求人メディアの面談調整をスムーズに!formrunで実現した業務効率化ーエッジコンサルティング株式会社

導入事例集

AIや機械学習、ビッグデータ解析といった最新のテクノロジーで企業を支援するエッジコンサルティング株式会社
データサイエンティストやデータアナリスト、機械学習エンジニアなどのITプロフェッショナル人材の育成・紹介事業を行なっています。

今回は、業界唯一のビッグデータ領域に特化した人材募集サイト「BIGDATA NAVI」を運営するAI事業開発部リーダーの関口様と、マーケティング担当者の尾野様にformrunの活用についてお話を伺いました。

関口様と尾野様

関口様(左)と尾野様(右)

事業内容高度IT人材の育成・紹介事業
主な用途媒体応募者の面談設定
利用プランPROFESSIONALプラン

 

ー現在どのような事業をされているのですか?

関口:弊社では高度IT人材に特化した人材紹介事業、人工知能による営業支援ツール「GeAIne(ジーン)」の開発、機械学習・ディープラーニングのスクール「AIジョブカレ」の提供、大きく3つの事業を展開しています。

特に力を入れているのがAIジョブカレです。これは日本ディープラーニング協会の認定講座で、指定の講座を受講・修了すると国の認定資格である「E検定」の受験資格を与えられます。
実務経験のある講師による実践的なAI教育プログラムを受講できる点が特徴で、データ分析や人工知能に関わる知識や経験を得て実務に役立てたいというITエンジニアの方、企画職、マーケター、大学生の方などAIを学びたい様々な方に受講いただいています。

AIジョブカレトップページ

AI​技術専門の教育講座である「AIジョブカレ」

業界での増え続けるニーズに対し、AIやビッグデータについて専門的な知識・スキルを持つ人材が不足していることから、人材の育成が非常に重要な分野なのです。

ーformrunはどのような業務でご利用いただいているのでしょうか?

関口:現在人材紹介事業では、AIとビッグデータ系に特化した「BIGDATA NAVI」と、PMO / コンサルティングに特化した「PMO NAVI」という2つのメディアを自社運営しています。どちらのサイトでもフリーランスの方を中心にクライアント企業の案件を紹介しています。ITからAIへと転向したいエンジニアの方からキャリアカウンセリングのニーズが増しており、正社員からの独立を支援するようなケースも多いため、応募者とのコミュニケーションは非常に重視しています。

BIGDATA-NAVIトップページ

データサイエンス領域に特化した案件情報サイト「BIGDATA NAVI」

会員登録や面談の予約のためにformrunで作成したフォームを設置しており、案件を探されているエンジニアの方からの応募対応、登録面談までの調整・進捗管理の際に問い合わせ機能を利用しています。面談までには日程調整を含め複数回にわたって連絡を取る必要があるので、応募者とのコミュニケーションの際にformrunを使っています。

「BIGDATA-NAVI」に設置されたformrunのフォーム

「BIGDATA NAVI」に設置されたformrunのフォーム

尾野:毎月数百件もの問い合わせがあるため、以前は応募者の対応や管理がとても大変でしたが、サービス導入後そうした業務の負担が軽減されたと感じています。
一つのツールの中で問い合わせの対応から顧客管理まで完結できるので、業務の対応スピードが向上しました。

ーformrunのどのような点が業務の効率化に役立っているのですか?

関口:応募フォームに入力された情報が“カード”として自動生成されて、そのまま案件の進捗管理ができる点が一番大きいですね。
どのステータスに何名の方がいて、対応済みか未対応なのか、見える化してくれる管理画面は重宝しています。対応漏れがないか、きちんとフォローができているか、一目瞭然ですので。

ボード画面サンプル

問い合わせ対応と進捗管理ができるformrunのボード画面(サンプル)

また、マーケティング担当者含め5名でformrunを利用しているので、チーム内の情報共有に便利なラベル機能やメモ機能もよく使っています。面談結果を踏まえて案件ごとにラベルで分類したり、人物像やスキルなどの詳細をメモに残したりすることで問い合わせ対応が属人化しないようにしています。メンバー間で情報共有を行いながら問い合わせ対応や顧客管理ができる点が良いですね。

ー現在、PROFESSIONALプランをご利用いただいていますが、有料プランに移行しようと思ったきっかけを教えてください

関口:月数百件もの問い合わせ対応は1人では難しく、複数名で行う必要がありました。
PROFESSIONALプランでは10名までメンバーを追加することができる上、メールの送受信の際に、送信元のメールを自社ドメインに設定できるので有料プランでの運用を決めました。やはり企業としてブランドの一貫性は大切にしたいですね。

ーformrunをおすすめするとしたら、どんな方でしょうか?

尾野:ボード画面での進捗管理が本当に便利なので、面談の日程調整が必要な人材系の業種の方におすすめしたいですね。
関口:あとはCS(カスタマーサポート)の方です。問い合わせ対応の漏れや属人化をなくしたい場合にformrunの管理画面や問い合わせ機能は役に立つと思います。

エッジコンサルティング株式会社導入事例1

 

エッジコンサルティング株式会社 AI事業開発部 リーダー 関口 良徳様
国内・海外でハード・ソフトの営業を経験後、現在はエッジコンサルティング株式会社でAI事業開発部 営業企画でRA/CA/採用を担当。
“ITを活用して、場所や時間にとらわれず人を活かす「働き 学ぶ」を提供することに貢献していきたい” との想いでお仕事をされています。

エッジコンサルティング株式会社 コンテンツマーケティング部 尾野大輔様
2018年10月にエッジコンサルティング株式会社に入社。現在は「BIGDATA NAVI」「PMO NAVI」の企画運営・プロモーションと営業支援ツール「GeAIne」のマーケティングを担当。