HubSpotでEFOはできる?フォーム作成ツールの使い方

EFO

効果的な入力フォームの作成ができるツールのひとつに、HubSpot(ハブスポット)があります。
HubSpotは、クラウド型のマーケティングツールですが、機能のひとつにEFOが搭載されています。HubSpotで有効なEFOは可能なのでしょうか?

この記事では、HubSpotで実際にできることやフォームの作り方、料金プランなどを解説します。

HubSpotはEFOの専門ツールではない

HubSpo

HubSpotは、効果的なマーケティング活動を実施するためのクラウド型のCRMです。

営業管理(SFA)、カスタマーサポートなど、潜在顧客の興味関心を高めて契約に結びつける・リピータになってもらうための機能が搭載されています。
無料プランで限定的な機能を開放したCRMを使用することが可能です。

EFO専門ツールではありませんが、フォーム作成機能が搭載されています。EFOを熟知していれば、専門的な視点を用いたフォーム作りができます。

CRMと連携ができるため、ツールの使い分けの手間などを削減できる点が大きな特徴です。ただし、カスタマーサポートやフォーム作成の機能などは、専門的なツールより充実していない傾向です。

使いやすいフォーム作成にこれから取り組むという場合は、フォーム専用ツールの導入をおすすめします。

弊社が提供するフォーム作成ツールformrunでは、EFO機能が豊富に準備されており、簡単にユーザーの利便性が高いフォームが作成できます。フォーム専用のツールをお探しの方はぜひご検討ください。

公式サイト:formrun

EFO機能紹介ページ:フォームの離脱率を大幅改善!フォーム解答時の入力補助機能がオプションでご利用いただけます。

HubSpotのフォーム作成機能とは?EFOに活用するには

HubSpotのフォーム作成機能を、EFOの観点で紹介します。

HubSpotでもかんたんにフォーム作成可能

HubSpotでは、HTMLなどの専門知識が無い人でも簡単にフォーム作成ができます。そのため、社内にリソースが無い場合も導入可能です。

一般的な方法でフォームを作るには、HTMLなどの専門的な知識が欠かせません。HubSpotを活用すれば、ドラッグ&ドロップの直感的な操作でフォームを作成できます。

データはHubSpotのCRMデータベースに格納

HubSpotは、データ移行の手間が必要ありません。

各機能で得たデータは、自動的にCRMデータベースに格納されます。情報の一元管理が可能です。
情報共有や業務の連携が迅速にできるため、手間が省け、顧客との関係性をより深めるための施策に注力できます。

さまざまなタイプの入力フィールドを設置可能

HubSpotには、1,000種類以上の事前設定済みフォームフィールドが登録されています。テキスト・ドロップダウン・チェックボックス等を、10種類以上のフィールドタイプから選んで設置可能です。

1から作り上げる必要が無いため、時間・人件費などのコストを大幅に削減できます。

無料でフォーム作成を試せる

埋め込み用コードをコピー&ペーストするだけで、フォームの作成が可能です。料金はかからないため、費用対効果の高い施策の実施が可能です。
フォームに入力されたデータは、HubSpot CRM上に自動収集されるため、情報登録作業の手間がかかりません。

HubSpot Marketing Hubを有料版にアップグレードすれば、フォーム入力者に向けたEメール送信で、自動的なフォローアップの実施が可能です。

https://www.hubspot.jp/products/marketing/forms

HubSpotのメリット・デメリットとは?EFOに適しているか

HubSpotを使用する際に生じる、メリットとデメリットを紹介します。

HubSpotのメリット

  • 無料で基本的な機能を利用可能
  • 様々なマーケティング施策を一元管理可能
  • 豊富なデータを活用した分析

HubSpotの中心ツール「HubSpotCRM」は、無料で基本的な機能を利用できます。本格導入の前に、使い心地を試せる点が大きなメリットです。

総合的なツールであるため、顧客情報やマーケティング対策など様々な施策を一元的に管理ができます。各ツールを利用する際は、まとめてログインが可能で、豊富なデータを活用した分析が可能です。

HubSpotのデメリット

  • EFOやフォーム作成専門のツールではない
  • サポートの日本語が翻訳したもの
  • 使い始めに社内で細かなルール策定が必要

もともとHubSpotはEFO専門のツールではないため、入力フォームの離脱改善に取り組む場合にはどうしても物足りなさがあります。EFOに大きな課題を感じているときに最適なツールとは言えません。

HubSpotはアメリカで開発されたツールです。サイトやヘルプページは英語で書かれた物を日本語に翻訳しています。それゆえ違和感がある箇所や、ヘルプページなどに翻訳されていない箇所がある可能性があります。

ツールを使い始める際は、社内でルールや設定を決めることが必要です。円滑な利用を図るために、ツールの利用目的を明確にしましょう。

HubSpot以外の選択肢

EFOができるツールは、HubSpotだけではありません。自社にとって最適なツールを選択するには、複数ツールの比較検討が必要です。

formrunは、株式会社ベーシックが提供するフォーム作成ツールです。フォーム作成数が1つまで、無料で利用でき、顧客対応やマーケティングに関係する機能が搭載されています。

formrunには、ふりがな自動入力、半角自動変換、リアルタイムエラー、離脱防止機能、入力途中保存など、豊富なEFO機能が備わっています。フォーム作成と同じ画面でフォームごとに最適なEFO機能を簡単に設定可能です。

離脱率が管理画面上で可視化されるため、PDCAが回しやすく、専門のEFOツールよりも低価格で利用できる点も魅力の一つです。

気になる方は、下記URLをご覧ください。

https://form.run/media/contents/form-creation-tools/formrun-googleform/

HubSpotでのフォーム作成方法

HubSpotでフォームを作成する際は、HubSpotのアカウント作成が必要です。

アカウントは無料で作成可能です。1度作成すると、簡単なログインができます。

  1. HubSpotのWebサイトを開き「無料CRMを試してみる」をクリック

  2. Googleで無料アカウントをつくる、すでに保有していればGoogleアカウントからログインする

  3. 業種や担当業務、会社名、従業員数、WebサイトのURLといった必要事項を入力

アカウントを作成が完了したら、フォームの作成に進みます。

  1. HubSpotにログインし、上部の「マーケティング」、「リード情報の収集」、「フォーム」をクリック
  2. 右上の「無料フォームを作成」をクリックし、フォームのタイプを選択して「次へ」をクリック
  3. 好みのテンプレートを選択し、右上の「開始」をクリック

フォーム名を編集したい場合は、編集画面の鉛筆アイコンをクリックし、任意のフォーム名を入力しましょう。

HubSpotでも使えるEFOを行うポイント

ユーザーの離脱を防止するために意識すべきポイントを解説します。

入力ミスの場所がわかるよう表示する

ユーザーがフォームの入力を、ミスした箇所の近くにエラーメッセージを表示しましょう。

どの箇所にミスがあるかが容易にわかることで、その都度、修正が可能です。
ミスに気が付かず最終画面に進み、エラーメッセージが表示されると、ミスした箇所を探す手間が発生します。

余計な負担は、ユーザーのモチベーションを低下させる要因です。途中離脱を招く可能性につながる可能性があります。
半角と全角がわかりやすくする・必須項目がひと目でわかるようにするなどの工夫も、入力ミスを防ぐために効果的な取り組みです。

入力例を表示する

入力ボックスの下に入力例を表記したり、入力ボックス内に半透明の入力例を表示したりすることで、ユーザーの回答すべき内容を考える負担の削減が可能です。

電話番号のハイフンや、姓名の表記方法(漢字やカタカナなど)などを表示することで、ミスが減らせます。

コンバージョンボタンは目立つよう設定する

「送信する」や「決定」などのコンバージョンボタンは、大きい文字サイズで目立つように設置しましょう。
フォームを入力後、次のアクションを取るために押すボタンがわからないと、ストレスに繋がります。

自社サービス・商品に対して強い興味を持っている相手と、完了ボタンが原因で結び付けないのは企業にとって大きな痛手です。コンバージョンボタンのデザインは必ず確認してください。

HubSpotの主な機能とは?

ハブスポットは、複数の機能を持つ総合的なツールです。各機能について説明します。

顧客情報を管理する「HubSpot CRM」

HubSpot CRMは、HubSpot内で顧客を管理する機能で、無料利用ができます。
既存顧客に加えて、見込み顧客や過去の顧客などすべての顧客情報を一元管理できるツールです。

顧客とのコミュニケーション内容を記録する機能が付いているため、顧客の温度感に合わせた丁寧な対応が可能です。

各管理画面に情報を表示する機能が搭載されており、いちいち情報を引き出す手間がかかりません。
情報やサービスの提供を実施する際に、送信内容に最適な顧客を抽出できる仕組みが整っています。

マーケティング機能を持つ「HubSpot Marketing Hub」

HubSpot Marketing Hubは、マーケティング機能を携えたツールです。EFOの機能はこのツールに含まれます。

主な機能は、ブログやSNS、広告を活用したWebサイト集客に関わるものです。フォームの最適化やバナー画像を作成する機能は、サイトの質の向上に役立ちます。

メール配信やSNSへの投稿など、見込み顧客との円滑なコミュニケーション図る機能が搭載されている点も特徴です。

営業を効率化する「HubSpot Sales Hub」

HubSpot Sales Hubは、HubSpotの営業システムです。
営業を管理するSFAに加えて、営業管理者や営業担当者が円滑に業務を進めるための機能が搭載されています。

予定に空きがある日時のみが自動表示される機能を活用して、商談相手と円滑なコミュニケーションを図れる点がメリットです。

相手にカレンダーを提示すれば、1度のやり取りで打ち合わせ日程を決定が可能です。HubSpotに保存した営業資料を容易にメールで送信することもできます。

カスタマーサポートの「HubSpot Service Hub」

HubSpot Service Hubは、HubSpotのカスタマーサポートシステムです。
顧客の悩みを解決し、満足度を向上するための機能を搭載しています。

WebサイトにリンクするFAQサイトの作成や、お問い合わせ窓口で解決した相談内容の担当者や対応内容の管理が可能です。
顧客対応に加えて、従業員のサービス向上を図る教育に有効活用できる情報です。

HubSpotの料金とは?

ハブスポットの料金プランは、Marketing Hub、Sales Hub、Service Hubのそれぞれで用意されています。

Marketing Hubのプラン

3つのプランがあります。

  • Starter:月額5,400円
  • Professional:月額96,000円
  • Enterprise:月額384,000円

Starterプランは、メール配信・フォーム作成・メールを使用したマーケティングなどが使用可能です。
Professionalプランでは、条件を指定したメールの自動配信や、共有受信トレイの件数を最大100件に増加できる、追加機能があります。
Enterpriseプランは、大人数での活用や、セキュリティが強固な企業におすすめです。

Sales Hubのプラン

3つのプランがあります。

  • Starter:月額5,400円
  • Professional:月額54,000円
  • Enterprise:月額144,000円

Starterプランは、メールの履歴や進捗の変更・電話の記録・ToDoの管理が使用できます。
Professionalプランでは、チームごとの案件管理が可能です。共有受信トレイやレポートダッシュボードの件数の増加ができます。
Enterpriseプランは、従業員の人数が多い企業におすすめです。サブスクリプションの収益を管理したい場合に最適です。

Service Hubのプラン

3つのプランがあります。

  • Starter:月額5,400円
  • Professional:月額54,000円
  • Enterprise:月額144,000円

Starterプランでは、チャット機能や顧客からの問い合わせの内容をチケットとして管理できます。
Professionalプランでは、チケットの作成や割り当てを自動で実施します。
Enterpriseプランは、従業員が多く、シングルサインオンや管理者通知の管理をしたい場合におすすめです。

HubSpotでもEFOは可能

HubSpotを活用することで、EFOをはじめとした効果的なマーケティング活動を実施することが可能です。

各特徴を備えた5つのツールから構成されています。見込み客の温度感を高め契約に到達するだけでなく、既存顧客へのアプローチを図る施策ができます。

HubSpotの主な特徴は以下の通りです。

  • HubSpotは顧客管理(CRM)に紐づくマーケティング機能
  • 営業管理(SFA)、カスタマーサポートなどが搭載されていて一元管理ができる
  • EFOの専門ツールではないが、無料でフォーム作成機能を使える

ポイントを把握し、自社の目的に合ったEFOを実施しましょう。

EFO機能をしっかり備えたフォーム作成を検討しているならば、フォーム作成ツールformrunもおすすめです。豊富なEFO機能を搭載しており、2つの料金プランから無断なく低コストで始められます。

ぜひ1度ご検討ください。

formrun

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
記事の評価ありがとうございます。