【目的別】Chatworkと連携できるおすすめアプリ8選

業務効率化

Chatworkは社内コミュニケーションツールとして、多くの企業で利用されている便利なサービスです。

「Chatworkと外部アプリを連携させてもっと使いやすくしたいけれど、どのアプリを連携するべきかわからない…」と悩んでいませんか。

Chatworkと外部アプリを連携させることで、利便性が増し、業務効率化につながります。

今回の記事では、Chatworkと連携可能なおすすめアプリと連携するメリットをわかりやすく解説します。

▼Chatworkと連携するフォーム作成ツールならformrun!問い合わせへの対応もれ防止に役立ちます。

Chatwork連携アプリ①タスク管理なら「Trello」

https://trello.com/ja

Trelloは、カンバン方式で視覚的にタスク管理ができるアプリです。タスクの管理は進捗状況を記載したボードと、タスク内容を記載したカードで行います。

タスクの優先順位に応じてカードを移動させて順番に並べておけば、チームプロジェクトがスムーズに進行します。

Chatworkと連携すれば、Trelloで新しいタスクが追加された時にChatworkへメッセージの送信が可能です。

日常的に使用するChatworkに通知を得られることで、Trello上のタスクを見逃しにくくなります。

Chatwork連携アプリ②スケジュール共有なら「Googleカレンダー」

Google社が提供しているカレンダーアプリ「Googleカレンダー」は、無料で利用できます。シンプルな作りで直感的に操作ができ、スケジュール共有アプリとしては不動の人気を誇ります。

個人で使用することはもちろん、社内メンバーでカレンダーを共有すれば、ミーティングの日程調整で何度もやり取りをする必要がなくなるなど、コニュニケーションコストを削減できるのが魅力です。

GoogleカレンダーをChatworkと連携すると、予定のリマインドや新規予約追加などの通知をChatwork上に送れます。

通知のタイミングや条件を細かく設定できるのも特徴です。例えば、予定開始の10分前や5分前に通知する、特定のキーワードを含む予定のみ通知するといった使い方ができます。

Chatwork連携アプリ③メール管理なら「Gmail」

Gmailは、Google社が提供しているメール管理アプリです。メールを細かくフォルダ分けできたり、過去のメールを簡単に探せたりと利便性が高く、多くの人が利用しています。

Chatworkとの連携によって、Gmailに届いたメールの通知をChatwork上で受け取れます。

すべてのメールではなく、特定の重要なメールのみ通知するようにできるため、必要以上に通知が来るという心配がありません。

メール内容はChatwork上で確認可能です。すぐに返信が必要なメールかをその場で判断できるため、Gmailを何度も確認するという手間が省けます。

Chatwork連携アプリ④ファイル共有なら「Box」

https://www.box.com/ja-jp

Boxとは、さまざまな形式のファイルを管理できるオンラインストレージサービスです。マニュアルや議事録などの保存・共有ができます。

海外のサービスですが、日本の企業でも広く導入されているサービスです。

Chatworkと連携することで、場所やデバイスなどに制限されることなく、ChatworkからBoxのファイルを共有・検索できます。

また、ファイルの共有権限の設定変更も可能です。

Chatwork連携アプリ⑤経費申請なら「マネーフォワード クラウド経費」

https://biz.moneyforward.com/expense/

マネーフォワードクラウド経費は、経費精算をサポートしてくれる便利なサービスです。領収書や交通費などの入力を自動化でき入力ミスが防止されるため、経理担当者の承認・確認にかかる手間が省けます。

スマホアプリに対応しているため、移動時間などのスキマ時間で経費の申請・承認ができ、経費精算が完了するまでの時間を短くできます。

Chatworkと連携すると、Chatworkからシームレスにマネーフォワードクラウド経費へのアクセスができ、そのままアプリ内の申請画面へ移行することが可能です。

経費精算の承認者に割り当てられた場合や、経費申請が承認された場合は、Chatworkで通知を受け取れます。

Chatwork連携アプリ⑥来客受付なら「RECEPTIONIST」

https://receptionist.jp/

RECEPTIONISTとは、タブレットアプリで来客対応ができるクラウド型受付システムです。

来客者がiPadの画面に必要事項を入力すると、直接担当者にビジネスチャットを介して通知されるため取次が不要になり、来客時にかかる対応工数削減につながります。

ChatworkとRECEPTIONISTを連携することで、来客者がiPad画面への必要事項の入力が完了すると、リアルタイムで通知が届くようになります。

Chatwork連携アプリ⑦カスタマーサポートなら「formrun」

https://form.run/home

formrunは、専門知識がなくても簡単にフォーム作成ができるサービスです。顧客獲得から管理まで一貫したカスタマーサポートができ、問い合わせ対応の効率化が可能です。

Chatworkと連携すれば、問い合わせが発生した際や対応が必要な場合に、Chatwork上で通知を受け取れるため、問い合わせの対応漏れを未然に防止します。

Chatwork連携アプリ⑧デジタル名刺なら「Sansan」

https://jp.sansan.com/

Sansanは社内名刺の一元管理や、オンライン名刺を持てるサービスです。社内の名刺情報を有効活用することで、これまでになかったビジネスチャンスを発見するきっかけになります。

ChatworkとSansanを連携すれば、名刺情報と一緒にChatwork IDのURLが掲載可能です。名刺からChatworkのコンタクト追加が簡単にできます。

Chatworkと外部アプリを連携させるメリット

日々のコミュニケーションで使用するChatworkと外部アプリを連携させると、より便利になります。

ここでは、Chatworkと外部アプリの連携によって得られる具体的なメリットを説明します。

1. 情報をリアルタイムで受け取れる

Chatworkと外部アプリを連携しておけば、外部アプリで情報が更新された時などにChatwork上で通知が受け取れます。

今までは特定のアプリを開いて確認しなければならなかった情報も、リアルタイムでChatworkから情報を取得できます。

わざわざ外部アプリを立ち上げたり、ログインする面倒がかかりません。

特に、日常的にあまり使わない外部アプリをChatworkに連携しておけば、連絡の確認や対応をうっかり忘れていたといったミスを防げます。

2. 業務効率化

Chatworkだけでも多岐にわたる便利機能があります。しかし、外部アプリと連携することでさらに業務効率化を図れます。

例えばカレンダーアプリをChatworkに連携しておけば、Chatworkで予定をリマインドしてくれるように設定が可能です。

数週間先の予定でも、忘れないように何度も予定の日程を確認するといった必要がなくなり、他の業務に集中できます。

3. 複数アプリを開く必要がなくなる

Chatworkを外部アプリと連携させることで、それらのアプリを開くことなく、利用できます。つまり、Chatworkを開いておけば、他のアプリを開かなくても業務を進められます。

そのため、今までのように使用するツールを同時に複数開いて、アプリを行ったり来たりとする動作が不要になり、業務効率化につながります。

Chatworkと外部アプリを連携させて業務を効率化

Chatworkと外部アプリを連携させることで業務効率化につながります。Chatworkと連携できる外部アプリは数多くあり、おすすめは以下のアプリです。

  • Trello
  • Googleカレンダー
  • Gmail
  • Box
  • マネーフォワード クラウド経費
  • RECEPTIONIST
  • formrun
  • Sansan

業務でよく使用しているアプリは、これを機にChatworkと連携させ、業務効率化に取り組んでみてください。

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
記事の評価ありがとうございます。