formrunの評判まとめ。導入する5つのメリットとは?

フォーム作成ツール

「formrun(フォームラン」は、デザイン性が高く機能が豊富なフォームを簡単に作成できるだけでなく、問い合わせ対応や顧客管理までワンストップで行えるツールです。利用者からの良い評価の声も多く、利便性が高いフォームとして評価を得ています。

今回は、SNS上の利用者のリアルな声や利用者の感想を元に、formrunの評判を調査してみました。formrunにしかない魅力だけでなくマイナスなポイントまで把握できるので、納得したうえで導入を検討してください。

formrunの5つのポイント

formrunの5つのポイント

formrunには様々な特徴がありますが、特に代表的なformrunのポイントは次の5つです。

  1. 非エンジニアでも高機能なフォームを作れる
  2. フォームのカスタマイズなど自由度が高い
  3. 顧客対応を迅速にする管理システム搭載
  4. 無料で利用できる
  5. セキュリティ対策が万全

それぞれについて詳しく解説します。

1.非エンジニアでも高機能なフォームを作れる

formrunは、専門的な知識がなくても高機能なフォームを直感的に作成できます。

通常、理想のフォームを作成・編集するにはHTMLやCSS、PHPなどの知識が必要です。しかし、formrunではテンプレートを選び、項目を直感的に選択するだけでフォームを作れるのです。HTML・CSSの知識は不要でエンジニアが作成したツールと大差がないほど高機能なフォームを作成できます。

リアルタイムバリデーション、住所自動入力、ファイル添付機能、reCAPTCHAなどの様々な機能が利用できるので、知識やスキルがなくても高機能なフォームを簡単に作ることができます。

2.フォームのカスタマイズなど自由度が高い

formrunは、フォームのカスタマイズ性に優れており、細かなポイントまで自分の思い通りのフォームを作ることができます。

レイアウトやボタンの色を自由に選択でき、自動返信メールの内容を自由に設定もできます。ページ分割機能、クレジット非表示、ファイルダウンロード機能、条件分岐選択項目、広告タグの設置などもあり、自分の思い通りにカスタマイズできます。

3.顧客対応を徹底する管理システム搭載

formrunの大きな魅力は、フォーム作成に加え、顧客管理を徹底できることです。フォームから得られた情報は「カード」形式で表示され画面上に並びます。「未対応・対応中・対応完了」など現在のステータスがひと目でわかるので、それぞれの対応状況を視覚的に管理できます。

formrun カンバン画面

あわせて回答ごとに担当のラベルをつけられるので、それぞれが遂行すべき業務が明確になります。対応漏れや二重対応を防ぐことができます。

また、下記のさまざまなツールと連携でき、リアルタイムで通知を受け取れるのも便利です。

  • Slack
  • Chatwork
  • Microsoft Teams
  • LINE WORKS

また、formrun上から直接返信可能であり、迅速な対応ができます。

4.無料で利用できる

formrunには、FREEプランという無料プランがあり無料で利用できます。

無料でありながら回答できるデータ数は無制限。多くのユーザーから回答があっても安心です。FREEプランでは、1つだけフォームを作成できますし、個別メールは月に50通送信できるので、小規模なサイトやとりあえずフォームを試したいという方におすすめです。

無料プランで試してみて、より多くの機能やチームでの管理などを行いたい場合には、有料プランを利用するとよいでしょう。

formrunの料金プランの詳細をチェックする

5.セキュリティ対策が万全

formrunは、個人情報を扱うフォームだからこそ、セキュリティ対策を徹底しています。情報セキュリティマネジメントの国際規格「ISO 27001」の認証やプライバシーマークを取得。さらに、formrunとの通信はすべてSSL/TLS化による暗号化を実施しているので、安全に利用できます。

24時間365日のサーバー監視も行っており、システムエラーが発生した場合はリアルタイムでシステム担当者へ通知し、瞬時に状況に応じたリカバリー作業を実施可能です。システム担当者以外はデータベースへのアクセスができない仕様となっているので、顧客情報も安心して管理できます。

SNSでのformrunの評判

ここからは、SNSでのformrunの評判をまとめていきます。実際にformrunを利用した人はどのような感想を持ったのかを解説していきます。

迅速なフォロー

formrunでは顧客フォローが迅速に行える点が好評です。管理画面上から返信ができるので、より手間なく顧客にメールを送ることができます。また、Mailchimpなどのメールツールを利用することで、顧客リストに対して一斉にメール配信ができます。顧客へのフォローも簡単です。

チャットツールと連携ができて便利

formrunは、以下のような様々なチャットツールと連携しています。

  • Chatwork
  • Slack
  • Microsoft Teams
  • LINE WORKS

チャットツールと連携することで、フォームが送信されたときに通知でき、対応漏れを防ぐことができます。なかでも、Slackとの連携ができる点に満足している評判が多いことが見受けられました。

業務の効率化が可能に

formrunは、ただフォームを作成するだけでなく、フォーム作成から顧客管理まで一貫して行えます。「作業効率が良くなった」という声も多いようです。

簡単に高機能なフォーム作成ができる

formrunは、HTMLなどの専門知識がなくても、簡単に高機能なフォームを作成できます。ボタンのデザインやレイアウトを自由に選べますし、理想のフォームを作れるのです。

実際に利用者の多くは、「簡単に高品質なフォームを作れる」という点に満足しているようです。

formrunのマイナスな評判

ここまで、formrunのよい評判を紹介してきましたが、もちろんformrunに対してマイナスな評価を書いている人もいます。操作やHTMLやCSSの利用でつまずく方や、無料プランの制限などに対して不満を持つ人が多いようです。

お客様の声からわかるformrunの評判

formrunの評判 画像

formrunは、DMM.comやChatworkなどさまざまな有名企業が導入しており、公式サイトにてお客様の声を掲載しています。今回は、数ある企業のなかから導入事例とお客様の声をいくつかピックアップしました。

5つの事例を通して、よりリアルなformrunの評判を知ってもらえればと思います。

スピード感のある営業活動ができた

株式会社Hubbleは、資料請求フォームやお問い合わせフォーム、アンケートなど多種多様な用途でformrunを利用しています。

下記の2つの理由でformrunの導入を検討されたそうです。

  • 他のフォームツールよりも簡単にSlackとの連携を行える
  • 低価格で複数のフォームを作成できる

他のフォーム作成ツールでは、Slackと連携させるためにコーディングを行う必要があったり、連携用のツールを別途利用する必要がありました。

しかし、formrunならクリックとコピー&ペーストの簡単操作のみでSlackと連携できるため、手間をかけずにSlackへの通知設定を実現できました。また、有料のPROFESSIONALプランではフォーム作成数が無制限であるため、複数のフォームを作成し運用することが可能でした。

さらにSalesforceとの連携機能を活用することで、フォームの回答通知を確認してから架電・リード情報の作成までにかかる、作業時間を約15分もカットできました。

formrunの活用により業務の大幅な効率化を推進できるので、一人でIT担当を担う人に強くおすすめしています。

詳細はこちらの記事で確認できます。

顧客の情報収集から対応まで完結

株式会社アドレスは、会員向けの申請フォームや問い合わせ、エントリーフォームなど様々な用途でfomrunを活用しています。

下記の2つの理由からformrunの導入を検討されました。

  • 誰でも簡単にデザインが統一されたフォームを作成できる
  • データ管理がしやすい

同社はもともと他社のフォーム作成ツールを利用していたものの、デザイン性の高さやカスタマイズの容易さからformrunを利用しました。

また、顧客管理を行う画面ではステータス設定ができるため、「書類を送信したのか」や「面談を行ったのか」など、お客様の対応状況をひと目で把握できる点に満足しています。スタートアップ企業で、顧客管理の社内システムを整えたい方におすすめだと話しています。

詳細はこちらの記事で確認できます。

わずか2日間でフォームを公開できた

株式会社文化放送は、各ラジオ番組のアンケート作成にformrunを利用しています。下記の点に課題を感じ、formrunを導入したそうです。

  • フォームの作成のしやすさ
  • 費用感

別のサービスでは、フォームを自由にカスタマイズすると月額費用として数十万円かかるところ、formrunは無料プランも利用でき、有料プランも5,980月から利用できたところに魅力を感じました。

ボタンをクリックするだけで項目を設置できる機能とフォームをコピーできる機能の2つを活かして、依頼からわずか2日でフォームを公開できたようです。フォームを早く公開する必要がありつつも、ITの知識がない場合にformrunの活用がおすすめだと述べています。

詳細はこちらの記事で確認できます。

複数人での予約・お問い合わせの進捗管理ができた

エステサロンを展開する株式会社アンジェラックスは、予約フォームやお問い合わせフォームにformrunを利用しています。

「ITに詳しくない現場のスタッフでも苦手意識なく利用できるか」「予約の管理を抜け漏れなく対応できるか」といった2点を考慮し、formrunを導入したそうです。導入後は、下記の理由からformrunを導入して良かったと感じています。

  • 対応の抜け漏れがなくなり、現場スタッフ間でのメールの引き継ぎが楽になった
  • 事前ヒアリングシートをペーパーレスで管理できた

複数人で予約・お問い合わせの進捗を管理する必要があり、パソコンの作業に慣れていない人におすすめだと語っています。

詳細はこちらの記事で確認できます。

3ヶ月で3,000件の申し込みを管理できた

人材サービス事業を行う株式会社ウィルグループは、各種申し込みフォームを作成・運用するためにformrunを活用しています。formrunを導入した背景として、Web上の受け皿となるフォームを素早く作成できることに魅力を感じたそうです。

申し込み方法を紙媒体からフォームへとデジタル化したことにより、下記の3点のメリットを得ています。

  • 申し込み者様に商品を届けるスピードが早くなった
  • 代理店を通さずに、申し込み者様から直接申し込みをいただくようになった
  • formrunで作成したフォームを通じて、3ヶ月で3,000人ほどの顧客から申し込みがあった

フォームをスピーディーに作成でき業務の効率化も実現できるため、「ヒト・カネ・時間のリソースが限られている人たち」にformrunの導入をおすすめしています。

詳細はこちらの記事で確認できます。

評判からわかるformrunを利用するメリット

ここまで紹介してきたformrunの評判を踏まえると、formrunを利用するメリットは次の3つです。

  • チームでの対応に便利
  • フォーム作成時間の短縮
  • アンケートの回答データを徹底管理

1.チームでの対応に便利

formrunでは、フォームの作成だけではなくチームでの問い合わせ対応も効率的に行うことができます。

フォームから問い合わせがあった場合、顧客情報や対応ステータスをカンバン方式の画面で一元管理できるため、チームでの顧客対応が可能です。問い合わせデータには、メモを残したりラベルを追加したりといったことも可能なため、情報共有も簡単にできます。

また、メールテンプレートを作成することもできるため、顧客対応にかかる手間や時間を短縮可能です。他にも、以下のようにチームで業務を効率的に進めるための機能が充実しています。

チーム機能詳細
ユーザーの招待
  • 一緒にデータを管理するユーザーを招待
  • 個々のユーザーアカウントを作成
10名以上のメンバー追加
  • 招待数が10名を超える大規模なチームでも対応可能
権限管理
  • 「チームオーナー」「チーム管理者」「チームメンバー」の3つの制限をそれぞれ設定可能

 

チームで対応状況を共有できるので「二重対応」や「対応漏れ」をなどのミスを防ぎ、顧客に対して効率よく的確なアプローチを行えます。

2.フォーム作成時間の短縮

formrunには、40種類以上ものテンプレートが用意されており、これを活用することで最短30秒でフォームが完成します。テンプレートを選んだ後はドラッグ&ドロップの操作で項目を追加し、テキストを入力するだけです。

イチからHTMLやCSS、PHPなどのコードを使って作成する方法と比較すると、大幅な時間の削減に繋がります。また、フォームコピー機能を利用すれば似たようなフォームを短時間で複数作成できます。

フォームを作成する時間だけでなく、労力の削減にもつながるのでほかの業務に注力できます。

3.アンケートの回答データを徹底管理

formrunには、アンケートの回答データや問い合わせ情報を管理する機能が備わっています。

すべての回答データをリスト画面に一覧表示できるだけではなく、データをCSVやGoogleスプレッドシートに出力することも可能です。データの管理や集計、分析などに役立つでしょう。

また、SalesforceやPardot、MailChimpなどのツールと連携することもできるため、収集したデータをリード育成やマーケティングに活用することもできます。

回答データを徹底的に管理し、効率の良いアプローチができる点もformrunの魅力です。

評判からわかったformrunの欠点

評判を調べたところ若干ではありますが、マイナスの評判もありました。formrunは高機能がゆえに使いこなせない人も一定数いるのです。formrunでは、フォームの作成やカスタマイズはもちろん、顧客管理や問い合わせ対応までを一貫して行えるため、その分機能が豊富です。実際の評判では、操作方法やHTMLやCSSでのカスタマイズ方法でつまずくケースも見受けられました。

本格導入する前に機能性や操作性を試したい場合は、有料プランを0円で利用できる無料トライアルの利用をおすすめします。無料プランも用意されているため、自社にあったツールかどうかを確認したあとに有料プランへ切り替えることも可能です。

formrunの料金プラン

ここではformrunの料金プランを紹介します。formrunは、4つの料金プランを用意しています。月々0円から利用できる無料プランもあり、「フォーム作成」「送信データ管理」「サービス上でのメール送受信」などの機能を使用可能です。

ほかの3つの有料プランでは、上記の機能が拡張するイメージになります。利用したい機能やフォームの用途に適したプランの選択が可能です。

どのプランも初期費用は発生せず、月額料金のみで利用できます。各プランの料金や利用できる機能は、以下の通りです。

項目PROFESSIONALSTARTERBEGINNERFREE
料金25,800円12,980円5,980円0円
フォーム作成数無制限50個5個1個
回答データ数無制限無制限無制限無制限
チームメンバー数10人5人2人1人
添付ファイルの保存容量30GB10GB5GB100MB
個別メール送信数無制限無制限月250通まで月50通まで
フォーム送信前の確認画面表示
formrunクレジット非表示
Googleアナリティクス連携
CSVエクスポート
Googleスプレッドシート連携
Salesforce連携
独自ドメインのメールアドレス設定
ログインユーザーのIP制限

 

formrunの各プランは、それぞれ以下のような方におすすめです。

プランおすすめなケース
PROFESSIONAL
  • 10人ほどのチームでフォームを管理したい
  • フォームを無制限に作りたい
  • PardotやSalesforceなどのツールと連携したい
STARTER
  • 5人ほどのチームでフォームを管理したい
  • 複数のフォームを作成したい(50個以下)
  • CSVエクスポートやGoogleスプレッドシート連携を利用したい
  • メールサポートを優先的に受けたい
BEGINNER
  • 個人事業主・新規事業など、少人数でフォームを管理したい
  • 個別メールを月50通以上送信したい
FREE
  • 操作性などを試したい
  • 無料かつ簡単にフォームを作成したい
  • すでにある自社サイトにフォームを設置したい
  • SlackやChatworkなどのツールで通知を受け取りたい

類似サービスとの比較

formrunの類似サービスとして、formuz(フォームズ)とGoogleフォームがあげられます。ここでは、2つの類似サービスと大きく異なるポイントを解説するので参考にしてください。

  • 回答データの管理方法
  • 作成フォーム数

それぞれの違いを把握し、使用目的に合うツールを導入して業務の効率化を図りましょう。

比較ポイント1.回答データの管理方法

formrunとGoogleフォーム、formuzの3つにおける、回答データの管理方法には以下のような違いがあります。

ツール回答データの管理方法
formrun
  • カンバン画面での一元管理
  • 回答データには、ラベル・ステータス・対応履歴・メモなどの設定が可能
  • CSVやGoogleスプレッドシートへのエクスポートが可能
formuz(フォームズ)
  • 選択型(ラジオボタン、チェックボックスなど)質問項目の回答データを集計可能
  • CSVファイルでの出力が可能
Googleフォーム
  • 管理画面上で回答データのグラフ化が可能
  • Googleスプレッドシートへのエクスポートが可能

 

formuzはCSV、GoogleフォームはGoogleスプレッドシートでのデータ出力となります。それに対し、formrunはCSVとGoogleスプレッドシートの両方に連携・出力できます。

また、回答データをカンバン画面で「カード」として視覚的に扱い、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で進捗が把握できるのは、formrunにしかない魅力といえるでしょう。

比較ポイント2.作成フォーム数

ツールによって、作成できるフォームの数が異なるのでチェックしましょう。

ツール作成フォーム数
formrun
  • FREE:1フォームまで
  • BEGINNER:5フォームまで
  • STARTER:50フォームまで
  • PROFESSIONAL:無制限
formuz(フォームズ)
  • 無料:無制限
  • パーソナル:100フォームまで
  • ビジネス:100フォームまで
  • プロフェッショナル:50フォームまで
Googleフォーム無制限

 

Googleフォームは、無料でありながら作成できるフォーム数に制限がありません。ただし、その分顧客管理や問い合わせ管理などの機能は用意されていないため、注意が必要です。

一方formrunとformuzに関しては、機能が豊富な分プランによって作成できるフォーム数に制限が設けられています。

Googleフォームとformrunの違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

formrun(フォームラン)の機能と使い方を徹底解説|Googleフォームとの違いも紹介

まとめ:時間とコストを削減して魅力的なフォームを作成しよう

formrunには「高機能なフォームを簡単に作成できる」「顧客に迅速なフォローができる」「業務を効率化できる」などの評判が数多くありました。マイナスな評判としては、「機能が多すぎる」といったものでした。

formrunは、簡単にデザイン性・機能性の高いフォームを作成できるだけではなく、カンバン方式の画面から顧客管理や問い合わせ管理も一貫して行うことができます。セキュリティ対策も万全なため、顧客の情報も安心して扱える点もメリットです。

顧客管理をチームで効率的にできるformrunには、無料で利用できるプランがあります。無料プランでも項目数無制限のフォームを作成でき、自社サイトへの埋め込みやチャットツールとの連携も可能です。

有料プランを無料で試せるトライアルも利用できるため、ぜひ一度使用感をお試しください。

無料でformrunを使ってみる