問い合わせフォームをformrunで運用しよう!

フォーム用途

formrunはさまざまなフォームを簡単に作成し、そしてスムーズに運用していくためのツールです。

この記事では、formrunを使って問い合わせフォームを作成・運用する際に、ぜひ活用してほしい機能を紹介します。

通知設定・チャットツールとの連携ですばやく顧客対応

Slack連携

新規の問い合わせを受信した際に通知を受け取り、対応漏れを防ぐことができます。

メールアドレスを設定すると、受け取った内容が任意のメールアドレスに転送されます。

メールでの通知の他、SlackやChatworkとの連携も可能です。

チャットツールと連携することで、すばやく問い合わせへの対応方針を決め、リアルタイムでチームに共有することができます。

通知の設定方法はこちら

formrun上から直接お問い合わせに返信可能

問い合わせへの返信

問い合わせに対して、メールアドレスと問い合わせ内容をコピーし、1件ずつ返信していませんか?
formrunでは、受け取ったメールにformrunの管理画面から直接返信を送ることができます。

また、フォームごとに複数の返信テンプレートを用意できるため、
よくある問い合わせに対してすばやく対応することができます。

ボードで対応状況を可視化

ボード画面

問い合わせ対応業務が属人化して、ほかの人には状況がわからなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。

formrunでは、ボード機能を活用することですべての問い合わせ対応の状況を可視化することができます。

ボード上では、問い合わせが1件ごとに「カード」として表示されます。

カードにはステータスを設定することができ、ひと目で対応状況が把握できます。

「未対応」「対応中」などがデフォルトで設定されていますが、自由に追加・削除が可能です。

自社の状況に合わせて必要なステータスを用意しましょう。

問い合わせ内容をリスト表示/データを外部出力

リスト画面

ボード表示のほかに、リストでの表示もできます。

有料プランでは、データをCSV形式で出力することや、Googleスプレッドシートと連携することも可能です。

データエクスポートの詳細はこちら

まとめ

formrunを活用すると、“チーム”で問い合わせに対応することが可能となります。

ご活用いただき、円滑な業務進行のお手伝いができればと思います。

無料プランからご用意がありますので、まずはぜひ一度お試しください!