無料もあり!応募フォーム・申し込みフォームのおすすめツール11選

マーケティング

応募や申し込みと言えばかつては電話やハガキが主流でしたが、最近ではWebの応募フォームや申し込みフォームを利用している企業も増えてきました。

Webで作成する応募フォーム・申し込みフォームには、

  • 電話対応に時間を割かなくて済む
  • 応募者の入力ミスや重複応募を防げる
  • 応募受付の期間や人数を明確に定められる
  • 回答結果をまとめやすい
  • 応募者をメルマガ会員として登録できるため販促にも利用できる

といったメリットがあり、業務効率化だけでなくマーケティングの面から見てもぜひ利用したいコンタクト手段です。

そこで本記事では、応募フォーム・申し込みフォームを作成する前に知っておきたい情報をまとめました。応募数や申込数を増やすための押さえておくべきポイントや応募フォーム・申し込みフォーム作りに効果的なツールが知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

応募フォーム・申し込みフォームのツールとは?

応募フォームとは、キャンペーンやアンケート、資料請求、問い合わせなどで利用するフォームが作成できるツールのことです。

ツールを用いて何ができるのか、どんなメリットがあるのか解説します。

フォームを簡単に作成できる

コーディングやデザインの知識がなくても簡単にフォームが作成できます。

用途に合わせて複数のテンプレートが用意されており、必要項目の入力と、ドラッグ&ドロップの操作だけでフォームが完成します。また、URLは自動生成されるため、ホームページに埋め込んだり、QRコード化して配布も可能です。

業務を効率化できる

フォームに入力された情報は、自動的に収集・管理されるため、業務の効率化につなげられます。

例えば、イベントの申し込みを受け付ける場合、受付期限や人数の上限を設けておけば、電話やメールの応対に時間を割く必要はありません。また、あらかじめ入力項目や選択肢を決めておけるので、人的ミスが減り、確認作業も短縮できます。

蓄積したデータはグラフで視覚的に表現でき、分析結果はサービスの改善やメルマガ配信などマーケティングに活用できます。

様々な用途に使える

フォームは様々な用途に使えますが、代表的なフォームツールの用途は「キャンペーン応募フォーム」「イベント申し込みフォーム」「求人応募フォーム」です。

キャンペーン応募フォームは、自動集計機能やグラフ機能を搭載しているツールがよいです。リアルタイムで集計できるため、効果検証しながら施策が打てます。また、流入経路の比率で、次回注力すべき広告媒体がはっきりします。

イベント申し込みフォームは、自動返信メールやリマインドメールを設定することで、イベント参加率を高められます。また顧客管理機能が充実しているツールを選ぶと、参加人数や遅刻、キャンセル状況などが明確になり、当日の準備がスムーズに進みます。

求人応募フォームは、ファイル添付機能のあるツールがおすすめ。事前に知っておきたい設問の設定に加え、履歴書や職務経歴書もチェックできます。媒体経由に比べて、コストやスピード面で有利です。

応募フォーム・申し込みフォームの作成方法

応募フォームや申し込みフォームを作成するには、HTMLなどのコードを用いて作成する方法、WordPressのプラグインを利用する方法、フォーム作成ツールを使う方法の3つが挙げられます。
それぞれどういった特徴があるのか見ていきましょう。

HTMLなどコードを用いて作成する

サイト制作に関する知識があれば、HTMLやCSSなどのコードを用いて作成することができます。

応募フォームや申し込みフォーム入力ページ・入力した内容を見直す「送信前確認ページ」・送信後の「完了ページの3つに分かれるので、ページごとにコーディングしなければなりません。また、一から自分で作成するには自由度の高いカスタマイズが可能ですが、理想のフォームに近づけるためには専門的な知識が必要です。

「急いで応募フォームを作らなくてはいけない」「申し込みフォームの条件分岐をちゃんと作れるか不安だ」というときには、別の選択肢を検討すると良いでしょう。

WordPressのプラグインを利用する

サイトやブログを作成できる「WordPress」を利用しているのであれば、プラグインを使ってフォームを作成・設置することができます。

プラグインとはWordPressの機能を増やすことができる拡張機能のことで、「Jetpack Contact Form」や「Contact Form 7」などフォーム作成に役立つプラグインが多数提供されています。

WordPressは多くの方が利用しているため、プラグインを用いたフォームの作成方法や設置方法も簡単に調べることができます。もちろんある程度の知識は必要となりますが、WordPress内で業務を完結させたい場合にはプラグインを利用するのが一般的です。

フォーム作成ツールを利用する

フォーム作成ツールは無料で利用できるものもあり、機能も豊富に揃っています。EFO(エントリーフォーム最適化)機能や顧客管理機能、自動集計機能など様々な機能があるので、フォーム作成者の作業を円滑に進めてくれるでしょう。

また、ツールによってはGoogleアナリティクスと連携して応募フォームの分析に役立てることも可能です。「応募に至らなかった原因は何か」を探ることで、より効果的なフォームを作成できます。

無料で応募フォーム・申し込みフォームを作成できるツール8選

無料で利用できるフォーム作成ツールも数多くあるため、「どれを選べばいいのかわからない…」という方もいることでしょう。こちらでは、応募フォーム・申し込みフォームとしての利用におすすめの無料クラウド型ツールを8つピックアップしています。それぞれ異なる特色があるので、目的に合ったツールをお選びください。

formrun(フォームラン)

formrun(フォームラン)

https://form.run/ja

formrun(フォームラン)は弊社が提供しているメールフォーム作成ツールです。

リアルタイムバリデーション機能や住所補完機能など応募者の入力をサポートする機能も搭載しているため、入力の負担を軽減させることができます。

また、顧客管理として利用できることも大きな特徴です。「新着」「対応中」「〇日参加予定」など任意のステータスを設けて応募者の状況をカンバン方式で直感的に整理できたり、formrunから応募者に直接メールができたり、SlackやChatworkと連携できたりと、スピーディーな対応を実現する機能が揃っています。

有料プランではチームでの利用も可能なので、「応募者の対応漏れを無くしたい」「関係者全員で案件の状況を把握したい」といった要望があれば有料プランを検討してみるのも良いでしょう。

>>formrunのプランについて詳しく見る

Googleフォーム

https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

GoogleフォームはGoogleの提供するメールフォーム作成ツールです。

フォーム作成が簡単なだけでなく、回答結果の自動集計・グラフ化も可能なので、作成から分析までスムーズにつなげることができます。

イベント参加申し込みやパーティーの招待状など、応募フォームや申し込みフォームとして利用できるテンプレートもあるので、そちらを使えばスムーズにフォーム作成が進められるでしょう。

ただし、Googleフォームはデザインがシンプルだったり、住所補間機能がなかったりと、ビジネスで利用する場合には使いづらいことも考えられます。飲み会やイベントなど友人間や社内のみなどを対象とした応募フォームとしては便利なので、使用目的に応じて選択するのが良いでしょう。

>>初心者におすすめ!簡単にアンケート作成ができるGoogleフォームの使い方

Tayori(タヨリ)

https://tayori.com/

Tayori(タヨリ)は株式会社PR TIMESが提供するカスタマーサポートツールです。

メールフォームとFAQ(よくある質問)が連動でき、作成したFAQをフォームと同時に表示することが可能です。

応募者からの問い合わせが多い質問に対して回答を用意しておくことで、応募者が回答を待つ時間を減らせるだけでなく、作成者が同じ質問に回答する手間を削減することにもつながるでしょう。

また、Tayoriはイベント申し込みフォームや採用フォームなどのテンプレートも用意されています。操作も簡単なので、急いでフォームを作成する必要があるときなどに利用するのもおすすめです。

>>カスタマーサポートツールに最適!フォーム作成もできるTayoriの機能と特徴を解説

formzu(フォームズ)

フォームズ(formzu)

https://www.formzu.com/

formzu(フォームズ)はフォームズ株式会社が運営するメールフォーム作成ツールです。

メールアドレスを登録するだけで、お問い合わせや宿泊予約、セミナー申し込みフォームなど幅広いジャンルのフォームを作成できます。新規作成画面には丁寧なガイドがついているので、誰でも簡単に操作することができます。

利用者の要望を反映した使いやすいUIが特徴的で、Googleアナリティクスによるアクセス解析や公開期間設定などの機能も充実しています。フォームはSSL通信によって保護されているため、個人情報を守りながらフォームを運用できます。

無料プランの設定項目数は最大12項目、商品注文機能は最大10商品です。フォーム作成数に制限がないため、コストをかけずにシンプルなフォームをたくさん作成したいときにおすすめです。

>>formzu(フォームズ)の機能と使い方を解説|無料でもフォーム作成数無制限

Conference ER (コンフェレンス イー・アール)

http://www.conference-er.com/

Conference ER (コンフェレンス イー・アール)は株式会社 勘助の提供するフォーム作成・データ管理システムです。

定期的に開催されるイベントに関しては、複製機能を利用することで簡単にフォームを用意できるため便利です。

また、有料プランのみの機能ではありますが、メールの一斉送信や応募者の検索機能など、イベント集客・運営に効果的な機能が多数搭載されており、業務効率化に貢献します。ビジネスプランやエンタープライズプランでは、バーコードによる受付も可能となるため、受付混雑の緩和にもつながるでしょう。

SELECTTYPE(セレクトタイプ)

https://select-type.com/

SELECTTYPE(セレクトタイプ)とは株式会社セレクトタイプが提供しているホームページ・フォーム作成ツールです。

フォームの項目数や作成可能数は限られていますが、メールフォーム以外にカレンダーでの表示ができる予約フォームやイベント用の特設ページも作成できるという特徴があります。

また、メールフォームには求人応募受付や予約受付のテンプレートがあり、デザイン性に優れたフォームを簡単に作成できます。予約フォームに至っては習い事教室やいちご狩り、会社説明会など、細かいジャンルに分かれたテンプレートが用意されているため、目的に合ったフォームを見つけやすいでしょう。

セキュアフォーム(SECURE FORM)

SECURE FORM(セキュアフォーム)

https://www.secure-cloud.jp/sf/

セキュアフォーム(SECURE FORM)は、株式会社イー・ネットワークスが提供するフォーム作成サービスです。

資料請求や見積もり依頼に便利なお問い合わせフォームや、ラジオボタン・プルダウン・チェックボックスなどの回答形式が選べるアンケートフォームなど、機能やデザインが充実しています。

標準でSSL暗号化通信に対応しているため、個人情報を取り扱う際にも安心です。無料プランのフォーム作成数は最大3つ、項目は8つまで設定できます。背景素材は130以上用意されており、ドラッグ&ドロップで簡単にパーツを配置できます。

>>ドラッグ&ドロップで簡単フォーム作成!セキュアフォーム(secureform)の機能と特徴を解説

Contact Form7

Contact Form 7

https://ja.wordpress.org/plugins/contact-form-7/

Contact form7は、Wordpress上に問い合わせフォームを設置するプラグインです。WordPressでサイトを作っているときに利用できます。

WordPressの管理画面からContact form7をインストールし、基本の設定後にショートコードを埋め込むだけでフォームの設置が完了します。ドロップダウンやメニューの設定、自動返信メールやサンクスページなど、操作一つで簡単にフォームのアレンジができます。

人気の高いプラグインのため、ネット上にノウハウがあり、FAQサイトや質問窓口など、不明点を解決できる環境が充実しているのも特徴です。

>>Contact Form 7の基本と使い方まとめ|WordPressに問い合わせフォームを設置しよう

有料の応募フォーム・申し込みフォームを作成できるツール3選

有料のフォーム作成ツールは、データ分析や顧客管理機能が充実しています。蓄積したデータをマーケティング施策に最大限活用するなら、有料ツールの導入も検討してみてください。ここでは、代表的なクラウド型ツールを3つをピックアップして紹介します。

Qubo REQUEST(キューボリクエスト)

Qubo REQUEST(キューボ リクエスト)

https://www.qubo.jp/request/

Qubo REQUEST(キューボリクエスト)は、株式会社アーティスが提供するフォーム作成ツールです。

SSL暗号化通信とスマートフォン対応のレスポンシブWebデザインを採用、豊富な機能と使い勝手の良さが特徴です。お問い合わせや申し込み受付に特化した「REQUEST(リクエスト)」と、アンケートや調査に特化した「SURVEY(サーベイ)」の2つを展開しています。

料金プランは「Basic」「Pro」「Business」の3種類、初期費用不要、応募数無制限です。単月契約(1ヵ月2,500円~)もできるので、短期間のキャンペーンやイベント企画に合わせて気軽に導入できます。

FormBridge(フォームブリッジ)

FormBridge(フォームブリッジ)

https://fb.kintoneapp.com/

FormBridge(フォームブリッジ)は、トヨクモ株式会社が提供するフォーム作成ツールです。

サイボウズ株式会社の業務改善プラットフォーム「kintone(キントーン)」と連携しているので、すでに本製品を導入済みの企業にとっては、使いやすいでしょう。

kintoneアプリのURLをコピペして、条件分岐付きアンケートや、複数ステップの申し込みフォームが作れます。収集したデータはそのままkintone(キントーン)に移行されるため、ヒューマンエラー防止にも役立ちます。

料金は月額6,000円~、kintoneドメイン1つにつきFormBridge(フォームブリッジ)1契約で運用できます。

formstack(フォームスタック)

formstack(フォームスタック)

https://www.formstack.com/

formstack(フォームスタック)は米国Formstack社が提供するフォーム作成ツールです。

NetflixやTwitter社など世界規模の企業が導入しており、ハイクオリティなデザインで競合に差をつけられます。GoogleスプレッドシートやSalesforce(セールスフォース)と連携できるので、データ分析や顧客管理にも活用できます。

海外製のため日本語対応されておらず、実装の難易度はやや高めです。14日間の無料トライアルが用意されているので、使い心地を実際に確かめて導入を検討してみましょう。

無料のGoogleフォームと有料のフォームとの違い

誰でも簡単にフォームが作れる無料の「Googleフォーム」と、ユーザーからの問い合わせにも対応できる有料版の「formrun(フォームラン)」を例に挙げ、2つの違いを解説します。

問い合わせ対応を効率化できる

formrunはカンバン方式のボード画面から、問い合わせ対応と進捗の確認ができます。

作成したフォームに問い合わせがあった場合、Googleフォームは1件ずつ内容を確認するか、別途問い合わせ対応のツールや顧客管理システムと連携させなければなりません。

formrunは受け取った問い合わせに対し、管理画面からそのまま返信できます。返信用テンプレートが用意されているため、素早く対応できる点がメリットです。SlackやChatworkと連携させれば、通知により対応漏れを防げます。

豊富なテンプレートがある

formrunは20種類以上のテンプレートが用意されており、背景デザインを組み合わせてオリジナリティのあるフォームが作成できます。Googleフォームには17種類のテンプレートが用意されていますが、デザインの変更はできません。

WEBサイトとフォームのデザインが合っていないと、ユーザーは違和感を感じて離脱してしまう可能性があるので注意が必要です。

アンケートや投票、評価テストなどだけが目的であれば、Googleフォームで対応できると思います。「人材のエントリーフォーム」「製品やサービスのお問い合わせフォーム」、「イベントの申し込みフォーム」など、顧客管理やカスタマーサポートが必要な場合には、そういった機能が備わっている有料版がおすすめです。

データ連携機能で顧客管理もできる

GoogleフォームはGoogleスプレッドシートと連携することで、複数名で顧客管理に取り組めます。

一方、formrunはGoogleスプレッドシートとの連携はもちろん、ボード画面
でステータス管理などもでき、チーム内で意思疎通を図りながら顧客管理に取り組める点がメリットです。

管理画面上にある「カード」機能を使い、顧客情報を一元的に管理できます。GoogleスプレッドシートやSalesforceにエクスポートすることで、収集データ蓄積の際の手間やコストを大幅に削減できます。

また、スパムやBOT対策、24時間監視などセキュリティ対策も整っているため、安心して導入・運用できます。

>>formrun(フォームラン)とは?Googleフォームとの違いを解説|フォーム作成ツール

応募フォーム・申し込みフォームを作成する際のポイント

応募数や申込数を増やしたいときには、応募する側の視点も考慮したうえでフォームを作成することが大切です。こちらでは5つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

項目数をむやみに増やさない

項目数が多いと、「入力が面倒」だと感じてフォームから離脱される可能性が高まります。応募フォームにおいては「応募者の名前」「連絡先」を必要最低限として、目的に応じた項目を設置するようにしましょう。

必須項目を明確にする

設置する項目には、応募者に必ず聞いておきたい「必須項目」と、回答の有無にこだわらない「任意項目」があるはずです。どの項目が必須なのかをわかりやすく明示することで、応募者のスムーズな回答を促すことができるでしょう。

エラー箇所やエラーの理由をわかりやすく示す

入力完了後に【送信ボタン】をクリックしてからポップアップでエラーが表示されるフォームもありますが、こういったフォームの場合、再び入力することを手間だと感じる方も多いようです。入力した時点でエラーかどうかを判定するリアルタイムバリデーション機能を搭載したツールを選択すれば、離脱率の低下につなげることができるでしょう。

自動返信メールを設定する

自動返信メールとは、応募者が設定したメールアドレス宛てに自動でメールを送信する機能です。フォーム送信後、設定したアドレスにメールが届くため、自動返信メールが届かないことで「入力ミスがあったのでは?」という気づきを与えることができます。
また、求人やイベントの応募で回答が必要な場合には、自動返信メールに「〇営業日以内にご連絡いたします」といった記載があると信頼感の向上にもつながるので、文面に入れるようにしてください。

スマートフォンでの回答しやすさも確認する

スマートフォンはPCやタブレットに比べて画面が小さいため、PCと同じままだと入力が面倒だと感じられることがあります。回答者の負担を減らすためにも、例えばメールアドレスを入力する際にはアルファベットでの入力に自動で切り替わるようにしたり、異なる箇所をタップしないように余白を多めにしたりすると良いでしょう。
また、デバイスごとの表示が自動で最適化されるレスポンシブ対応のフォーム作成ツールを利用するのもおすすめです。

下記ではフォーム作成時に注意すべき点を詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

>>入力フォームはデザインが重要!注意すべき16のポイントと参考にしたい記事8選

formrunを利用したプレゼント応募フォームの作り方

最後に、実際に応募フォームを作成する流れを紹介しておきます。ここでは弊社ツール「formrun」を用いて作成していきますので、参考にしてみてください。

基本的な流れは以下となります。

  1. 新規登録をする
  2. チームを作成する
  3. テンプレートを選択する
  4. 文言の編集や項目の追加・削除を行う
  5. デザインを変更する

新規登録をする

アカウントを登録すると、設定したメールアドレス宛てに本人認証のメールが届きます。そのメールを開いて【本人認証する】をクリックすれば新規登録は完了です。

次に「新規チーム作成」と表示されたページに移動するので、チーム名を登録します。

その後にはテンプレートを選択します。formrunには中途や新卒向けのエントリーフォームや体験学習の申し込みフォーム、キャンペーン応募フォームなど、応募フォームとして活用できるテンプレートが豊富に用意されています。

文言の編集や項目の追加・削除を行います。キャンペーンへの応募フォームには様々な項目が用意されているので、必要に応じて追加・削除しましょう。

プログラムによる機械的な応募を防げる「reCAPTCHA」機能も追加できるので、設定しておくと安心です。

フォームの項目が決まったら、デザインを調整していきます。応募者にとってわかりやすいフォームになるように、適宜修正を行いましょう。

まとめ:フォーム作成ツールを業務効率化に役立てよう

応募フォームは募集する側と応募する側を結び付ける窓口の1つですが、そのフォームを用意するのに手間取ると他の業務を圧迫してしまうことにもなりかねません。

実際、今回ご紹介したように、応募フォームや申し込みフォームは、キャンペーンやイベント、採用など様々な場面で用いられますが、マーケターや人事、営業などフォームを必要としている方はその他にも数えきれないくらいの業務で溢れていることでしょう。

formrunをはじめとする、フォーム作成ツールを利用することで、フォームの作成や応募者の管理業務を効率化すればできるツールがあれば多くの手間を削減することができるはずです。これらのツールについて興味を持っていただけたら、まずは無料プランに登録してその使用感を試してみてください。

>>formrunの登録はこちらから