【2020年11月リリースまとめ】フォーム作成時に選択可能なフォームテンプレートがアップデート!

新機能追加

こんにちは。formLab編集部です。

いつも弊社サービスformrunをご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回は2020年11月にリリースされた機能をご紹介します。

11月は、クリエイターフォームにて初期値設定の追加や、プリセット項目「電話番号」に文字数のバリデーションを追加、名寄せ機能である「対応履歴」タブの名称変更・カード数を表示するアップデートなどを行いました。

また、不具合等の軽微なバグを修正しました。

気になるものがあれば、ぜひ使ってみてください。

クリエイターフォーム

テンプレート数を増やし、レイアウトを変更

クリエイターフォームでフォームを作成する際に、選択可能なテンプレート数を増やし、様々な実務に沿ったフォームを編集せずに作成可能となりました。

また、ボード画面のステータス項目がテンプレートごとに最適化されており、すぐに回答受付後のフローを構築することが可能になりました。

今回のアップデートにより、テンプレートが利用用途ごとに棲み分けされ、従来必要であったステータスの編集が必要なくなりました。

これにより、フォーム作成者様自身が利用したい用途を選択しやすくなり、フォームを通じて得た顧客管理を、スムーズに行えるようになりました。

使いやすくなったクリエイターフォームのテンプレートをご利用ください。

▼テンプレートについてはこちら

フォームテンプレートを40種類に大幅アップデートしました

クリエイターフォームにて初期値設定が可能に

 

※こちらはformrunのデモ画像です。

クリエイターフォームで初期値を設定できる機能を追加しました。

これにより、【?_field_◯=××】を公開フォームのURLの後部に設定することにより、該当項目が既に回答されている状態にできます。

また、応用的な利用方法としては、フォームに遷移する前のページ情報が、遷移したフォーム先にて回答されている状態が可能になりました。

例えば、商品情報が既に選ばれている状態や会員情報が既に回答されている状態へと設定することができます。

ただし、上記の応用的な活用方法は、開発担当者様とご相談の上、設定いただく必要がございます。

フォーム回答者様の負担を減らし、少しでもフォーム回答率を上げるためにこちらの機能をご利用ください。

────────────────
▼初期値設定についてはこちら
https://faq.form.run/initialvalue
────────────────

プリセット項目「電話番号」に文字数のバリデーションを追加

プリセット項目「電話番号」項目に回答できる文字数を20文字以内に制限しました。

今まではプリセット項目「電話番号」項目に入力可能な文字数の制限がなく、存在しない桁数の電話番号が回答できる状況となっておりました。

今回のアップデートにより、プリセット項目「電話番号」への回答は20桁以内となり、存在しない電話番号が回答される可能性が低くなると考えられます。

────────────────
▼プリセット項目「電話番号」についてはこちら
https://faq.form.run/formtab
────────────────

フォームを保存し「完了」ボタンクリック後の遷移先をボード画面に変更

※こちらはfomrunのデモ画面です。

クリエイターフォームにおけるフォーム作成・保存後のページで「完了」ボタンをクリックした際に、該当フォームのボード画面が表示されるよう変更しました。

これまでは「完了」ボタンをクリックするとフォーム一覧画面に遷移していたため、複数フォームを作成している場合、直前に作成・編集したフォームを探す手間がかかっていたと思われます。

今回のリリースにより、フォーム編集直後にボード画面でお問い合わせ内容の確認をスムーズに行うことができます。

────────────────
▼ボード画面についてはこちら
https://faq.form.run/board
────────────────

設定画面

独自ドメインメールアドレスの設定画面で転送設定の案内を追記

※こちらはformrunのデモ画面です。

設定画面「チーム>独自ドメインメール」に④「転送設定」を追記しました。

これまで設定画面内では、③「フォーム設定」までを案内していたため、formrunご契約者様が独自ドメインメールアドレスの設定画面で転送設定をし忘れることにより、エンドユーザー様からformrunご契約者様にメール返信があった場合に、その返信内容がボード画面に取り込まれないケースがございました。

そのため、忘れずに転送設定を行い、対応漏れをなくすことができるよう設定画面に④「転送設定」を追記しました。

自動返信メールやformrunのボード画面上から送信するメールに自社ドメインを設定することで、フォーム回答者様に安心感を与えたい方は、独自ドメインメールアドレスをぜひご利用ください。

▼独自ドメインメールアドレスについてはこちら

「独自ドメインメールアドレス」を設定して、エンドユーザーに安心感を届けよう!

管理画面

「対応履歴」の文言を「関連カード」に変更

※こちらはformrunのデモ画面です。

カード内「対応履歴」タブの名称を「関連カード」に変更し、フォーム送信時にご入力いただいたメールアドレスからフォーム送信があった(他のカードの)数をタブ上に表示するようにアップデートしました。

これまで名寄せ機能の有無についてのお問い合わせを多くいただいていたため、名称を「関連カード」に変更し、同一メールアドレスからフォーム送信のあったカードの数も表示するようにアップデートしました。

────────────────
▼「関連カード」タブについてはこちら
https://faq.form.run/card
────────────────

不具合修正

受付上限設定機能を利用した際に、フォームの受付上限数が超えてもフォームが非公開にならないバグや、一度に大量のファイルをダウンロードした際に、ダウンロードが完了しない不具合などを修正しました。

なお、ダウンロード数が多い場合、複数メールが届く仕様になりました。それぞれのメールに記載のリンクをクリックすることで、ファイルのダウンロードが可能でございます。

まとめ

今回は11月に改善された機能をご紹介しました。

今後もお客様の声を反映しながら機能改善に努めてまいりますので、formrunをご活用いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします!

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
記事の評価ありがとうございます。