formrunでメンバーの動きが見える化⁉︎会社設立後5ヶ月でformrunを導入した企業が語るformrunの魅力とはー株式会社Meily

導入事例集

「外見に悩む人々の心の拠り所をつくる」をミッションに美容医療SNSを展開する株式会社Meily

同社は実際に美容医療の施術を体験した経験者のリアルな口コミやレポートを公開し、誰もがなりたい自分になれ、より自分らしく生きられる世界を目指しています。

今回は美容整形SNS「Meily(メイリー)」の営業管理としてformrunをご活用いただいているチーフクライアントマネージャーの市川様にお話を伺いました。
 

事業内容美容医療SNS「Meily」の運営
主な用途営業管理
利用プランPROFESSIONALプラン

ー現在、どのような用途でformrunをご利用されていますか。

市川:Meilyへの掲載をご希望されるクリニック様に対する掲載お申し込みフォームにformrunを利用しています。

弊社のサービスでは、美容医療や整形の口コミ・体験談を記載しています。Meilyで口コミを見た方が、美容医療の施術ができるクリニックを選びやすくなるよう、クリニック様の情報もメディアに掲載しています。

クリニック様をMeilyに掲載する手段として、「弊社からMeilyに掲載したいクリニック様をリスト化する方法」を取っていました。

しかし、弊社はまだ立ち上げて間もないスタートアップでヒト・時間のリソースに限りがあるため、1社1社のステータス管理を徹底することは困難な状況だったんですよね。

ヒトと時間のリソースを確保するために、Meilyへの掲載をご希望されるクリニック様に自主的に声をあげていただけるよう、formrunで掲載お申し込みフォームを作成しました。

 

ーそのうえで、なぜformrunを選ばれたのですか?

市川:私が学生の頃、mixtape合同会社(現在、株式会社ベーシックに完全子会社化)の共同創業者で、formrunをつくったばかりの頃の多田雅斗氏に取材させていただいたことがあり、「formrun(フォームラン)」というワードが頭の中に残っていました。

そのため、他のフォーム作成ツールと比較することなく、formrunを導入しました。

ーformrunのことを頭の片隅に入れていただき、大変嬉しい限りです。実際にformrunをご利用されてみて、何かお気に入りの機能はありますか。

市川:そうですね、お気に入りの機能は、メモ機能」、「カードの新規作成機能」ですね。メモ機能の特徴は

  • フォーム情報を閲覧できるメンバー全員で作成したメモを確認できること
  • メモ作成者が自動でメモに記載されること

の2点だと思います。
弊社は立ち上げて間もないスタートアップであることから、CEOや財務担当含め、ポジションを問わず横断的にタスクを進めています。そのため、情報が分断されやすい状況にありました。

しかし、formrunの導入をキッカケとし、メモ機能を活用することで、Meilyに従事している各メンバーがMeilyご利用者様やクリニック様と話した内容をメモに残せるようになりました。

「誰が」「誰に対して」「何を言ったか」を可視化できるようになり、Meily運営チームのメンバー内で情報に対する共通認識が取れ、仮にご利用者様やクリニック様を担当するメンバーが変わったとしても、慌てることがなくなりました。

また、フォームに回答していただかなくても、カードを手動で作成できる点もお気に入りです。

最初にお話した通り、私たちはMeilyにクリニック様を掲載する手段として

  • クリニック様からMeilyへの掲載を申請していただく
  • Meilyに掲載したいクリニック様をリスト化する

の2パターンを取っています。
前者の掲載申請用にformrunで作成したフォームを用意しており、後者のリスト管理を行うために、申請フォームの管理画面からカードを新規に作成しています。

つまり、フォーム回答時にカードが自動で生成される機能によって、Meilyへの掲載を申請してくださったクリニック様のリストを管理でき、さらにカードを手動で作成できる機能によって、対面でお話しに行きたいクリニック様も確認できますよね。

2種類のお客様を同一画面内で確認できると、お客様の情報を管理しているページを往復する必要がなくなるため、大変便利に利用させていただいています。

少し余談ですが、「メモ機能」、「カードの新規作成機能」のどちらも、共通して挙動が「シンプル」なんですよね。

どちらもボタンを押して、一画面内に必要事項を入力するだけ。

余計な導線がないため、初めてformrunを触ってみた人でも簡単に使える点を個人的に気に入っています。

「カードの新規作成」画面です※formrunのデモ画像

ーまさに営業管理ツールとしてご利用いただいているのですね!現在、PROFESSIONALプランをご利用されている理由を教えていただけますか?

市川:繰り返しのご説明になってしまいますが、立ち上げて間もない企業の場合、役職はあってもないようなものです。

個々人が横断的に業務に取り組んでいるからこそ、チーム全員で共通認識を持つ必要があります。

そのため、3人以上でフォームを管理できるPROFESSIONALプランを選択し、チーム内での認識がずれないようにしています。

ーありがとうございます。最後に、formrunの活用をお薦めしたい企業について教えてください。

市川:やはり、創業して間もないスタートアップ企業にお勤めの方にお薦めです。

フォームを設置後、フォームに回答した人への対応方法が決まっていなくても、formrunを利用することで回答者への対応方法や対応手順を自動的に可視化できると思います。

なぜなら、formrunではステータス管理、担当者設定、詳細検索などができるからです。

そのため、フォームへの回答があったら、

  1. Slackやメールで通知を確認する。
  2. 通知先に記載されているリンクから管理画面に遷移する。
  3. 顧客カードに担当者を設定する。
  4. 対応する。
  5. ステータスを管理する。

という手順で対応すればいいことが自然と分かり、業務管理を簡単に始められると思います。

立ち上げて間もないスタートアップの方でも、きっといいスタートを切れると思いますよ。

株式会社Meily チーフクライアントマネージャー 市川亮太様
新卒で求人媒体の立ち上げプロジェクトに企画職として参画。プロダクト企画・ディレクション・広告運用を経験したのち、株式会社Meilyにジョイン。