フォームをSSL化すべき理由とおすすめのSSL対応フォーム作成ツールを紹介!

フォーム作成ツール

フォームでは個人情報を送信することが多く、情報の傍受・改ざん・漏洩のリスクがあります。ユーザーの個人情報を送受信するフォームはその脆弱性を狙われやすく、セキュリティ対策を万全にしておかなくてはなりません。

フォームのセキュリティ対策として必須なのがSSL化です。SSL化によってフォームのリスクを大きく下げることができます。

フォームのセキュリティ対策をしておきたい方やSSLの導入を考えている方は、この記事を参考にフォームのSSL化を進めてください。

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。

SSLによってサーバーとウェブブラウザ間の通信を暗号化できるので、個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを安全にやり取りでき、Webサイトの管理者は安全性を証明できます。

SSLはSSL/TLSとも表記されますが、TLS(Transport Layer Security)は、SSLの次世代規格です。一般的にSSLと呼んでいるものの多くは、実質的にTLSを指していることがほとんどです。

常時SSL化とは

「常時SSL化」とは、Webサイトの全ページの情報をSSL/TLSで暗号化することを指します。

最近ではユーザーがサイト内のどのページを閲覧しても安心できるよう、すべてのページにSSL化を実装することが多くなっています。フォームだけでなく全ページをSSL化することで、より安全性を高められるのです。

Googleも常時SSL化を推奨しており、検索結果での評価につながると明記しています。ユーザーの安全とサイトの評価向上のためにも、Webサイトの運営者は必ず常時SSL化を行うようにしましょう。

SSL化されているか確認する方法

サイトがSSL化されているかどうか見分けるポイントは2つあります。1つはURLが「https」から始まること、もう1つはウェブブラウザのURL欄の横に鍵マークがあることです。

URL欄横の鍵マーク

鍵マークをクリックすると、SSL証明書の情報を見ることができます。証明書には、「ドメイン認証」「サーバーの運営者情報」「証明書を発行した認証機関の署名」などが記載されています。セキュリティが十分であるか確認したい場合は、このSSL証明書を確認し証明書が有効であるかをチェックしましょう。

SSL証明書

近年、SSLの重要性はビジネスユーザーのほか一般ユーザーにも認知されており、SSLが導入されているWebサイトはユーザーに安心感を与えられます。

フォームのセキュリティリスク3つ

セキュリティリスク3つ

ここまで述べてきたようにSSL化は必須ですが、フォームをSSL化しないとどんなリスクがあるのでしょうか?フォームのセキュリティリスクを知ることで、SSL化の必要性がわかると思います。

フォームのセキュリティリスクには、コスト・イメージダウン・機会損失の3つがあります。

1.コスト

フォームがサイバー攻撃を受け情報漏洩などの被害が出た場合、被害状況の調査、問い合せ対応、謝罪を含めた顧客対応、損害賠償請求、システム復旧などに多額の費用がかかります。

これまでのセキュリティ対策が万全でなかった、対策をしていたにも関わらず脆弱性があった場合には、セキュリティ対策を一新するための費用もかかります。

このようなコストは大きく、経営に大きな影響を与える可能性もあります。

2.イメージダウン

フォームからの個人情報の漏洩により、企業に対するユーザーからの信頼度は低下します。たとえ悪意あるサイバー攻撃による結果だとしても、顧客から預かった大切な個人情報を管理できない企業だと認知されるため、イメージダウンは免れません。

SSL化によるセキュリティ対策は、これまで築いてきた企業の信頼を維持し、イメージを向上していくために必須とも言えるでしょう。

3.機会損失

フォームから個人情報情報の傍受・改ざんが行われてしまうと、機会損失を招いてしまいます。

サイバー攻撃が発覚した後に十分なセキュリティ対策をしたとしても、ネット上にはずっと悪評が残り続けます。企業が新たに強固なセキュリティ対策をしても、「あの会社は個人情報を漏洩させたことがある」と言われ続けるのです。

ユーザーによっては利用を控えてしまい、将来にわたる機会損失になってしまうのです。このような機会損失を防ぐためにも、フォームのSSL化はしっかりと行うべきです。

フォームSSL化のメリット3つ

フォームやWebサイト全体のSSL化によって得られるメリットは、以下のように3つあります。

メリット1.データの盗聴・改ざん防止

SSLによって、第三者によるデータの盗聴・改ざんを防ぐことができます。

SSLでは、「共通鍵暗号方式」と「公開鍵暗号方式」の両方を用いてインターネット上のデータ通信を暗号化します。より強固な暗号化により、メールアドレスや住所などの情報を収集し悪用されるリスク、注文内容の改ざんなどの第三者によるデータ改ざんのリスクを減らすことができます。

個人情報やクレジットカード情報をはじめとした個人情報を取得するために作ったなりすましサイトによるフィッシング詐欺の被害の防止もできます。SSL通信に必須の秘密鍵はコピーできないため、コピーサイトではSSL通信が不可能だからです。

メリット2.フォーム入力の促進

フォームのSSL化は、ユーザーの入力を促進する効果もあります。

近年では一般ユーザーのセキュリティ意識が向上し、SSL化されているフォームは安全であることが理解されてきています。だからこそ、SSLを実装することで、ユーザーはフォームに入力する可能性が高まります。むしろSSL化されていないと、入力をやめて離脱してしまうかもしれません。

SSLを実装することでユーザーに安心感を与えられ、フォームへの入力を促進できる可能性があるのです。

メリット3.検索エンジンからの評価が高められる

WebサイトのSSL化により、Googleなどの検索エンジンからの評価を高められます。

セキュリティはGoogleの最優先次項ですし、SSL化の有無を検索結果の順位決定の要素としていることは、Googleの「ウェブマスター向け公式ブログ」にも明記されています。

ちなみに、公開済みのサイトのSSL化をする際には、SSL化前のURLからのリダイレクト処理、canonicalタグの設定、そのページへのリンクの変更、Search Consoleの設定、sitemap.xmlの修正を忘れずに行いましょう。

フォームSSL化のデメリット

メリットの多いフォームのSSL化ですが、もちろんデメリットもあります。

フォームのSSL化のデメリットは「コストがかかること」です。SSL導入時にはSSL証明書を購入せねばなりませんし、設定を外注するならその費用がかかります。

例えば、GMOグローバルサインの1年契約では企業認証SSLの場合65,780円〜、EV SSLの場合140,800円〜、クイック認証SSLの場合は38,280円〜かかります。ただ、レンタルサーバーによっては、追加料金なしでSSLに対応しているものもあります。

情報漏洩やデータベースの改ざんといったリスクが伴うフォームには、高いセキュリティが求められます。費用がかかってもSSLは導入したほうがよいでしょう。

フォームをSSL化する方法

フォームをSSL化する方法は2つあります。それぞれの方法を解説します。

1.自分でSSL化作業を行う

自分でSSLの契約をし、SSL化の作業も自分で行う方法です。

この方法では、サイトのコード修正やサーバーの設定などが必要です。社内にシステムをわかっている人がいる場合にはよいでしょう。

しかし、知識がない場合やスタッフがいない場合にはハードルは高いといえます。そんな時には、SSL化の作業だけを外注することもできます。

2.SSL対応のフォームツールを利用

SSL対応のフォームツールを利用することで、簡単にSSLを設置できます。

この方法では、ツール側でSSL化を行ってくれるので、自社で作業をする必要がありません。サーバーの更新や安全性の保持もツールが行ってくれます。

また、フォームツールには様々な機能がついているものが多く、SSL以外にも利用するメリットがあります。中には、SSL以外のセキュリティ対策をしているツールもあります。

SSL対応のフォームツールの選び方6つ

フォームツールの選び方6つ

SSL対応のフォームツールはたくさんありますが、どのように選べばよいのでしょうか?SSLのほかにも、フォームツールを選ぶときに考慮すべきポイントを6つ解説します。

1.サーバー監視はあるか

フォームツールを選ぶ際には、サーバー監視体制が整っているかをチェックしましょう。

サーバー監視とは、フォームツールから送信されたデータを保存するサーバーの状況を監視することです。監視をしていないと、サーバーに問題が発生した場合やハッキングされた場合に発見が遅れてしまいます。

自社でサーバーを用意する場合、セキュリティ対策を自社で行わなくてはならず、常に最新のプログラムにアップデートしなくてはなりません。また、災害や停電で電気の供給が途絶えた場合、重要なデータが消失する可能性もあります。

監視体制があるツールであれば、これらの手間やリスクを抑えられるのです。

2.プライバシーマークを取得しているか

フォームツールを運営している会社が、プライバシーマークを取得しているかを確認するのもおすすめです。

プライバシーマークは、個人情報の取り扱いを適切に行っていることを認定する制度です。取得した事業者は、個人情報保護法よりも高いレベルでの個人情報の取り扱いを求める日本工業規格に基づいた個人情報保護マネジメントシステムを構築しています。

プライバシーマークを取得しているということは、個人情報を適切に行っている事業者です。フォームツールの運営会社から個人情報が漏れる可能性が低いと考えられるのです。

3.セキュリティのアップグレードがあるか

フォームツール自体のアップグレードが定期的にされているかも確認しましょう。

プログラムには脆弱性がある可能性がありますし、サイバー攻撃も日々新しい手法が生まれています。それに対策をしなくては、フォームツールから情報が傍受・改ざんされてしまう可能性があります。

だからこそ、フォームツールでは日々プログラムのチェックとアップグレードを行う必要があります。公式サイトなどでセキュリティのアップグレードがアナウンスされているか、どれくらいの頻度でアップグレードが行われているかを確認しましょう。

4.データアクセスの管理や制限ができるか

サーバーに保管されているデータへのアクセスの管理や制限が任意にできるかも重要なチェックポイントです。

フォームツールのサーバーには、重要な情報が大量に格納されます。サーバーからの情報漏洩を防ぐためにも、システム担当者以外はアクセス不可能にできるか、法令に基づいた要求やクライアントの同意がない場合には一切アクセス不可能な体制であるかなど確認をしましょう。

5.チーム対応の機能があるか

フォームからの問合せに対してチームで対応できる機能があると、業務効率がアップします。

顧客の個人情報の管理はもちろん、ステータス別に管理ができる、今誰がどのような対応しているのかがわかる、やりとりの過去ログがわかるなどの機能があると、チームで共有するのに便利です。

フォームを選ぶ際には、セキュリティはもちろん、業務効率化にも目を向けましょう。

6.ツールの料金

フォームツールの料金は、無料のものから高額なものまで様々です。自社の規模や目的に合ったものを選びましょう。

フォームツールには、インターネット上のサーバーで提供されるシステムを利用するクラウド型、自社のサーバーでシステムを構築・運用するオンプレミス型があり、それぞれ料金体系が異なります。

クラウド型は初期費用が不要なうえ、稼働した分だけ課金されることが多いです。作成できるWebフォーム数や利用できるユーザー数などによって料金が変わるWebフォーム作成サービス・ツールもあります。毎月の運用費は数千円〜と低コストですし、無料で利用できるものもあります。

オンプレミス型は自社サーバーにインストールして利用するため、初期費用が必要です。初期費用はベンダーによって異なりますが、200万円以上かかるサービスもあります。自社サーバーがなければ、サーバーの導入コストが別にかかります。

自社の状況に応じて、最良のコストパフォーマンスが見込めるサービスを選びましょう。

SSL対応のフォーム作成ツール6選

SSL化に対応しているフォームツールのなかで、無料で利用できるものを6つ紹介します。

 サーバー監視プライバシーマーク取得機能・セキュリティのアップグレードデータアクセスの管理・制限チーム対応機能無料利用
formrun
Googleフォーム×記載なし×
フォームメーラー記載なし×
フォームズ記載なし記載なし記載なし×
オレンジフォーム記載なし×記載なし記載なし×
Tayori記載なし記載なし記載なし

formrun

formrun TOP

formrunは直感的な操作でフォームを作成でき、顧客管理にも便利なツールです。

常時SSL/TLSを採用しているのはもちろん、ISO27001とプライバシーマークの取得しています。さらに、サーバーを24時間365日体制で監視し、データアクセスの管理と制限も厳重で、サーバーのセキュリティに関しても安心です。

さらに、カンバン画面で回答者のステータス管理ができ、対応状況や進捗をひと目で確認できるためチームでの対応機能に優れています。対応履歴やメモを同じ場所で管理しているため、担当者が変わってもスムーズに引継ぎできます。

formrun

Googleフォーム

Googleフォーム TOP

Googleフォームは、Googleが提供する無料ツールの1つ。アンケートフォームや問い合せフォーム、申し込むフォームなど、様々な用途に利用できます。

セキュリティ対策は、常時SSLを採用。ISO27001、プライバシーマークを取得し、サーバーを24時間365日体制で監視しています。

ユーザーがGoogleアカウントを安全に管理するためアカウント管理のサポートもしています。万が一パスワードが盗まれた場合に備えて二段階認証プロセスを用意し、ユーザー側でのセキュリティ対策にも配慮しています。

一方で、Googleフォームから問い合せがあった場合には、管理画面上からの返信ができないため、フォームに記入された連絡先に返信しなければなりません。ステータス管理機能はなく、大人数のチームで管理するのには向かないツールかもしれません。

Googleフォーム

フォームメーラー

フォームメーラー

フォームメーラーは、大企業、教育機関、官公庁まで幅広いユーザーが利用しているフォームツールです。無料版でもフォーム5個を作れ、1フォームに7項目を設定できます。

セキュリティ対策として、常時SSLの採用とプライバシーマークの取得を実施。スパム投稿防止や、パスワードによるフォームの閲覧の制限もしています。

フォームの制作開始から公開までの所要時間は最短30分です。フォームには住所自動入力機能や入力内容の正誤や漏れの有無をリアルタイムでチェックする機能を備えています。

Form Mailer

フォームズ

Formzu TOP

Formzuは、問い合せ・資料請求・会員登録・アンケートなど、様々な用途に使えるメールフォームです。

セキュリティ対策として、すべてのサービスで常時SSLを採用。フォームに入力された情報をサーバー内に保存するかどうか選択できます。すべてのパスワードは不可逆方式の暗号変換でサーバーに記録されるので安心です。

無料プランのほか、有料のパーソナル、ビジネス、プロフェッショナルの4プランがあり、有料のプロフェッショナルプランでは管理画面にアクセスできるIPアドレスを制限できます。

Formzu

オレンジフォーム

オレンジフォーム TOP

オレンジフォームは、入力情報や質問・回答の選択肢といった必要事項を入力していくだけで、商品注文フォームやアンケートフォームなど様々なフォーム作成が可能です。

セキュリティ対策として、SecureCore社の高水準の128ビットSSLを採用し、AWS(Amazon Web Services)のサーバーを導入しています。フォームに入力されたクレジットカード番号をオレンジフォーム自身は保持しません。

無料のパーソナル版と有料のビジネス版の2種類があり、両者の違いは他社サービスの連携、広告の非表示、フォームへの入力データの編集、回答期限の設定などが挙げられます。

オレンジフォーム

Tayori

Tayori TOP

プレスリリースやニュースリリースを配信するPR TIMES社が提供するフォームツールです。問い合せ、採用、見積もり、申し込みなど、目的に合ったフォームを、スキルや知識がなくても作れるようにデザインされています。

セキュリティ対策は、ブラウザとWebサーバ間の通信をSSLによってすべて暗号化。さらに、PR TIMES社はプライバシーマークを取得しています。

SSL環境下に置かれたWebフォームを設置でき、ユーザーからのメッセージは暗号化された状態で届きます。問い合せ後のユーザーとのやりとりもSSLで暗号化して保護されています。

Tayoriの受信箱はチーム全員が閲覧でき、メールごとに担当を振り分けることも可能。チーム間で業務メモのやりとりをして情報共有もできます。

Tayori

まとめ:フォームはSSL化されたツールの利用がおすすめ

フォームをはじめ、Webサイト全体をSSL化することによってセキュリティが高まれば、ユーザーの信頼度が高まり、より問い合わせなどを得られます。

SSL化に対応したフォーム作成ツールは様々なものがありますが、SSL化以外のセキュリティ対策やフォームの機能、チームでの対応性も比較し、自社の目的や体制に合ったものを選びましょう。

セキュリティ対策なら「formrun(フォームラン)」がおすすめ

formrunはSSLの採用はもちろん、ISO 27001とプラバシーマークを取得しており、セキュリティ対策が万全です。多要素認証アプリを導入しており、ワンタイムパスワードを生成しての二段階認証プロセスの実行も可能です。

フォームのセキュリティ設定に手間がかからず、用途にマッチしたフォームを安全に利用できるのでおすすめです。

チームで対応状況を共有しながら進捗管理もできて非常に便利で、無料で利用できるのでぜひお試しください。

formrun