無料から使えるマーケティングオートメーション(MA)ツールBowNow(バウナウ)!使い方と機能を解説

マーケティング

自社のマーケティングを効率化するために導入する企業が増えているマーケティングオートメーション(以下MA)ツールですが、高額なツールも多い中で「できるだけ費用を抑えて使ってみたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、無料から使えるおすすめのMAツールとして「BowNow(バウナウ)」を紹介します。
そのほかにも代表的なMAについて、機能や特徴などを詳しく解説しますので、ぜひツール選びの参考にしてみてください。

マーケティングオートメーション(MA)ツールとは

業務を自動化するツールです。「Marketing Automation」の頭文字から、略してMAツールとも呼ばれています。

マーケティング活動には、

  1. 見込み顧客を集めること(=リードジェネレーション)
  2. 見込み顧客を育てること(=リードナーチャリング)
  3. 見込み顧客を選別すること(=リードクオリフィケーション)

の大きく3つのプロセスがあり、獲得した見込み顧客の中から購買意欲の高い見込み顧客(ホットリード)を営業へ渡すという役割があります。

その役割を果たすためには、見込み顧客の興味や関心、行動に合ったコンテンツを最適なタイミング、最適なチャンネルで提供することが必要なのですが、これら全てを実行するには膨大な時間を要するので、完璧にこなすのは難しいのが現実です。

そこで、集客や販売促進、顧客管理、分析など、特に時間や手間のかかるマーケティング業務を自動化して効率を上げるために開発されたのが、MAツールなのです。

MAの基本機能

MAツールによって異なりますが、基本的な機能は以下の通りです。

  • リード管理:リードの情報を一元管理する
  • シナリオ作成:どのようなリードにどのタイミングでどの施策を行うかを設定する
  • スコアリング:どの程度の見込みがあるのかをリードごとに採点する
  • メール配信:一斉配信やステップメール配信など行う
  • Webページ作成:ランディングページやフォームページなどを作成する
  • 分析・レポーティング:施策の効果検証やリード分析などを行う
  • SNSマーケティング:SNS運用や施策管理を行う
  • システム連携:SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)との連携

マーケティング業務の全てではなく、一部を自動化できるツールであることを覚えておきましょう。

MAの導入効果

MAツールを導入することで得られる効果として、「業務効率化」、「施策成果の可視化・向上」、「収益の向上」が挙げられます。

先述したように、MAツールは時間や手間のかかる作業を自動化することで、業務の効率を上げることが可能です。

また、広告やメール配信など、リード獲得・育成のための施策成果を簡単に可視化することができるので、より効果的な施策を打てるようになります。

そして、獲得したリードのあらゆる情報を管理しているMAツールを活用することで、営業がそれぞれのリードに対して最適なアプローチができるので、収益向上にもつながるのです。

無料で使えるMAツールBowNow(バウナウ)について

ここからは、無料で使えるMAツール「BowNow(バウナウ)」について紹介します。

BowNow(バウナウ)とは

BowNow(バウナウ)とは、Webサイトや広告、展示会、過去訪問などを効率的に商談につなげるためのMAツールです。

テンプレートに沿ってアプローチをするだけで、リードナーチャリングができます。
マーケターと営業の両者が共通認識を持ち、リードにとって最適なタイミングでピンポイントにアプローチをすることが可能になるので、効率的にマーケティング施策の成果を出すことが可能です。

BowNowは、導入費用が高い、機能が複雑で使いこなせそうにないなどの理由でこれまで導入に踏み切れなかった企業のために、厳選した機能、直感的な操作性にこだわって開発されました。

シンプルで使いやすいMAツールとして、これまでに2,450社以上の様々な規模や業種の企業で導入されています。

BowNowの機能と特徴

BowNowの無料版では、以下のような機能が利用できます。

機能 詳細
フォーム作成・管理 お問い合わせフォーム、会員登録フォーム、ダウンロードフォームなどの作成・管理
リード登録・管理 リード情報の登録・管理(一括または個別で登録可能)
ABMテンプレート リード育成活動の進捗管理(グラフ化も可能)
条件抽出 アクションや管理情報などでの条件検索
企業情報の自動分析 抽出条件を自動で管理情報や企業情報ごとにグラフ化
企業ごとのUU閲覧 ユーザーの総セッション、UUの一覧表示
サイト閲覧者の企業名を自動表示 企業名・規模・業種・従業員数・売上などの情報を自動表示
個別ログ管理 個人ごとのCVやページへのアクセス、滞在時間などのログ管理
名寄せ リードや企業の名寄せ
営業ダッシュボード 営業担当者の保有案件管理

BowNowは、「スコアリング」と「シナリオ設計」の機能をあえて搭載していません。
それは、価格が高くなってしまうだけでなく、搭載されていても使いこなすことが難しいと感じている企業が多いからです。

実際に、スコアリングでは複雑な設定が必要なのにも関わらず、同一人物が同じ行動を複数回してもホットリードと判定されてしまうなど、結果に偏りが出ることがあります。

BowNowは、特定のステータスで設定した行動をクリアした場合にホットリードと判定するABM(アカウント・ベースドマーケティング)の概念を取り入れることで、スコアリングより精度の高いホットリードの見極めを可能にしています。
また、ABMの概念をテンプレート化することでステータスごとの最適なアクションが明確になり、効果的なリード育成が実現可能です。

他社ツールとの違い

BowNowと他社ツールにはどのような違いがあるのか、以下の表にまとめてみました。

ツール名 BowNow List Finder HubSpot Marketo
対象 BtoB BtoB BtoB BtoB、BtoC
企業規模 中小企業 中小、中堅企業 中小、中堅企業 規模問わず
導入実績 2,450社 1,200アカウント 56,500社 6,000社
提供形態 クラウド クラウド クラウド クラウド
初期費用 0円~ 100,000円 0円~ 非公開
月額費用 0円~ 39,800円~ 0円~ 非公開
無料プラン有無 ×
※20日間の無料トライアルあり
×
多言語対応 一部対応 一部対応 対応(6言語) 対応
機能 ダッシュボード(ABMテンプレート)、フォーム作成・管理、リード登録・管理など フォーム作成・管理、リード登録・管理、メール配信、アクセス解析、スコアリングなど フォーム作成・管理、コンタクト管理、広告管理、メール配信、Webチャット キャンペーンの作成・自動化、メール配信、Web広告、ABMなど
特徴 リード育成を即実践できるABMテンプレート機能を搭載 初めてでも使いこなせる簡単な操作性 インバウンドマーケティングに特化 リードナーチャリング、スコアリングROI(投資利益率)解析機能に優れている
導入・運用サポート

BowNowの使い方

BowNowの無料版に搭載されている機能の使い方を紹介します。

アカウントを発行する

まず、公式サイトのトップページにある【無料でお試しする】または【まずは無料でお試しする】をクリックします。

表示されたページでメールアドレスを入力し、【アカウント発行(無料)】をクリックします。

次のページで必要事項を入力し、【同意して始める】をクリックすると登録したアドレスにBowNowから「ライセンス仮登録のお知らせ」というメールが届くので、中に記載されてあるURLをクリックすると本登録が完了します。

本登録が完了すると、「ライセンス登録のお知らせ」というメールが届くので、ライセンスアカウント情報に記載されている上記のログイン画面にIDとパスワードを入力して【ログイン】をクリックするとログイン完了です。

トラッキングコードを登録する

トラッキングコードの登録はBowNowの初期設定にあたるもので、登録することでフォーム作成やリード管理機能などが利用できるようになります。

ログイン後、まずはトラッキングコードの登録画面が表示されるので、トラッキングコード名を入力し、その他の詳細を設定して【登録】をクリックすると登録できます。

サイト設定は【+】ボタンをクリックすると上記画面が立ち上がるので、サイトURLとサイト名を入力して【登録】をクリックします。
トラッキングコード名の入力とサイト設定は必須ですが、その他のメール配信グループ設定やステータス設定、タグ設定などはデフォルトで入っており、そのまま登録することも可能です。

登録が完了すると、システム設定の画面にトラッキングコード一覧が表示されます。

【トラッキングID】をクリックして表示されるトラッキングコードをWebサイトに埋め込むことで、計測が可能になります。

フォームを作成する

BowNowの無料版では、「通常フォーム」と「会員登録フォーム」を作成できます。

フォームを作成するには、左側にあるメニューの上から4つ目(えんぴつマーク)の【フォーム・ファイル】にマウスのカーソルを当てて表示されたメニューの中から、【フォームを登録する】をクリックします。

通常フォーム作成では【基本情報】【項目設定】【詳細設定】の登録が必要で、各項目に入力または選択によって設定していきます。
右側に表示されているプレビューを確認後、【登録】をクリックするとフォーム作成完了です。

会員登録フォームは、通常フォームと同じ作成画面の基本情報ページ、「会員登録を行う」の項目でスライド式のボタンを【ONに変える】と作成できます。
【基本情報】【項目設定】【詳細設定】に加えて、【ログイン画面設定】の登録が必要です。

各項目を埋めたら、右側に表示されているプレビューを確認後、【登録】をクリックするとフォーム完成です。

作成したフォームの一覧で【フォームID名】をクリックするとポップアップで反映用のコードが表示されるので、コピーをしてWebサイトに埋め込めれば設置完了です。

リードを管理する

BowNowは、リードを管理する機能を搭載しています。

具体的には、

  • リードを探す
  • サイト状況を見る
  • リードを登録する
  • リードを一括登録する

の4つです。

左側にあるメニューの上から2つ目(人のマーク)にカーソルを当てて表示されるメニューから使いたい機能を選びます。

リードを探す

BowNowに登録したリードを探す機能です。

左側にある検索条件でリードを抽出し、確認することができます。
検索結果には、設定した検索条件とリードのステータスを軸にした一覧表(リードステータス分布)が表示されます。
また、【歯車のマーク】からグラフ表示に切り替えることも可能です。

サイト状況を見る

サイト状況を見る機能では、BowNowで作成したトラッキングコードを埋め込んだWebサイト上でのユーザーの活動状況を確認することができます。

氏名や会社・組織名など、抽出したい条件を設定し検索すると、アクション日時や氏名、会社・組織名、アクションの内容などの情報が一覧で表示されます。
検索結果は、CSVデータでダウンロードすることも可能です。

リードを登録する

BowNowで管理したいリード情報を新規登録する機能です。

各項目に入力またはプルダウンから選択後、【登録】をクリックすると完了です。
リードの情報以外に、メール配信のステータスと管理情報も同時に登録できます。

リードを一括登録する

BowNowには、リード情報を一括登録できる機能も搭載されています。

新規登録または更新のどちらかを選び、【次へ】をクリック。登録したいCSVファイルを選択してインポートすれば完了です。
インポート完了時には新規登録や上書き登録、エラー件数が表示されます。また、エラーの詳細も確認できるので、エラー発生時の対応もスムーズです。

企業を管理する

BowNowは、企業情報の管理も可能です。

具体的には、

  • 企業を探す
  • 企業を登録する

の2つがあります。

左側にあるメニューの3つ目(ビルのマーク)にカーソルを当てて表示されるメニューから使いたい機能を選びます

企業を探す

BowNowに登録した企業情報を探す機能です。

リード管理と同様、左側にある検索条件で企業情報を抽出することが可能です。
検索条件にヒットした企業の分布が、棒グラフや円グラフで表示されます。

企業を登録する

BowNowで管理したい企業情報を新規登録する機能です。

各項目に入力またはプルダウンから選択後、【登録】をクリックすると完了です。
企業の基本情報以外に、組織情報や業種分類、管理情報を登録することができます。

データを分析する

BowNowは、条件抽出や企業情報の自動分析、個別ログ管理など、分析に役立つ機能が多数搭載されています。
中でも、ダッシュボード機能では以下の項目を一覧や表で確認できるので分析に活用しやすいです。

  • リードのステータス分布(ABMテンプレートを搭載)
  • ユーザーファネル(メール情報あり、集計期間中にアクションありのリード数を表示)
  • フォームコンバージョンしたリード数
  • 企業分布
  • 1ヶ月のPV数

左側にあるメニューの一番上(メーターのマーク)にあり、BowNowへのログイン時に表示されます。
リードや企業、Webサイトの状況をひと目で把握できる、視覚的にわかりやすい仕様となっているので、分析もスムーズに行えるでしょう。

BowNowの利用料金

BowNowの利用料金を紹介します。
無料版と有料版があり、有料版は3つのプランに分かれています。

料金表

プラン名/料金 フリー エントリー ライト スタンダード
月額費用 0円 5,000円 20,000円 30,000円

無料と有料の違い

BowNowの無料版と有料版の違いは、利用できる機能や容量、最低利用期間です。

フリープランに関しては、ログを残せる期間が短く、メール配信機能が利用できないなどの制限がありますが、最低利用期間が設定されていないので、ずっと無料で利用できます。

エントリー、ライト、スタンダードプランの順に、管理できるリードや作成可能なWebフォームなどの数が増えるので、企業規模や利用目的などによって選びましょう。

機能/プラン名 フリー エントリー ライト スタンダード
リード数 1,000 1,000 3,000 5,000
PV数 ~50,000まで ~50,000まで ~50,000まで ~50,000まで
企業ログ
※1ヶ月間

※2年間

※2年間

※2年間
ユーザーログ
※1ヶ月間

※2年間

※2年間

※2年間
メール配信 × ×
Webフォーム 1フォーム 1フォーム 無制限 無制限
登録ドメイン数 1ドメイン 1ドメイン 無制限 無制限
認証ファイル登録 100MB 100MB 1GB 1GB
最低利用期間 なし 1年間 1年間 1年間

まとめ:MAツールの導入を検討するならまずトライアルを!

BowNowは無料から利用できるにも関わらず、必要な機能が揃っているMAツールです。

導入や運用のしやすさをとことん重視しているので、これまでなかなか導入に踏み切れずにいた企業にとっても気軽に利用できるMAツールだと言えるのではないでしょうか。
検討にあたってはまず無料トライアルからはじめてみてください。

また、BowNowにはマニュアルサイトもあり、初期設定から各機能の操作方法までが詳しく掲載されています。
動画マニュアルも用意されているので、操作時に困った場合はそちらも併せて活用しましょう。