採用管理システム(ATS)とは?押さえておくべき主要サービス19社を徹底比較

業務効率化

人手不足が叫ばれる中、人材の確保は企業の存続に関わる大きな課題でもあります。
ですが、採用活動は掲載する求人の用意や応募者の管理などで多くの工数を割く必要があり、「採用ばかりに時間をかけていられない…」とお困りの方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、採用担当者の負担軽減に役立つ「採用管理システム」について情報をまとめました。採用管理システムを導入するメリットやデメリット、押さえておくべきサービスなどを紹介しているので、「自社に合った採用管理システムが知りたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

採用管理システム(ATS)とは

採用管理システム(ATS:Applicant Tracking System)とは、採用に関する業務を一元化することで採用を効率的に進めることのできるシステムです。

採用は、Webサイトや求人誌などの媒体に情報を掲載し、応募があれば面接、採用となれば入社に向けたフォローをしていくなど長期にわたって業務が発生しますが、採用管理システムには

  • 採用サイトの作成
  • 応募者や面接スケジュールの管理
  • 選考状況の見える化
  • 求人媒体との連携
  • 媒体ごとの効果測定・分析
  • 内定者へのフォロー管理

といった機能があり、業務負担の軽減につなげることができます。

また採用活動においては、求人の担当者と面接の担当者が異なる場合など、情報を共有しきれておらず、採用までスムーズに至らないこともあるでしょう。
そしてせっかく良い人材を見つけても、適切なタイミングでコミュニケーションが取れていないと、選考途中で内定を辞退されることも十分に考えられます。

情報を一元化できる採用管理システムは、共有不足やフォロー不足による採用の失敗を防ぐという意味でも効果的なサービスだと言えるでしょう。

採用管理システムのメリット・デメリット

戦略的に採用を進めるためにぜひ導入したい採用管理システムですが、導入にはメリットだけでなくデメリットもあります。どちらの点も把握した上で、実際に利用するかどうか検討してみてください。

採用管理システムを導入するメリット

採用管理システムを導入するメリットとして、時間とコストを削減できることが挙げられます。

採用管理システムは、応募者を一元管理することで採用活動を効率化できるシステムです。応募者の情報や採用の進捗などが整理されるため、対応の抜け漏れ防止につなげられます。情報の共有も容易になるため「今は誰が担当なのか」も明確にわかり、無駄のない採用活動を進められるでしょう。

また、採用活動では、求人媒体の広告費や説明会・面接会場の手配にかかる費用、会社案内パンフレット製作費など様々な費用が発生しますし、採用に関わるスタッフの人件費や説明会会場までの交通費なども必要です。

採用管理システムの中には、自社で採用サイトを作成し、SEO(検索エンジン最適化)にも力を入れることで広告費を抑えられるものもあります。また、応募者への対応がスピーディーになることで、内定まで円滑に進み、結果的に採用コストが軽減できることも考えられるでしょう。

その他にも、応募者情報のデータ化により、「どの媒体からの応募が多いのか」「採用コストはどのくらいかかったのか」などを把握できるようになります。注力すべき媒体が明確になることで、次年度以降の採用活動に活かせるようになることも大きなメリットです。

採用管理システムを導入するデメリット

採用管理システムを導入するデメリットは、実際の稼働状況に合わないサービスを導入してしまうと、コストが無駄にかかってしまう点が挙げられます。

各採用管理システムには多くの機能があり、サービスによって「どのポイントに重きを置いているか」が異なります。例えば採用サイトの構築や更新がメインだったり、情報の見える化に力を入れていたりと様々なので、「この機能は自社にとって使い道がない」というサービスも中にはあるでしょう。

また、利用料金の人数設定もサービスによって大きく異なります。採用人数が少ない企業の場合、無料のサービスで十分に賄えることも考えられるので、機能やプランを十分に理解した上で導入を検討するようにしてみてください。

採用管理システムを導入する際の注意点

次に採用管理システムを導入するにあたっての注意点を5つ紹介します。
「サービスが多くてどれを選べば良いのかわからない」という方は、選び方の参考としてご確認ください。

企業規模やニーズにあっているか

採用管理システムは、採用したい人数や雇用形態に合うものを選択することが大切です。

数名のみの採用であれば小規模利用が可能なものを選ぶことで費用を抑えられますし、採用管理システムによっては「中途専用」「アルバイトに特化」といったように雇用形態ごとに適したものがあります。

また、採用管理システムを利用する目的や事業規模によっては、無料で利用できるサービスや各サービスに用意されている無料プランでも十分に効率化を図れる可能性が高いのです。

「まずは応募者の進捗管理とメール対応だけできれば良い」ということであれば、弊社の提供するformrunのように顧客管理機能が搭載された応募フォーム作成ツールでも問題なく対応できます。

できるだけ急いで効率化を進めたいけれど新しいツールを導入する際には予算の確保が必要で…という方は、まず無料のツールから検討してみるのも良いでしょう。

セキュリティ面は信頼できるか

採用管理システムは、履歴書や雇用契約書など個人情報を含むデータを管理する可能性が高いです。
情報流出の危険性を考えると個人情報の保護には特に配慮する必要があり、セキュリティ対策が整ったサービスを利用すべきと言えます。

セキュリティ対策としては下記の基準が考えられます。

  • SSLを用いた暗号化通信を行っているか
  • データのバックアップが行われているか
  • 不正ログインなどに対する監視が行われているか
  • 個人情報の保護を目的とするPマーク(プライバシーマーク)や情報資産の保護を目的とするISMS(詳しくはこちら)の認証を取得しているか

サービスを検討する際には各社のセキュリティ対策を確認し、信頼に足るものであるかどうか判断してから利用するようにしてください。

操作性に問題はないか

採用業務の効率化を求めて採用管理システムを導入するため、使い勝手の良し悪しは確認しておくべきです。

サービスによっては、無料のトライアル期間が設定されていたり、管理画面のデモを見ることができたりと、導入前に操作性を確認できるものもあるので、利用してからサービスの導入を検討しましょう。

応募者側も問題なく利用できるか

採用管理システムの中には、採用サイトの作成や応募者とのやりとりを行うことができるものもあります。

ですが、採用サイトに対して「動きが遅い」「スマホだと見にくい」など感じられると、企業全体のイメージダウンにもつながってしまう可能性もあります。そのため、応募者視点で見た採用サイトの挙動や導線を確認しておくことが大切です。

また、面接の日程調整や必要書類の提出など、応募者とはメールでのやりとりも多く発生しますが、システム内でのやりとりを面倒に思われるとレスポンスが遅くなってしまうことも考えられます。スムーズなやりとりを実現するためにも、ストレスなく使用できるか応募者の目線に立って確認するようにしましょう。

他サービスとの連携も可能か

複数のサービスで悩んだ場合、どのようなサービスと連携しているかも選び方の基準に含めることをおすすめします。

例えばSlackなどのチャットツールを利用しているのであれば、連携機能を用いることで応募者からの連絡に素早く気づくことができます。ほかにも、カレンダーアプリと連携させることで、面接の日程調整などを容易に進められるようになります。

自社で利用しているサービスとの組み合わせを考えることで、効率化をさらに推進することも可能です。各サービスの連携機能を確認し、「自社にとって便利な機能は何か」まで考えるとどのサービスを導入すべきか判断しやすくなるでしょう。

採用管理システム主要サービス19社を徹底比較

では、どういった採用管理システムがあるのか、実際のサービスを見ていきましょう。
こちらでは代表的なものを20社に絞って紹介しますので、ぜひご検討ください。

サービス名特徴セキュリティ(※1)連携しているサービス(※1)
formrun顧客管理機能付き応募フォーム作成ツール・「ISO 27001 (ISMS)」の認証取得
・SSL/TLS暗号化通信
・Slack
・Chatwork
ジョブカン採用管理すべての雇用形態に対応・接続元IPアドレス制限設定
・JIS Q 15001準拠の情報保護システム構築
・SSL暗号化通信
・Indeed
・Googleカレンダー
Zoho Recruit作業効率化につながる機能を多数搭載・「ISO/IEC 27001」の認証取得
・24時間365日の監視体制
・Zohoアプリケーション
・G Suite
・Twitter
talentio大手企業も多数導入・SSL暗号化通信
・データ破損を防止
・SmartHR
・OfferBox
Talent cloud日本初の「タレントプール構築」特化型・SSL暗号化通信
・24時間リアルタイム監視体制
・Google for Jobs
・Googleカレンダー
engageほとんどの機能を無料で利用可能-(※2)・Indeed
・Google しごと検索
・Yahoo!しごと検索
GoQ採用管理採用サイトの制作代行あり・SSL暗号化通信・Indeed
スタンバイ・カンパニースマホのアプリで求人作成が可能・求人サイト「スタンバイ」
・スマートフォンアプリ
インタビューメーカーWeb面接に特化している・SSL暗号化通信・Googleカレンダー
MOCHICALINEでのコミュニケーションが可能・金融関連のシステムにも耐えられるセキュリティレベル・LINE
Catch bowlLINEでのコミュニケーションが可能・LINE
・採用サイト作成ツール「MEET SOURCE」
SONAR採用に関する情報をすべて集約可能・データバックアップ
・SSL暗号化通信
・プライバシーマークの取得
HRMOS採用管理初心者でも使いやすいUI / UX・SSL暗号化通信
・プライバシーマークの取得
・JIS Q 15001に適合した個人情報保護
・SNS
ジョブオプ採用管理サポート体制が充実・SSL暗号化通信
・プライバシーマークの取得
・24時間365日の有人監視
・Indeed
Cycle多くの作業を自動化可能
HITO-Linkリクルーティング30媒体以上のデータを自動取得できる・Indeed
・Googleカレンダー
・労務管理システム「SmartHR」
MyReferリファラル採用ツールとして導入実績No.1・新卒/中途採用支援システム「HITO-Link(ヒトリンク)」
Refcome社員紹介のフローが明瞭
HERP ATS最短1日で運用可能・Slack
・労務管理システム「SmartHR」(予定)
・人材管理ツール「カオナビ」(予定)

※1 セキュリティ及び連携しているサービスは一部のみ紹介しているものもあります。詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください。
※2 公式サイトにて具体的な明記がないものを「-」としています。わかりましたら随時追記していきます。

無料で使える!進捗共有を楽にする採用管理システム

formrun(フォームラン)

https://form.run/ja

formrunは、弊社の提供するフォーム作成ツールです。
応募用フォームの作成から応募者の管理・問い合わせ対応まで1つのツールで行うことができるため、無駄のない採用管理を実現できます。
採用に関するfomrunの活用方法については、ぜひ下記の記事もご覧ください。

>>formrunを使って採用業務を効率化しよう!

【特徴・強み】

  • ステータスがカンバン方式で表示されるので、進捗状況を一目で把握できる
  • ドラッグ&ドロップによる直感的な操作で進捗状況を簡単に変更できる
  • 新卒採用・中途採用に利用可能なフォームテンプレートが用意されている

【こんな人におすすめ】

  • 採用までスピーディーに進めたい方(SlackやChatwork、メールとの連携が可能)
  • 採用にコストをかけられない方(無料プランでもファイル添付可能なので履歴書の受取に便利)

【料金プラン】

プラン 料金
FREE 0円
BEGINNER 月額5,980円(税抜)
STARTER 月額12,980円(税抜)
PROFESSIONAL 月額25,800円(税抜)

ジョブカン採用管理

https://ats.jobcan.ne.jp/

ジョブカン採用管理は、株式会社Donutsの提供する採用管理システムです。
2,000社以上の導入実績があり、「HRテクノロジー大賞 奨励賞」や「日本の人事部 HRアワード2017 入賞」など様々な賞を受賞しています。

【特徴・強み】

  • 新卒・中途・パート・アルバイトすべての雇用形態に対応している
  • 機能が豊富にありながら操作性にもこだわっているので活用しやすい
  • メールやチャット、電話でのサポートやセミナーなど、疑問点を解決できる環境が整っている

【こんな人におすすめ】

  • 実際の使用感を試してから導入したい方(デモ画面の7日間無料体験・有料版の機能が使える30日間の無料トライアルあり)
  • 求人ページの作成から分析まで、1つのツールで完結させたい方(採用サイトはIndeedやGoogle しごと検索にも対応)

【料金プラン】

プラン 料金
FREE 0円
STARTER 4,980円/月
PROFESSIONAL 12,800円/月

Zoho Recruit(ゾーホーリクルート)

https://www.zoho.com/jp/recruit/

Zoho Recruitは、ゾーホージャパン株式会社の提供する採用管理システムです。
企業にマッチした人材を採用するための方法が多く用意されており、履歴書の解析や自動メール送信など、作業を効率化するための機能も多数搭載されています。

【特徴・強み】

  • 自社での採用と人材派遣会社の利用のどちらのパターンにも対応できる
  • Zoho MailやZoho ReportsなどのZohoサービス以外にも、G SuiteやSNSなどの他社サービスとの連携にも対応している
  • モバイルアプリに対応しており、時間や場所を選ばず採用活動に集中できる

【こんな人におすすめ】

  • 自社に合わせてカスタマイズしたい方(情報抽出を容易にする機能が豊富)
  • できるだけ多くの応募者を集めたい方(求人広告やSNS、Indeed履歴書検索など応募者との接点を多数用意)

【料金プラン】

プラン 料金 ※月間契約時
無料プラン 0円 
スタンダード 3,000円/ユーザー
プロフェッショナル 6,000円/ユーザー
エンタープライズ 9,000円/ユーザー

talentio(タレンティオ)

https://www.talentio.co.jp/

talentioは、株式会社タレンティオの提供する採用管理システムです。
株式会社メルカリやGMOペパボ株式会社など800社以上に導入されており、機能も順次追加されています。

【特徴・強み】

  • 採用サイトの作成や応募フォームのカスタマイズをすることができる
  • アラートメールによってタスクの処理漏れを防ぐことができる
  • 応募状況や選考状況をグラフ化することで、ボトルネックを見つけやすくできる

【こんな人におすすめ】

  • 費用をかけずに採用管理システムを導入したい方(無料でも利用できる機能が多い)
  • データを軸に戦略的な採用を進めたい方(有料プランは10年のデータ保存が可能)

【料金プラン】

プラン 料金 ※年間契約時
FREE 0円
STANDARD 20,000円/月
PLUS 60,000円/月
ENTERPRISE 要お問い合わせ

無料サービスもあり!採用サイト作成に強い採用管理システム

Talent cloud(タレントクラウド)

https://talentcloud.jp/

Talent cloudは、株式会社タレントクラウドの提供する採用管理システムです。
日本で初めてのタレントプール(採用の可能性がある人材の情報を蓄積していくこと)構築に特化したサービスとしてリリースされました。

【特徴・強み】

  • チャット機能やイベント告知機能などで採用候補者とのつながりを持ち続けられる
  • 採用サイトやブログ、イベントページを作成することで自社の魅力をアピールできる
  • アカウント数の発行制限がないので、リファラル採用も促進できる

【こんな人におすすめ】

  • 情報を多く発信していきたい方(ブログ機能により、インタビューの掲載や福利厚生の紹介も可能)
  • 継続的に採用を進めていきたい方(タレントプール構築によって応募者への情報発信が容易)

【料金プラン】

登録人数 料金 ※年間契約時
200名まで 20,000円/月
500名まで 50,000円/月
1,000名まで 80,000円/月
5,000名まで 100,000円/月

engage(エンゲージ)

https://en-gage.net/

engageは、エン・ジャパン株式会社の提供する採用管理システムです。
19万社以上に導入されており、利用企業者数は国内No.1を誇ります。

【特徴・強み】

  • スマホ対応の採用ページ作成や応募者の管理、メッセージのやりとりなどを無料でできる
  • 求人掲載するだけで、IndeedやGoogle しごと検索、Yahoo!しごと検索にも連携される
  • 早期退職リスクを防げるツールを利用することができる

【こんな人におすすめ】

  • とにかく急いで求人ページ・採用ページを作成したい方(フォーマットやテンプレートがあるため作成が容易)
  • 遠方の人ともやりとりする可能性がある方(ビデオ面接ツールも利用可能)

【利用料金】
基本料金はすべて無料です。
別途、有料でオンライン適性テスト「Talent Analytics」や入社者フォロー機能「HR OnBoard」を利用できます。

GoQ採用管理

https://goq.jobs/

GoQ採用管理は、有限会社アイティーキューブの提供する採用管理システムです。
採用サイトの制作と求人媒体サイト「Indeed」への掲載、応募者の管理を低コストで行うことができます。

【特徴・強み】

  • サイトURLは「〇〇(企業名).recruit.site」となるため、応募者に信頼感を与えやすい
  • 求人登録数に制限がないため、条件が細かく異なる場合でも対応できる
  • 応募者からの書類や情報を管理できるだけでなく、内定通知書などの書類も作成できる

【こんな人におすすめ】

  • 自社で採用サイトを作成する余裕のない方(オプションで制作代行が可能)
  • 短期募集が多く発生する方(求人登録はいくつでも可能)

【料金プラン】

プラン 料金
採用管理プラン 19,800円/月
応募者管理プラン 29,800円/月

スタンバイ・カンパニー

https://stanby.co/

スタンバイ・カンパニーは、株式会社ビズリーチの提供する採用管理システムです。
1万社以上の導入実績があり、日本経済新聞社などのメディアにも取り扱われています。

【特徴・強み】

  • スマホのアプリで簡単に求人を作成することができる
  • 作成したページを求人サイト「スタンバイ」に掲載することができる
  • 仕事内容にマッチした人材がいれば、スカウトすることができる

【こんな人におすすめ】

  • 複数の求人をまとめて作成したい方(求人ページのコピーが可能)
  • 採用コストを抑えたい方(求人ページの作成から掲載まで無料)

【利用料金】
無料

Web面接やLINE連携も!応募者とのやりとりを円滑にする採用管理システム

インタビューメーカー

https://interview-maker.jp/

インタビューメーカーは、株式会社ブルーエージェンシーの提供する採用管理システムです。
Web面接に特化しており、全日本空輸株式会社や株式会社コーセーなど1,000社以上に導入されています。

【特徴・強み】

  • Googleカレンダーと連携でき、面接の日時調整が簡単にできる
  • 面接中に評価の入力ができるため、スムーズに選考できるようになる
  • 分析機能により、費用対効果の高い求人媒体を簡単に把握できる

【こんな人におすすめ】

  • 面接の時間を取りにくい方(録画機能での共有や動画データでの受付も可能)
  • 採用する人材をじっくり見極めたい方(Web面接なら時間や場所が確保しやすい)

【料金プラン】

プラン 料金
ベーシック 39,800円/月
アドバンス 79,800円/月
プレミアム 149,800円/月

MOCHICA(モチカ)

https://official.mochica.jp/

MOCHICAは、株式会社ネオキャリアの提供する採用管理システムです。
応募者との連絡が取りやすい「LINE」を用いることで、スピーディーなやりとりを実現します。

【特徴・強み】

  • 説明会や選考会の日程を登録すれば、自動で応募者に連絡できる
  • LINEでのやりとりを希望しない方とも、メールでのコミュニケーションができる
  • 応募者の情報をグラフで可視化できる

【こんな人におすすめ】

  • 合同説明会への参加者にもエントリーしてもらいたい方(QRコードの設置が可能)
  • 内定者のフォローにも力を入れたい方(連絡だけでなく、懇親会の日程調整も容易)

【基本料金】
月額:60,000円~
別途、LINE@(プロAPIプラン)の利用料金が必要です。

Catch bowl(キャッチボウル)

https://www.kakehashi-skysol.co.jp/catchbowl-lp/

Catch bowlは、 株式会社カケハシ スカイソリューションズの提供する採用管理システムです。
3,000社以上の採用コンサルティングを行なってきたプロの視点で開発されており、採用力の強化に貢献します。

【特徴・強み】

  • LINEを使ってコミュニケーションをすることでメッセージの開封率を高められる
  • 辞退理由のアンケートを実施できるため、採用活動を振り返りやすい
  • 新卒や中途、アルバイト、パートなど雇用形態を問わず利用できる

【こんな人におすすめ】

  • 長期的な採用計画を立てている方(新卒採用のために接触した応募者を中途採用枠として蓄積できる)
  • タスクの抜け漏れが発生しやすい方(その日のタスクが一目でわかる管理画面を実装)

【利用料金】
月額:50,000円

SONAR(ソナー)

https://www.igniteeye.com/sonar/

SONARは、イグナイトアイ株式会社の提供する採用管理システムです。
ソフトバンク株式会社や日産自動車株式会社など大手企業にも多数導入されており、採用活動の効率化に役立てられています。

【特徴・強み】

  • 採用担当だけでなく、応募者や人材紹介会社など外部の方向けの機能も搭載されている
  • 応募者用のマイページがあり、面接の日程調整やメッセージのやりとりがしやすい
  • プライバシーマークの取得やSSL通信など、多くのセキュリティ対策が行われている

【こんな人におすすめ】

  • ありとあらゆる情報を1つのツールに集約したい方(一元管理できる情報が豊富)
  • 別のシステムからの乗り換えを検討中の方(導入企業の半数近くが乗り換え)

【料金プラン】
要問い合わせ

豊富な機能で採用を効率化!分析に役立つ採用管理システム

HRMOS採用管理

https://hrmos.co/saiyo/

HRMOS採用管理は、株式会社ビズリーチの提供する採用管理システムです。
戦略的な人事に向けた機能を多く搭載しており、株式会社セブン銀行や株式会社コロプラなど多くの企業から導入されています。

【特徴・強み】

  • 転職サイト運営などで培ったノウハウを集約して作られている
  • レコメンド機能により、マッチ度の高い人材を抽出できる
  • サマリー機能やレポート機能により、採用状況や改善点を見える化できる

【こんな人におすすめ】

  • 操作性を重視したい方(未経験の方でも活用しやすいUI / UX)
  • 採用における課題を見つけたい方(レポート機能により振り返りが容易)

【料金プラン】
料金は企業規模や用途によって異なります。
詳しくはお問い合わせください。

ジョブオプ採用管理

https://jobop.jp/ats/

ジョブオプ採用管理は、株式会社リクルートジョブズの提供する採用管理システムです。
採用サイトの作成や応募者の管理、求人媒体への発注、効果レポートの出力などを行うことができます。また、採用サイトの作成や応募者の管理のみであれば、無料で利用できるジョブオプLiteも用意されています。

【特徴・強み】

  • SEO対策がなされた採用サイトを作成できるため、検索エンジンからの流入も見込める
  • 求人情報はIndeedに自動で転載されるため、応募数アップにつなげることができる
  • 媒体ごとの応募数や採用数をグラフ化できるため、分析や改善に役立てることができる

【こんな人におすすめ】

  • 採用コストを抑えたい方(定額制なので利用人数に関係なく費用が一律)
  • サポート体制の整ったサービスを利用したい方(レクチャーや定期的なセミナーが実施される)

【料金プラン】
要問い合わせ

Cycle(サイクル)

https://www.enjapan.com/service/cycle_career/

Cycleは、エン・ジャパン株式会社の提供する採用管理システムです。
RIZAP株式会社や大東建託株式会社など業種・業界問わず導入されており、採用活動の改善に利用されています。

【特徴・強み】

  • 応募者の振り分けや抽出、メール送信などを自動化することができる
  • 説明会などの予約をWebで手軽にできるため、予約率を高められる
  • カスタマイズ性が高く、職種ごとのフローの違いなどを反映させやすい

【こんな人におすすめ】

  • 応募者のデータを1つのツールにまとめたい方(Webサイトや求人媒体、エージェント経由など異なる経路でも自動で集約)
  • 支店が多く、管理体制に悩んでいた方(支店ごとの振り分けも自動化可能)

【利用料金】
月額:70,000円~
※年間の応募者数などによって変動します。詳細はお問い合わせください。

HITO-Linkリクルーティング

https://www.hito-link.jp/recruiting/

HITO-Linkリクルーティングは、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の提供する採用管理システムです。
同社は人材に関するツール開発やコンサルティングを行っており、、アルバイトやパートを対象とした採用支援システム「HITO-Manager」も提供しています。

【特徴・強み】

  • マスターデータの登録はHITO-Linkリクルーティング側で行われるので、契約初日から利用できる
  • カレンダー連携数は業界トップクラスで、面接の日程調整がしやすい
  • Indeedやdodaなど30媒体以上のデータを自動で取り込むことができる

【こんな人におすすめ】

  • 面接に力を入れたい方(業務の自動化だけでなく、動画面接ツール「HARUTAKA」との連携も可能)
  • 採用後の作業も効率化したい方(労務管理システム「SmartHR」などとの連携も可能)

【利用料金】
月額:70,000円~
※プランやオプションによって異なります。詳細はお問い合わせください。

人のつながりを重要視するなら!リファラル採用を可能にする採用管理システム

MyRefer(マイリファー)

https://i-myrefer.jp/

MyReferは、株式会社MyReferの提供する採用管理システムです。
リファラル採用ツールとしてNo.1の導入実績があり、三菱電機株式会社やパナソニック株式会社など大手企業にも選ばれています。

【特徴・強み】

  • 利用企業従業員数10~100,000名と、事業規模問わず導入しやすい
  • SNS連携やランキング機能など、自発的な紹介を促す機能が搭載されている
  • 退職した社員に対してもアプローチでき、再雇用を促進できる

【こんな人におすすめ】

  • 初めてリファラル採用を実施する方(セミナーやコンサルティングを受けられる)
  • 採用効率を高めたい方(社員協力率6倍・採用単価80%カット・人事数1/3カットの実績あり)

【料金プラン】
要問い合わせ

Refcome(リフカム)

https://jp.refcome.com/

Refcomeとは、株式会社リフカムの提供する採用管理システムです。
リファラル採用に必要とされる機能が集約されており、社員紹介の採用の活性化につなげることができます。

【特徴・強み】

  • URLを転送するだけで招待が完了するので、社員への負担が少ない
  • データのグラフ化により、なぜ紹介が行われないのか、なぜ応募につながらないのかを発見できる
  • 専任のコンサルタントがサポートを行うので、疑問点を解決しやすい

【こんな人におすすめ】

  • 社全体でリファラル採用に取り組みたい方(グループ単位で効果測定ができ、どの部門に課題があるのか明確にわかる)
  • 紹介のフローを簡略化したい方(フローがシンプルで明確)

【料金プラン】
要問い合わせ

HERP ATS(ハープエーティーエス)

https://herp.cloud/

HERP ATSは、株式会社HERPの提供する採用管理システムです。
社員紹介用のフォームを設けており、リファラル採用を促進することができます。

【特徴・強み】

  • 応募状況や進捗状況がSlackで通知されるため、抜け漏れを減らすことができる
  • 10社以上との求人媒体と連携しており、応募時には自動でHERP ATSに追加される
  • 契約から最短1日で運用開始できる

【こんな人におすすめ】

  • 採用したい人材と実際の応募者のミスマッチを減らしたい方(求人情報の社内共有が容易)
  • 採用活動の属人化をなくしたい方(選考状況をSlackで通知、評価ややりとりもタイムラインで確認可能)

【トライアル価格】
月額:69,800円~

まとめ:各サービスの特長を理解して採用管理システムの導入を進めよう

細々とした作業が発生しがちな採用業務は、サービスの導入によって大きく効率化が図れる分野でもあります。

「過去のやりとりが見つからず、確認に時間を取られる」「できるだけ多くの応募者を集めたいのに、一人ひとりの対応に時間を割けない」など、本来注力したい点に時間を使えていない企業にとって、採用管理システムは導入メリットの多いサービスだと言えるでしょう。

もし今からの予算確保が厳しいなどあれば、まずは無料で利用できる採用管理システムを導入するのもおすすめです。それぞれのサービスの機能や特長などを理解し、適した採用管理システムの導入を進めてみてはいかがでしょうか。