登録フォーム作成ツールならformrun│無料でも作成可能

フォーム作成ツール

会員の募集やイベント運営、メールマガジンなど、多くの場面で使用される「登録フォーム」。

ホームページに設置しておけば、いつでもユーザーからの登録を受け付けることができるようになるというメリットがあります。

今回の記事では、弊社が提供する登録フォームが作成できるツール「formrun」の紹介に加え、その他の簡単に登録フォームを作成できるツールをまとめました。どのツールも無料で使えるものなので、ぜひ気になったツールを試してみてください。

登録フォームの作り方

登録フォームを作成する場合には、

  • コードを使って作成する方法
  • WordPressのプラグインを使って作成する方法
  • フォーム作成ツールを使う方法

という3つの方法があります。

それぞれの方法のメリットとデメリットを解説していきます。どのようなフォームを作りたいのかということや、必要な機能によっておすすめの方法が異なるので、まずは自分にあった方法を探してみてください。

HTMLやCSS、PHPなどコードで作成する

登録フォームを作成する1つ目の方法は、HTMLやCSS、PHPのコードを使って作成する方法です。

それぞれの言語には、以下のような役割があります。

  • HTML:表示されるテキストや入力欄など、フォームの骨組みを作る
  • CSS:テキストの色や大きさなど、フォームのデザインを整える
  • PHP:フォームの回答後に、「送信しました」などの返信機能を実装する

コーディングでフォームを作る場合には、Web上にコピペで使用できるテンプレートがあるので、そちらを利用することもできるでしょう。

メリットデメリット
  • 自由にカスタマイズができる
  • 必要な機能を無料で実現することができる
  • スキルの習得に時間がかかる
  • 不具合が起きた場合に対応できる人間が限られる

WordPressのプラグインを使う

ホームページをWordPressで作成している場合には、プラグインを使うことでフォームを設置することもできます。

プラグインとはWordPressの機能を拡張するためのツールのことで、無料でページ内に目次を自動で表示したり、セキュリティ対策をしてくれるプラグインなどがあります。

プラグインの中にはフォームを作成できるものがあり、それらを使うことで、コーディングやデザインの知識がなくても無料で簡単に登録フォームを設置することができます。

メリットデメリット
  • コーディングやデザインの知識が不要
  • 無料で使うことができる
  • 利用できるのはWordPressを使っている場合のみ
  • プラグインを入れすぎるとサイトの表示速度が遅くなる

フォーム作成ツールを利用する

登録フォームを作成する3つ目の方法は、フォーム作成ツールを使う方法です。

WordPressのプラグインと同様に、コーディングやデザインの知識がなくてもフォームを作成することができます。

近年では無料で使えるツールが多く、ツールを使ってフォームを作成・設置する人が増えています。ツールによって機能に特徴があり、顧客管理などマーケティング用途でも使えるものや、フォーム作成と同時にランディングページを作成できるものもあります。

メリットデメリット
  • コーディングやデザインの知識が不要
  • 無料で使うことができる
  • 短時間でフォームを作成できる
  • ツールによっては実現したい機能がない場合がある

登録フォーム作成ツールを選ぶポイント

テンプレートが豊富か

フォーム作成ツールの「テンプレート機能」を使うことで短時間で登録フォームを作成できます。

フォーム作成ツールの中にはテンプレート機能があるものが多いですが、用意されている種類はツールによってさまざまです。まずは、自分が作成したいフォームのテンプレートがあるのかや、どれくらいの種類のテンプレートがあるのか確認しましょう。

操作しやすいか

操作のしやすさも欠かせないポイントの一つです。

いくら機能が優れていても、使い方が複雑だったり、操作の仕方がわからなければ、日々の業務に支障が出るでしょう。

フォーム作成ツールはできるだけ操作がしやすく、使っていてストレスのないものを選びましょう。

デザイン性が高いか

せっかくユーザーがフォームを見つけても、見栄えが悪いフォームや入力がしにくいフォームでは、途中でページを離脱してしまう可能性があります。

本来獲得できるはずのユーザーを失わないためにも、登録フォームにはデザイン性の高いものを使うのがおすすめです。ユーザーにとって簡単に使えるようなフォームを選ぶようにしましょう。

ツールの連携がしやすいか

ツールの連携のしやすさも重要です。

フォーム作成ツールは、フォームに送信されたデータを他のツールに出力し、業務を効率化するという使い方をします。ツールの連携がしにくいと、この業務効率化がうまくいかず、フォーム作成ツールを導入したメリットを活かせません。

フォーム作成ツールを導入する前に、普段使っている他のツールと連携できるかどうか、連携しやすいかどうかも必ず確認しておきましょう。

ホームページに埋め込みができるか

フォームを公開する方法には、

  • ホームページ内に埋め込む方法
  • フォームを新しいページとして作成し、フォームのURLをシェアする方法

という2種類があります。

ランディングページや、すでに運用しているホームページ内にフォームを設置したい場合には、埋め込み機能のあるフォーム作成ツールを選ぶ必要があります。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由①ステータスごとにカードで管理

formrunはフォーム作成と併せて、フォームで獲得した顧客情報まで一括して管理できるため、登録フォーム作成ツールとして便利です。

登録フォームは、電話対応とは異なり24時間対応できるため、業務時間外に届いた顧客へも漏れなく対応する必要があります。

formrunの管理画面は、顧客をステータスごとにカードで管理し、対応状況や担当者がひと目でわかる仕様です。
ステータスは、未対応、承認待ち、承認済みなど、自社が管理しやすいように追加・変更ができます。月毎に分類して顧客を管理し、マーケティングの方法を変えるといった使い方も可能です。

顧客の対応状況をチームで把握でき、対応遅れや対応漏れの防止に役立ちます。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由②管理画面からメール送信

formrunは、他のメーラーを開くことなく管理画面からメールの送信が可能です。

登録フォームに入力したユーザーは、きちんと登録ができたかどうか、サイト側から返信がなければ不安に感じてしまいます。ユーザーの不安を解消するために、できるだけ早くユーザーへ登録承認のメールを送信しなければなりません。

formrunは管理画面からそのままメールを送信できるため、登録フォームから入力があればすぐに対応ができ、顧客満足度の向上に貢献します。メールのテンプレートを作成しておけば、さらに対応までのスピードアップが可能です。

また、formrunは自動返信メール機能を備えています。登録フォームに入力したユーザーに自動で承認メールが届くように設定しておけば、業務時間外に登録フォームを入力したユーザーにも対応できます。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由③入力者に易しいフォーム作成機能

登録フォームに限らず、フォームは離脱を防止するための対策が重要です。formrunには、ユーザーが最後まで入力してくれるフォームを作成できる機能が豊富に揃っています。

誤った入力がされた場合にすぐにエラーを知らせるリアルバリデーション機能や、郵便番号を入力すれば残りの住所を補完入力してくれる住所補完機能で、ユーザーの入力に対するストレスや手間を軽減します。

他にもフォーム送信前に入力内容を確認できるようにして入力ミスを防止したりと、入力者がフォームから離脱する原因を取り除くことで、入力完了率を高められる点がメリットです。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由④外部ツールとの連携

formrunは、多くの外部ツールと連携できる点も、おすすめする理由の一つです。

メールや電話で登録を受け付けている場合は、ユーザーの情報をExcelやスプレッドシートに手動で入力しなければなりません。

formrunはGoogleスプレッドシートでユーザーの情報を出力でき、ユーザーの管理やデータの集計に役立ちます。さらに、イベントやセミナーで登録フォームを使用する際には、Googleスプレッドシートに出力した情報を関係者間で共有可能です。

Salesforceと連携してマーケティングに活用したり、SlackやChatworkと連携して入力があれば即座に通知が来るように設定したりと、業務の効率化に役立ちます。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由⑤デザイン性に優れた豊富なテンプレート

formrunには、40種類以上のテンプレートが用意されており、イチからデザインを考える必要がありません。フォーム作成の手間を大幅に省けます。

豊富なテンプレート数から業種や用途に合わせて選ぶことで、さまざまなフォームに対応可能です。

フォームの背景やボタン、タイトル、項目などのカラーを自由に設定すれば、自社のイメージにぴったりなフォームにカスタマイズできます。

登録フォームでは、ユーザーが入力しやすいデザインでフォームを作成することが重要です。formrunのデザイン性の高い豊富なテンプレートなら、入力完了率の向上が見込めます。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由⑥iframeでホームページに埋め込める

formrunで作成したフォームは、iframeでホームページに簡単に埋め込みが可能です。iframeとはHTMLタグの1つで、設置すると、Webページ内で別のWebページや画像、動画などを表示できます。

formrunでは、iframe設定画面の指示に従ってコピー&ペーストの簡単操作で設置できます。
すでに運用しているのホームページにフォームを埋め込みたい方に、非常に便利な機能です。

登録フォーム作成ツールならformrunがいい理由⑦無料でも作れる

formrunには、期限なしで利用できるFREEプランがあり、簡単な登録フォームなら無料で作成できます。

ただし、作成できるフォーム数は一つで、機能に制限があります。サイトをいくつか運用していて、複数のフォームを作成する可能性がある場合は、有料プランでの利用がおすすめです。

formrunには以下3つの有料プランが用意されています。

  • BEGINNER(スモールビジネス向き):月額3,880円(税抜)
  • STARTER(作成フォーム数が多い企業向き):月額12,980円(税抜)
  • PROFESSIONAL(本格的な運用を検討している企業向き):月額25,800円(税抜)

まずはFREEプランで使用感を試してみて、有料プランへの検討をしてみてください。有料プランも14日間のトライアル期間を活用することで、自社に最適なプランが選択できます。

formrunと無料のおすすめ登録フォーム作成ツール8選比較

①顧客管理まで可能:formrun(フォームラン)

 

formrun(フォームラン)は、弊社の提供するフォーム作成ツールです。

フォームの回答を「カード」として管理できることが特徴で、管理画面から回答者に直接メールを送信したり、「新着」「内容確認中」など回答者ごとのステータスを整理することができます。

登録したユーザーに承認メールを送信したり、承認をしていないユーザーや対応が完了したユーザーをステータスで管理するといった活用法が考えられます。

また、デザイン性が高いことも特徴で、2018年度のグッドデザイン賞に選ばれています。

フォームにはリアルタイムでのバリデーション(入力間違いの防止)機能や住所の自動補完機能があるため、回答者にとって入力しやすいフォームを作成できるでしょう。

<料金プラン>

プランFREEBEGINNERSTARTERPROFESSIONAL
月額0円3,880円12,980円25,800円

 

②すべての機能が無料で利用できる:Googleフォーム

Googleフォーム

Googleフォームは、Googleの提供しているフォーム作成ツールです。Googleアカウントを持っていれば誰でも使うことができ、全ての機能が無料で利用できます。

「イベント参加」や「申し込み」などのテンプレートが用意されており、スピーディーなフォームの作成が可能。

また、Googleスプレッドシートと連携ができ、回答データをリアルタイムで確認したり、シートに蓄積していくことができます。登録者のデータを自動でスプレッドシートに反映できるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

<料金プラン>

プラン

パーソナル

Business Starter

Business Standard

Business Plus

Enterprise

月額

0円

680円

1,360円

2,040円

お問い合わせ

 

③カスタマーサポート機能が充実:Tayori(タヨリ)

Tayori(タヨリ)

Tayori(タヨリ)は、株式会社PR Tableが提供するフォーム作成ツールです。

イベント参加予約や来店予約などのテンプレートが用意されており、パーツをクリックして追加するだけで簡単にフォームを作成できます。

また、Tayoriの魅力はカスタマーサポート機能が充実しているという点です。

フォームへの回答に管理画面からメールで返信したり、回答にフラグで重要度をつけて対応漏れを防止する機能、回答を「未読」「未返信」「未完了」に分類する機能などが搭載されています。

登録フォームに回答したユーザーへ対応しながら、回答データを収集するといった使い方が可能です。

<料金プラン>

プランフリースタータープロフェッショナル
月額0円3,400円7,400円

④1画面に設問は1つでストレス軽減:Typeform(タイプフォーム)

Typeform(タイプフォーム)

Typeform(タイプフォーム)は、スペインに本社を置くTypeform社が提供するフォーム作成ツールです。

用意されているテンプレートの種類が豊富で、「イベント登録フォーム」「入会申込フォーム」「オンライン登録フォーム」などさまざまなものがあります。

Typeformで作成したフォームは1画面に1つの設問のみが表示され、ユーザーにとってストレスなく回答できるような工夫がされています。設問のフォントサイズや配置なども洗練されており、フォームの入力完了率を高める効果が期待できます。

プランFreeBasicPlusBusiness
月額0米ドル25米ドル50米ドル83米ドル

⑤フォーム作成数120万以上:フォームズ(formzu)

フォームズ(formzu)

フォームズ(formzu)は、メールアドレスを登録するだけで簡単にフォームを作成できるツールです。これまで累計で120万以上のフォームが作成されています。

無料プランでも自動返信メールの設定や細かなデザインの調整、回答データのCSV出力などが利用できます。

また、Paypal決済を導入できることも特徴で、参加申込時にすぐに決済を行うということも可能です。無料で豊富な機能を使いたい方におすすめできるツールです。

<料金プラン>

プランフリーパーソナルビジネスプロフェッショナル
月額0円18.9円/日36.2円/日84.9円/日

⑥初心者におすすめ:セキュアフォーム(SECURE FORM)

SECURE FORM(セキュアフォーム)

セキュアフォーム(SECURE FORM)は、4万人以上が登録しているフォーム作成ツールです。

ドラッグ&ドロップで簡単にフォームを作成でき、わずか9秒ほどで登録フォームを作ることができます。自動返信メールやSSL暗号化など、無料でも使える便利な機能が用意されています。

回答データのCSVエクスポートは有料プランのみの対応となっていますが、最大でも月額1,800円とリーズナブルな価格設定になっています。

初めてフォームを作成するという方や、直感的に短時間でフォームを作成したいという方におすすめです。

<料金プラン>

プランフリーベーシックビジネス
月額0円990円1,980円

⑦スキルがなくても安心:Contact Form7

Contact Form 7

Contact Form7は、フォームを作成・設置できるWordPressのプラグインです。

ボタンをクリックしていくだけでテキストボックスやチェックボックスなどのパーツを追加でき、スキルがなくても簡単にフォームを作成できます。

また、フォームのデザインや自動返信メールの内容を柔軟にカスタマイズすることも可能です。

カスタマイズにはコーディングの知識が必要にはなりますが、Web上に多くの解説記事があるので、それらを参考にしてカスタマイズすることもできるでしょう。

WordPressでホームページを運用している方にはおすすめしたいプラグインです。

<料金プラン>
無料

⑧セキュリティも安心:FormMailer


FormMailerは、大手企業や大学、官公庁に導入実績のある信頼度の高いツールです。

無料と有料のどちらのプランでもSSL暗号化で通信するフォームを作成できるため、セキュリティを重視しながら低コストでの導入を検討している方におすすめです。

有料プランであれば、フォームのみならず、ランディングページまで一つのツールで作成できます。ドラッグ&ドロップと操作が簡単で、フォームなら5分、ランディングページは約30分で完成する点が魅力です。

フォームだけではなく、フォームを埋め込むサイトも合わせて準備する必要がある方に便利なツールです。

<料金プラン>

プラン

無料版

有料版

月額

0円

1,485円(税込)〜

登録フォーム作成ツールを使うメリット

下記の3つが登録フォーム作成ツールの主なメリットです。 

  1. 簡単にフォームが作成できる
  2. 業務を効率化できる
  3. テンプレートが利用できる

1つずつ見ていきましょう。

簡単にフォームが作成できる

簡単にフォームが作成できることが大きなメリットです。

ツール以外で登録フォームを作成するときには、知識や手間が必要になりますが、フォーム作成ツールを使えば数分で簡単にフォームを作成することができます。

業務を効率化できる

データ連携機能があるフォーム作成ツールを使えば、業務を大幅に効率化できます。

通常はフォームから問い合わせなどが届いたら、Salesforceなどの営業ツールに入力する、もしくはエクセルやGoogleスプレッドシートに入力必要があります。

フォーム作成ツールのデータ連携機能を使えば、フォームに送信されたデータがほかのツールに自動で取り込まれるため、データ入力業務を削減できます。

テンプレートが利用できる

フォームを作成する時には、入力項目を考えたり、配置を決めたりする必要があります。

フォーム作成ツールには、あらかじめテンプレートが用意されているので、テンプレートから自分の作りたいフォームをカスタマイズできるため、フォーム作成にかかる時間を短くできます。

また、フォームのデザインを変更するのも手間がかかりますが、テンプレートがあればサイトにあったフォームを簡単に作成できます。

ツールを使って登録フォームを作るポイント

登録フォームを設置すると、ユーザーは24時間いつでもフォームの入力が可能です。顧客を獲得する重要な役割を果たすため、入力完了率の高いフォームを作成する必要があります。

入力完了率の高いフォームを作成するためには、ユーザー視点で考えることが大切です。具体的には次の5つのポイントを意識しながら作りましょう。

  • 項目数は必要最低限に絞る
  • 必須項目と任意項目を区別する
  • 入力中のフォームをわかりやすくする
  • 入力エラーがわかりやすい表示をする
  • レスポンシブデザインのフォームにする

以下より一つずつ解説します。

項目数は必要最低限に絞る

フォームに設置する項目は必要なものだけに厳選しましょう。

項目数が多すぎるフォームは、入力に手間がかかり離脱してしまいます。項目を設置するときは本当に必要な情報か検討が必要です。例えば、メルマガの会員登録であれば、名前とアドレスがわかれば十分で、住所や生年月日といった項目があると、ユーザーは必要なのかと疑問に感じてしまい、フォームからの離脱を引き起こしかねません。

フォームは顧客情報を獲得できる貴重な機会です。多くの項目を設置し、より詳細な情報を取得したいものですが、まずは必要最低限の項目数に絞り、ユーザーの離脱防止を優先して考えましょう。

必須項目と任意項目を区別する

必須項目と任意項目がわかりやすいように区別することも、ユーザーの離脱を防止するポイントです。

ユーザーは必須項目と任意項目の区別がなければ、すべての項目を埋めなければならないと認識してしまいます。項目数が多いと感じてしまい離脱の原因です。

必須項目か任意項目かを明確にすることで、ユーザーは入力しなければならない項目がひと目でわかります。必須項目を見落とし、入力エラーが生じてしまうのも防げるため、ユーザーはスムーズに入力を完了させられます。

ただし、必須項目ばかりを増やさないように注意しましょう。必須項目が多すぎるのはユーザーにストレスを与えてしまい離脱につながります。

入力中のフォームをわかりやすくする

現在どの項目を入力しているかわかるよう、背景色や枠線の色を変えるなどの工夫をしましょう。

入力の最中に画面から目を離しフォームの入力を再開した際に、どの項目を入力していたかわからないと面倒くさくなってしまい、ユーザーはフォームの入力をあきらめてしまいます。

複数の入力項目がある登録フォームは、どの項目を入力しているかひと目でわかるようにしておけば、ユーザーが入力に集中できます。

入力エラーがわかりやすい表示をする

入力エラーは、リアルタイムでわかるように設定しておくのがおすすめです。

すべての入力を終えた後にエラーが表示された場合、ユーザーはエラー箇所を探し、再度入力をしなければなりません。入力した時点でエラーが表示されれば、ユーザーはすぐに修正でき、エラー箇所を探す手間がなくなります。

エラー表示は色を変えたり、エラーのすぐ近くにエラーメッセージを表示するなどわかりやすくしておきましょう。

レスポンシブデザインのフォームにする

フォームは、レスポンシブデザインのフォームを作成しておきましょう。

登録フォームに入力するユーザーはPCだけではなく、スマートフォンからの流入も多くあります。スマートフォンでも見やすいフォームかどうかは重要です。

さらに、登録フォームでは住所や電話番号、メールアドレスを入力するため、数字やアルファベットなど入力する文字に応じてキーボードを切り替える必要があります。入力欄に応じてキーボードが自動で切り替わるように設定しておくと、ユーザーの利便性が高まります。

formrunを導入して登録フォームを作成しよう

今回は8つのフォーム作成ツールをご紹介しました。どのツールも直感的に操作でき、専門的な知識がなくても簡単にフォームを作成できるものになっています。

それぞれのツールに違った特徴があり、必要な機能によって向いているツールは異なります。今回ご紹介したツールは無料から使えるものばかりなので、実際に試してみながら使いやすいツールを探してみてはいかがでしょうか。

弊社が提供する「formrun」が登録フォーム作成におすすめな理由は以下の通りです。

  • ステータスごとにカードで管理できる
  • 管理画面からメール送信が可能
  • 入力者に易しいフォーム作成ができる
  • 外部ツールとの連携で業務効率化
  • デザイン性に優れたテンプレートが豊富
  • ホームページに簡単に埋め込める

どのツールを選んでいいか悩んだ時にはぜひ、検討してみてください。

登録フォームに関するよくある質問

登録フォームの作成方法は?
HTMLやPHPなどコードで作成する方法と、フォーム作成ツールを使う方法があります。

コードを使ってフォームを作成する場合、専門知識が必要となりますが、機能やデザインを思い通りに設計することができます。一方でプラグインやフォーム作成ツールを利用する場合は、カスタマイズ性ではコードに劣るものの、短時間で簡単にフォームを作成できることが利点です。

登録フォーム作成ツールを導入するメリットは?
フォーム作成ツールを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 簡単にフォームが作成できる
  • 業務を効率化できる
  • テンプレートが利用できる
  • フォーム作成以外の機能を利用することができる

登録フォーム作成ツールを選ぶポイントは?
フォーム作成ツールを選ぶ際には、まず自社に必要な機能を確認し、その機能を搭載しているツールを探すところから始めましょう。余分な機能を搭載していないツールを選ぶことで、費用を抑えることや操作のシンプルさにつながります。
また、以下のことも注意して見てください。

  • テンプレートが豊富か
  • 操作しやすいか
  • デザイン性が高いか
  • ツールの連携がしやすいか
  • ホームページに埋め込みができるか

登録フォーム作成ツールの価格帯は?
ツールによっては無料プランと有料プランがあります。有料プランの価格帯としては、月額900円~25,800円までと、幅広く展開されています。自社の予算と照らし合わせて検討してみてください。