に、どんな方にformrunの活用を進めたいですか。

加嶋様プロジェクトがまだ軌道に乗っていない部署の方にお薦めします。

プロジェクトを立ち上げたばかりの頃は、プロジェクトを早く進める必要があり、不必要な作業コストを抑えたいはずです。

formrunを使うと、マニュアルを見なくても簡単かつ素早くフォームを作成できるうえに、進捗管理のコスト、チーム内でのコミュニケーションコストも、それぞれ削減できます。そのため、今すぐにでもフォームを作成し、プロジェクトを早く軌道に乗せたい企業様は、formrunを活用してみてはいかがでしょうか?

株式会社イルグルム プロモーション部部長 加嶋 美穂様
株式会社イルグルムに新卒で入社以降、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」の営業・サポート経て、直近はカスタマーサクセスチームでユーザー会の開催や事例作りなどに携わる。
2019年9月からプロモーション部のマネージャーとしてアドエビスのマーケティング施策に企画立案・実行を担う。

株式会社イルグルム プロモーション部 須賀 晶子様
前職ではマスコミ業界にて雑誌の編集業務を担当。2015年に異業種の株式会社イルグルムへ入社。
入社後、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」のサポートセンター・カスタマーサクセスを経て2019年9月よりプロモーション部へ移動。現在はWEB広告・事例作成を担当。